日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

金を購入するなら今?初心者におすすめの購入方法とは

      2019/01/26

金を購入するなら今?初心者におすすめの購入方法とは

金は価値が下がることがあまりないので、投資として購入する人も多いです。しかしいざ金を投資で購入しようとしてもどうしたらいいかわかりませんね。今回は初心者におすすめの金投資の仕方について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

いろいろある!おすすめの金投資とは?

あなたにおすすめの金投資

実物資産を持ちたい人。金の輝き・美しさに魅せられた人。金貨やアンティークコインをコレクションとして保有したい人。美しい物を見ると心が癒されます。
ただし、金額が大きくなると盗難などの保管リスクがかかります。
金地金の購入と売却
金貨(コイン)の売買方法

資産運用や金投資の初心者。
金相場の予想は難しくて時間もないけど、興味を持ったのではじめて見たい
純金積立:初心者&資金の少ない方に向いているのが純金積立。
社会人になり立てで始めて30年積立てればかなりの額が溜まります。
純金積立比較:コストや会社を比較

株式や投資信託の経験を持ち、リスクヘッジや資産運用として金投資を考える人におすすめ
金ETF:株式でおなじみの指数的な投資方法。投資信託の一種ですから証券会社で扱っています。
金先物:買いだけでなく売りからもスタートしたい場合は、金先物がおすすめ。
レバレッジ可能・取引コストが安いという特徴もあり。
金CFD:レバレッジ可能・米ドル建ての金相場で取引したい方におすすめの方法

引用元-金投資のおすすめ

初心者におすすめの金の購入方法とメリット

1,000円から始められ、リスク分散もできる。

毎月の最小投資額が1,000円から1000円単位と金投資でも最小額となっています。
金の投資の中では最も少額からはじめることができ、まとまった金額がなくても小遣い程度の金額でコツコツ貯めることができます。
ドルコスト平均法という方法により、リスクを分散して効率良く金を購入することができます。

自動で積み立てることができる。

購入代金は、事前に指定した銀行口座から毎月自動引き落としされるシステムなので、毎回口座に入金したり、店舗に行ったりといった手間がかからず大変便利です。

スポット購入で、買付金額を増やして金を追加購入できます。
金価格が安くなったときや、ボーナスが入って投資額が増えた時に、多く金を購入することができます。

引用元-金投資の基礎知識

初心者におすすめの金の購入方法とデメリット

年会費や手数料がかかってしまう。

純金積立では、年会費または購入手数料がかかります。
これらのコストは金取扱会社によって異なっており、投資方針にあわせて会社を選ぶ必要があります。
ちなみに保管方法が消費寄託の会社だと、コストが少ない傾向にあります。
金地金や地金型金貨の投資ではかからない費用なので、純金積立ならではのコストです。
純金積立は長期的に運用するのが望ましいので、積み立てる会社は慎重に検討する必要があります。

倒産すると返却されない場合がある。

金の保管方法が消費寄託であった場合、取扱会社が倒産すると金が返却されなかったり、一部しか返却されない場合があります。
特定保管という金の保管方法の場合ならしっかり保証されるのですが、消費寄託の会社が大多数なのです。消費寄託の場合は信用できる取扱会社を選びましょう。

引用元-金投資の基礎知識

金地金とは?

「金の地金」なので金地金

・地金(じがね、じきんと読む)とは、金属を貯蔵しやすいような形で固めた金属塊。
・金の地金なので金地金と呼ばれている。
・金塊、金の延べ棒、インゴット、インゴットバー、金の延べ板、ゴールドバーなどと呼ばれているものが、金地金に相当する。
・取引の現場では、単に「バーまたは地金」と呼ばれている。

引用元-金投資入門ブログ

金地金を購入するメリット・デメリット

金地金を購入するメリットとデメリット

5個ある金地金のメリットと魅力

・金地金は最低5gから購入できる手軽さがあります。
・金価格が急落したときに買うとハイリターンを得られやすいです。
・金融危機や経済危機になったときに価値が上がります。
・金地金は株や債券のように紙くずになる心配がありません。
・長期保有(5年以上)すると、利益に対する税金が1/2になります。

8個ある金地金の注意点やリスク

・購入時に買値と売値の価格差であるスプレッドが発生します。
・500g未満の金地金には数千円のスモールバーチャージが必要です。
・盗難リスクに備え、厳重に管理するための保管コストがかかります。
・購入金額が高額になり、大きな価格変動リスクを背負います。
・世界的な株高など好景気になると、価格が下がりやすいです。
・金価格には円高で下がり、円安で上がる為替リスクが存在します。
・預貯金や株式投資と違い、利子や配当が一切付きません。
・純金売却時に得た利益は所得となり、課税されます。

大きな金額で購入したほうがトータル手数料が安いのですが、投機マネーの流入と流出で価格が1カ月5~10%も変動することもあるため、金額が大きいほどハイリスク・ハイリターンな投資になります。
特に投資初心者には売買タイミングの判断が難しいため、金地金の購入はあまりおすすめしていません。

引用元-純金積立コツコツ入門

今後の金の価値はどうなっていく?

最近増えている投資の部分で、金塊、コインとして持つものと、先物投資やETFなどの投資用にリザーブされるものです。
この投資部分が重要になってきており、世界最大の年金基金であるアメリカ・カリフォルニア州のカルパースが2007年度より商品への運用を発表しています。

順調にいけばカルパースにならって金で資産運用する他の巨大年金ファンドや大学ファンドなども現れるでしょう。
日本を抜いて世界最大の外貨準備高(1兆ドル)を持つ中国はその大半をドルばかりで保有しており、他の経済大国並みに金へ分散することも予想されます。

現在の値上がりは「景気の上がり下がり」とは違い、「金の価格が、新たな値動きのレンジに入った」と見られています。
専門家の見解では、「現状、機関投資家のマネー流入という側面もあるが、長期的に大幅に下落することはまずない」で一致しています。
というもの、原油価格はこのところ落ち着きをみせているもの、世界的なインフレ傾向は変わりありません。
また、インドや中国、ロシアといった新興国も依然として経済成長を続けており、資産・資源として、「金」への需要は高まっています。

つまり、金価格を押し上げている要因は、今後も容易に変わりそうにないことから、金相場は高値で推移すると予想されているのです。
今後ますます需要が増えると見込まれているため、上がり下がりを繰り返しながらも全体としては値上がりを続けていくだろうと考えられています。

引用元-鎌倉藤沢の資産運用相談110番

まとめ
いきなり大金を使うより、始めはコツコツと購入するのがいいかもしれません。金の価値はまだ上がっていくと言われているので、参考にして見てください。

twitterの反応

https://twitter.com/banker_k2/status/774643366755655680

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ