日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

金魚がかかる病気とは?黒い斑点が出る病気

      2019/01/28

金魚がかかる病気とは?黒い斑点が出る病気

金魚も病気になることがあります。気を付けないと中には命にかかわるものもあります。その中で、金魚の体に黒い斑点が現れるものがあります。この症状とは一体どのような状態なのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

スポンサーリンク

金魚がかかる病気、白雲病とは

白雲病は健康な魚の場合この病気にかかる事は少ないです。
体調を崩したり、冬眠開け等の際に水質の悪化した環境下で、天候の不安定な時期を迎えた場合に、コスティア、又はキロドネラという寄生虫が、体表や鰓に寄生した後増殖し、発症する病気です。

1.体を壁などに擦り付ける動きを行う。
エラに感染した場合は動きが非常に悪くなり、食欲も低下。
水面近くにいることが多くなります。

2.症状が進むと、体やヒレに白い雲状の【斑点】が見られる様になります。
これは寄生によって、粘液分泌が進行した為に起こる現象です。(※その後、白雲部が栗くなってきた場合は、回復に向かっている状態です。黒斑病)

3.次第に範囲が広がり、モヤモヤした雲のような白い膜が体を覆うようになります。(エラにこの膜が出ると窒息死してしまいます。)

4.症状が末期になると、 食欲が全く無くなり、水面や水底に静止したまま動かなくなります。
粘液が無くなって体表がザラザラした様になり、充血や出血がみられる様になる場合もあります。やがて二次感染などが加わり死亡してしいます。

引用元-peco

白雲病から金魚に黒い斑点が現れる病気とは

黒斑病

コスティアという鞭毛虫によって引き起こされる病気に白雲病というのがあります。
黒斑病は、その白雲病が治癒する際にその跡が黒くなる現象を言います。
身体がポツリポツリと黒くなっていくので病名がつけられていますが、これは傷に例えるならば「かさぶた」のようなものです。
ですので、病気が収束し快復に向かっているサインですので、特に心配する必要はありませんし、放っておけば次第に消えてキレイになります。

ただし、見た目にはとても汚れた感じに見えてしまいますので、初めて見る人にとってはこれは一大事とばかりに気が気でないかもしれません。
どうしても気になる場合には、観パラDによる薬浴や塩水浴を行なうことによって、多少早く黒ずみを消すことは可能となります。

引用元-ペッター

黒斑病の治し方

・特に治療は必要ありませんが..黒い範囲が拡がったり..増えないけど気になる様でしたら!隔離して!..水温を「20℃設定」にして..「0.3~0.5%塩水浴を..約1週間」若しくは..「観パラD薬浴を..約2~3日」施してやることで..この墨(黒ずみ)も早く消える場合もあります。

・白雲病等の病的症状から回復してる状態が明らかである場合に..黒い範囲が広がる傾向にある場合は..感染菌及び鞭毛虫が..完全に殺菌/駆除出来ていない可能性もあるので!再度隔離して!「0.5%塩水浴+観パラD薬浴」を..約4~6日施してやることも必要になります。

・黒ソブの広がりも気になる様でしたら..特に隔離の必要性もありませんが..本水槽が加温管理してない環境にある場合は別水槽で1日2℃ずつ昇温しながら..水温を20℃で管理「最高上限23℃まで」して..約4~7日ほど加温管理してやると消えてきますが..黒ソブの出易い体質の子は..また常温管理に戻すと黒ソブも出てくるでしょうから..正直なところ何もしなくて良いとは思いますが..黒くなるのが観賞面で嫌だと思われる方は..加温管理も止むを得ないでしょうね。

引用元-金魚伝心伝承

金魚の体の一部が黒い症状の病気とは

黒ソブ

冬などに水温が低くなるとヒレの先や体の一部が黒くなる現象で、ジプロストマムという寄生虫が原因で引き起こされます。
青水飼育下などでよく見られるものですが、春にかけて水温が上がってくるにつれ、自然に消えていくものです。
黒斑病と同様に「かさぶた」「しもやけ」のようなもの、と形容される病気?ですので、特に危険なものではなく気にすることもないと言っていいでしょう。
これは、水温の低下や水質の悪化などによって、金魚の体力、免疫力が低下してくるとかかりやすくなる症状と言われています。
ですので水温・水質管理に気をつけておけば、仮にかかったとしても大事に至ることもなく、ほとんど心配はいりません。

引用元-ペッター

金魚が病気になった場合に準備するもの

治療に必要なもの

【薬】 症状によって使い分けてください。
【塩】 金魚用をお使いください。
【ヒーター】 状況によって必要な場合があります。
【ブクブク】 隔離する場合は必要です。

魚用の治療薬はたくさんありますが、当サイトでは管理人が使用しているものを優先でご紹介しています。
効果や成分が同じものであれば代用していただいて結構です。

決して食卓塩は使わないでください。
金魚用の『塩』がホームセンターやペットショップ等に売っていますので、ご用意ください。基本的に安くてたくさん入っているモノを管理人は好んで使っております。

ヒーター

病気によっては水温を上げた方が早かったりするので、あれば便利だと思います。
しかし管理人は金魚を外で飼っている為治療にヒーターを使用する事はあまりありませんが…。
外で飼っていても隔離して室内で…となるとヒーターがあれば便利かと思います。

ブクブク

基本的に隔離するなら必要でしょう。
管理人は100均で購入した小さいバケツに金魚を入れて、薬や塩とブクブクを入れて治療しています。

引用元-金魚の病気と治療

金魚が病気にならないための対策

【エサのやりすぎは病気のもと】

特に人工飼料の場合一度にたくさん与えると、消化不良を起こして下痢や便秘、腸炎になります。
食べ残しやフンも多くなりますので水質も悪化し、病気にかかりやすい環境ができあがってしまいます。
また不規則なエサやり、夜のエサやり、古くなったエサもやはり消化不良を引き起こしますので注意しましょう。

【よくない水は病気のもと】

大量のフンや食べ残しなどによる水の汚れは、寄生虫や病原菌にとっては好環境です。
そのままにしておくと寄生虫などが繁殖して、いろいろな病気が発生します。
また水質の悪化は酸欠状態を招き、金魚の体力が落ち、病気にかかりやすくなります。
ゴミや食べ残しなどはすぐ始末する習慣をつけてください。

【感染源を寄せつけない】

水換えなどで金魚を別の容器に移すときは、追いまわしたり乱暴に扱ったりしないでください。
ウロコが落ちたりヒレが傷ついたりすると、そこから寄生虫や病原菌が入ります。
新しい金魚が病気を持ちこむこともあります。
食塩欲や薬浴をさせてから水槽に入れることも予防のひとつです。

引用元-金魚の病気

まとめ
金魚の体の一部が黒くなるのは病気が回復している証のようです。気になる場合は注意深く観察しましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/masaranmaryu/status/538302627927166977


https://twitter.com/mappaka/status/335987127139586048

 - 動物・ペット

ページ
上部へ