日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

離乳食をうまく進めるには夜が大事!?食べない場合の対処法とは

      2019/01/29

離乳食をうまく進めるには夜が大事!?食べない場合の対処法とは

離乳食を進めていると、どうしても食べない時期があり悩まされる場合があります。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?夜の授乳辞めたりするべきなのでしょうか?今回は、離乳食を食べないときの対処法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

離乳食を赤ちゃんが食べないワケは?

乳離れしておらず、食べ物に興味がない

特に生後5,6ヶ月頃はまだ乳離れができておらず、母乳やミルクが好きな赤ちゃんもいます。

離乳食が月齢に合っていない

新しい食材で味が苦手、固さに慣れていないなど、食材や調理方法を少し変えただけでも、赤ちゃんが離乳食を食べてくれないこともあります。

同じ離乳食で飽きてしまった

食材や固さなど、同じものが続いてしまうと飽きてしまって、離乳食を食べなくなる場合があります。

食器が合っていない、食器に飽きてしまった

生後9,10ヶ月頃から手づかみ食べを始めますが、早い方だと、生後11ヶ月頃からスプーンやフォークの練習を始めます。
赤ちゃんが離乳食を食べないのは、もしかしたら、スプーンが嫌で、まだまだ自分で手づかみ食べをしたくて嫌なことを意思表示しているのかもしれません。
同じ食器をずっと使い続けると、飽きてしまう赤ちゃんもいますよ。

引用元-こそだてハック

離乳食を食べないときはここに気を付けよう!

「食べさせなきゃ!」という義務感に似た焦りから、離乳食を楽しんで進められるようになるにはどんなコツがあるのでしょうか? 以下の点をぜひ意識してみてください。

・毎日同じ時間に与える習慣をつける
→食べても食べなくても、離乳食のリズムを作ることが大切です。

・食事の前にはミルクをあげないようにする
お腹をペコペコの状態にしておくことで、自分から食べたくなる状況を作りましょう。

・食べこぼしても大丈夫な準備をする
赤ちゃんはこぼす中で手探りで食を獲得していきます。
汚れてしまうことを気にしてお母さんが神経質になると、赤ちゃんにもその雰囲気が伝わり、なおさら食べなくなってしまいます。

・金属製のスプーンではなく、プラスチック製のものに変えてみる
金属製の冷たさに抵抗を感じる子もいるので、抵抗を減らしてあげましょう。

・一度唇に当てて安心させてから口に入れてあげる
直接いきなり食べ物を口に入れると、赤ちゃんは驚いて警戒してしまうことがあります。
引用元-AllAbout

夜の授乳をやめてみる

夜の授乳をやめる

なかなか厳しいですが夜の授乳をやめるのもお勧めです。
7ヶ月過ぎると夜の授乳は必要無くなります。
そして、朝にタップリと…といきたいところですが普通はあんまり食べてくれないものです。
夜の授乳をやめたので沢山食べるようになるだろう!とは考えず食べる「量」に関しては諦めます。少しでも食べてくれたらそれでいいことにします。

引用元-月齢別-育児の疑問・Q&A特集

離乳食を食べないのは夜の睡眠時間に関係ある?

子供にとって睡眠は大切だということは、ご存知のママも多いと思いますが、意外と睡眠時間の長さについては深く意識されていない方も多いようです。

カンタンにいうと1日の睡眠時間を10時間以上にすることが、離乳食を食べることに繋がります。下記のような形ですね。

・20時~翌朝6時 10時間
・21時~翌朝7時 10時間
※月齢によって寝たり起きたり等あると思います。
1日の合計で約10時間以上としています。

なぜ、沢山寝ることが大切かといいますと、10時間も寝れば、さすがにお腹がすくので、必ず赤ちゃんがご飯を欲しがるという理屈です。

信じがたい話ではありますが、ウチの赤ちゃんも、実際に10時間以上睡眠を取って、離乳食をバクバク食べていましたので、おそらくこの理論は、間違いないと思います。

引用元-トレンド総合ニュース

離乳食を食べなくて不安な場合は

体重が順調に増えている

離乳食を食べなくても体重が順調に増えているようなら、赤ちゃんのお腹は母乳やミルクで、ほぼ満たされているのでしょう。
ただし、あまり離乳食に興味がなかったり、固さや味付けが苦手で食べられなかったりする場合には注意が必要です。
9ヶ月を過ぎると、赤ちゃんに必要な栄養素を母乳やミルクだけで摂取するのが難しくなってきなくなります。

体重が増えていない

赤ちゃんの体重が増加していない場合、一度かかりつけの小児科に相談してみると安心ですね。
ただし、小児科に行くと風邪や感染症をうつされてしまう可能性もありますね。
スーパーの赤ちゃん休憩室などで、助産師さんや保健師さんが行う育児相談や、保健センター、電話相談なども利用し、まずは気軽に相談してみるのがおすすめです。
また、体重の増加以外にも顔色や元気、下痢をしているなど赤ちゃんの様子に変わった点がないか確認しておきましょう。

9ヶ月まで完全母乳の赤ちゃんは離乳食を食べない?

赤ちゃんが離乳食を食べてくれないというお悩みは、完全母乳の赤ちゃんを持つママに多く聞かれます。
授乳の時間は、赤ちゃんとママの大切な触れ合いの時間で、赤ちゃんは気持ちも胃袋も満たされる至福のひと時なのですね。
ただ、先にご説明したように、母乳だけでは不足してしまう栄養素があります。
不足している栄養素をどのように摂取すればよいのか、一度かかりつけの小児科や専門家の方に相談してみるとよいでしょう。

引用元-マーミー

まとめ
離乳食を食べないと心配になりますが、そこまで神経質になる必要はなさそうです。食べてくれる工夫をしてみることも大事ですね。

twitterの反応

https://twitter.com/je_airi/status/786945704472096768


https://twitter.com/msyanooo/status/780651180854620165
https://twitter.com/ipa_kmt/status/776300379923369985

 - 日常・生活

ページ
上部へ