日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

痰と鼻水の違いって?

      2019/01/24

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、熱は出てないけど痰、鼻水が止まらなくて辛い…。そういえば、痰と鼻水の違いってなんだろう?そして、痰と鼻水の症状はなにがあるのだろう?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

痰がでる原因

まず痰が出る原因ですが、気道の分泌液が増加しているからだと言われているんです。実はふだんから痰は出ているんですが、少量なので気付いていないだけなんですね。でもウィルスや細菌に感染したり、アレルギーを起こしたりすると気道の分泌物が増えて痰が止まらないと感じるようになるんです。

痰はなかなか出ないと苦しいですし気になるとは思うんですが、体の異物に対する防御反応なんです。咳も同じで、肺になるべくウィルス、細菌、アレルギー物質などが到達しないように体が吐き出すための生理的な反応なんです。

ただ痰が止まらないと、体は異物と考えるので同時に咳も止まらなくなることが多いんです。こういう理由で、咳が出ている時は咳止めだけじゃなくて根本的な痰を抑える治療をしないと治りにくいことがあるんです。

引用元-病気に負けない健康ノート

鼻水がでる原因

次に鼻水ですが、ウィルスや細菌が感染して炎症を起こして出ることもありますが、アレルギー反応でも水のようなものが出ます。風邪であれば鼻水は1週間もすれば治ることが多いですが、それ以上続くときは何かしら感染やアレルギーが存在している可能性が高いのでお医者さんに相談した方が良さそうです。

鼻水があると、後鼻漏といって寝てる間に喉の方へ垂れこんでしまうんです。鼻と喉はつながってますもんね!そうなると、喉の方に垂れこんだ鼻水が痰となって出てきます。朝方に痰や咳が増えるという症状がある人はこのせいかもしれないですよ。

引用元-病気に負けない健康ノート

痰と鼻水の違い

鼻の場合だと、汚れた空気を吸い込みやすいため、鼻の粘膜に付着したアレルゲンを、アレルギー反応によって、鼻の中を保護する目的で潤っている粘液(鼻水)が多量に出て、悪い物を追い出そうとします。痰の場合で言えば、空気中のアレルゲンを口から吸い込むと、肺の中に入るのを防ぐため、気道内で白血球がそれらを絡ませ、外へ排出しているんです。

黄緑色の痰がでるときがありますが、あれは、細菌などのアレルゲンと白血球が戦ってその残骸が混ざっているという訳。ぐぇー!!!!汚いけど、ものすごくありがたいですよねぇ~(? ̄? ̄?)

すなわち、この2つは同じ物ではないんです。鼻水は、鼻腔経由のアレルゲン対策で杯細胞・鼻腺など、血管内の成分が一緒になった鼻腔経由の粘液。痰は粘膜から分泌されるねばねばした、呼吸器系で作られた粘液(鼻腔経由のものは除く)すなわち、鼻水が痰になるわけではないんですね。

引用元-役立つ情報満載ブログ♪

咳と痰と鼻水から考えられる症状

咳と痰と鼻水の原因はアレルギー性鼻炎かもしれない

一見風邪かなと思われる症状の中にはアレルギー性鼻炎の可能性があります。アレルギー性鼻炎には年中症状がでるものと、季節性のものとの二種類あります。咳と痰と鼻水の原因であるハウスダストや、花粉などは自分では分からないことが多いため、専門の医療機関への受診をお薦めします。

咳と痰と鼻水と副鼻腔炎

咳と痰と鼻水の原因の一つに副鼻腔炎があります。副鼻腔炎の症状は、咳や痰、鼻水以外にも痛みを伴い、頭痛や顔面痛、嗅覚障害などもあります。鼻のレントゲンや細菌検査などで副鼻腔炎かどうか判断されます。ただの風邪かなと思わずに医師の診断が大事です。

急性気管支炎の声枯れ

声枯れと咳と痰と鼻水の原因は急性気管支炎かもしれません。咳が止まらなくなり38度を超える発熱と声枯れ・咳・痰・鼻水・全身の怠慢感を感じたら急性気管支炎の可能性があります。かぜをひく事から始まるので普段からうがい・手洗いをしっかりすることで予防することができます。またなってしまった場合、水分を多めに取ることが大事です。

引用元-咳と痰と鼻水が出る10の原因

痰の対処法

水分を取る

痰は粘液の固まりなので、喉が乾燥すればするほど喉にはりつきやすくなります。まずは痰を喉からはがれやすい状態にしてあげなければ、簡単に吐き出せません。痰のべたつきを抑えて喉からはがれやすくするために、水分で潤してあげましょう。痰を柔らかくするためには、温かいお湯やお茶を飲んで水分を取ることがおすすめです。

部屋を加湿する

痰は吐き出してもまた喉に絡んできますので、乾燥して吐き出しにくくなる前に部屋を加湿しましょう。空気が乾燥していると痰が喉にはりつきやすくなってしまいます。加湿器で部屋の湿度を一定にしたり、水の入ったやかんを沸かして蒸気で加湿するのもおすすめです。また、マスクを着用して喉が乾燥しないように心がけましょう。マスクをして喉を潤しておけば、風邪のウイルスが体内に侵入しても繁殖しにくくなります。

引用元-川村耳鼻科クリニック『耳寄り通信』

鼻水の対処法

●鼻水を洗い流す方法

まずは鼻水を洗い流して止める方法について見ていきます。鼻水を洗い流す方法は、水を口に含むことと鼻のうがいをすることの二つです。 水を口に含んだまま飲み込まず、置いておくと鼻水が口の方に誘導されます。

鼻のうがいで用いるのは塩水です。片方の鼻を押さえて片方の鼻から塩水を吸い上げ、喉から吐き出します。

●鼻づまりを解消する方法

次に鼻づまりを解消する方法です。鼻づまりを解消するには、ペットボトルを脇に挟むという方法があります。脇には多くの自律神経が通っており、押さえることで鼻水の分泌を防いでくれるでしょう。

鼻を温めるのも効果的です。ホットタオルなどを鼻に当てて温めると、鼻の血管が膨張することで通りが良くなります。 鼻の通りが良くなったと感じたら、タイミング良く鼻をかんで、鼻水を出し切りましょう。

●ツボを押す

ツボを押すことも即効性があります。目頭のすぐ近くにある晴明、鼻の真ん中両サイドにある鼻通、小鼻の左右にある迎香などを押さえれば、鼻づまりを解消するだけでなく、鼻のトラブル全般に効いてくれるのでおすすめです。

引用元-くらし辞典

まとめ
痰と鼻水の違いについて調べてみたら、別ものだということがわかりました。鼻水が口の中に流れてきたものが痰というわけではないのですね。もしそのようなことになっている場合は病気の症状だということも。あまりにひどい場合は専門家へ受診しましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/ookawa_taiseido/status/670154500091412480

 - 美容・健康

ページ
上部へ