日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

携帯が圏外になる場所

      2016/01/05

携帯が圏外になる場所

携帯電話が当たり前の現代、電波が来るはずの都会で連絡を取ろうと取りだした携帯の表示が圏外だった事って有りませんか。また、SNSの煩わしさから圏外となる場所へ行く人もいるみたいです。圏外の場所について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●携帯の機種で圏外になる場所がある

意外な場所がバリ3だったり、圏外だったりするのは、どうしてだろうか?電波状態の違いは、基地局の設置状況もさることながら、その基地局がカバーしきれない死角をどうサポートしているかによる。街中にある基地局は、1台で半径数キロメートルの範囲をカバーしているが、建物の中や地下は、今でも電波が届きにくい。

かつては、そうした場所は決まって「圏外」だったのだが、最近では施設内に小さなアンテナを置くなどして、電波状態のムラをなくしている。そうした設備の充実度が、電波状態のよさに反映されるわけだ。

とはいえ、同じ場所にいても、端末によって電波状態が異なるのが、ケータイの不思議。最新機種のケータイを買ったのに、古い機種より電波状態が悪かったりすると、不良品をつかまされたような気になるが、別に不良品ではないのでご安心あれ。その違いは各端末が受信する電波の「周波数」の違いによるところが大きいのだ。

現在使われているケータイの電波は、主に800MHZ帯と、2GHZ帯のふたつだが、周波数の低い800MHZ帯の電波は、障害物を回り込む性質があるため、ビルや地下街など遮蔽された場所に強い。

一方、2001年から実用化された2GHZ帯を使っている端末は、ビル街や地下街では不利。だが、基地局が増設されているので、実用化された当初ほど差はなくなってきている。

引用元-世間の常識を覆す「裏事情」 : 意外な場所で「圏外」になってしまうケータイの秘密

●WTCコスモタワーの高層階は携帯が圏外になるわけ

WTCは、さすが高層ビルだけあって見通しが良いので、神戸や泉佐野まで見渡すことができます。
つまり神戸や泉佐野から電波が届く条件はそろっていると言えます。

しかし携帯から発信される電波は基地局が発信する電波と比べ微弱なので、神戸や泉佐野の基地局の電波をWTC内の携帯が拾うことができても、WTC内の携帯から発信された電波を神戸や泉佐野の基地局が拾うのは100%不可能です。そんなところの基地局の電波を拾ってアンテナは3本立っていても、着信・発信は当然できません。

逆に言うと、WTC内の携帯電話がつながるのは「大阪市住之江区南港中」の基地局とつながっている時だけなのです。

それにしてもなぜ「一番近い」基地局である南港の電波を受信できないのでしょうか?

一般に基地局の電波は、少し高い位置から、斜め下を向けて発信されています。
これは、基地局同士の電波の干渉を抑えるためでもありますが、「上に向かって発信しても(そこにはユーザーが居ないので)意味がない」からです。

また、基地局アンテナも、斜め下から届く電波を一番効率よくキャッチできるよう設計されています。

つまり、
WTC高層階に直接電波が届く基地局は無いし、WTCから発信された電波をまともに拾ってくれる基地局も無いということです。

あえていうなら、WTCから基地局の距離が遠くなればなるほど、基地局に対してWTC高層階の角度は「上向き」から「水平」に近くなるので、電波が「直接」届く可能性は大きくなります。(ただし、距離が遠くなるので携帯受信には使えない意味のない電波となります)

つまり、先ほどの実験結果は「正しい」結果なのです。

以上の話をまとめると、WTCに届く基地局の電波は、近い所の基地局の電波は、何かに反射して飛んできた電波を拾ったもの、遠い所の基地局の電波は、直接届いた微少な電波を拾ったもの、であり、いずれにせよ「電波のカス」しかWTC高層階には届かないので、残念ながら携帯が実質圏外なのは当たり前のことなのです。

また、WTC内では携帯の充電池が異常に速く消耗しますが、これは、あちこちの基地局から「電波のカス」が出ているので、どの基地局が「一番近い」基地局か判断がつかず、その結果、いろんな基地局と接続を試みて失敗する、という作業を延々と繰り返すからかと思います。

引用元-大阪南港WTCで携帯電話が「圏外」なワケ

●携帯を強制的に圏外に出来る場所

▼ 自分の携帯を強制的に「圏外」にする裏技!(基本編)

えーと、21携帯裏技情報館の常連さんは、以前ご紹介した裏ツール「圏外君」を思い出すのではないでしょうか?
でも、今回は、裏ツールを使わずに、自分の携帯を強制的に圏外にさせる裏技をご紹介します!

(ちょっと中断)
≫携帯裏ツール「圏外君」はこちら
(では再開です)

あなた「え? 自分のケータイを圏外に?」
天心竜「はい、あなたのケータイを圏外にする裏技です」
いっけん、まったく役に立たない裏技ですが、実は役に立つ、裏技なんです!
まずは、基本編として、あなたの携帯を圏外にする裏技(手段)をご紹介しましょう!
しかも、とっても簡単なんです。
「ある場所」に携帯をもっていくだけで、携帯がパパッと圏外になっちゃうんです。
「ある場所」とは、『電子レンジ』。
そう、電子レンジの中に携帯をいれちゃうんです。
あ、もちろん、そのあとチンしたら、ケータイ壊れちゃうので、気をつけてくださいね(笑)
携帯を、レンジの中に入れるだけでいいんです(^^)v
はい。これだけで、あなたの携帯を強制的に圏外にできちゃいます。

▼ ・・・その裏技をどうやって役に立たせるのか。(応用編)

 圏外にさせる裏技、あまりに簡単すぎて、拍子抜けしてしまったのではないでしょうか(笑)
役に立ちそうにない、この携帯裏技。
いったいどうやって「役に立つ裏技」に変身させるんでしょう?(笑)
実は、これ、「電波OFFモード機能」のついていない携帯端末では、役に立つものだと思います。
明日までにやらなくちゃいけないことがある!
でも、携帯がなって、なかなか集中して作業が出来ない!
電源を消すっていうのもなんか・・・。
こんなとき、この裏技を使うと、とっても作業の進みが速くなる!(笑)
レンジの中に入れておけば、強制的に「圏外」になっちゃうんです。
つまり、電波がまったく届いていない!!(笑)
携帯が「圏外」なんだから、携帯のことを一切わすれて、作業に集中できるんです(^_^)

引用元-自分の携帯を強制的に「圏外」にする裏技!(応用あり)-全キャリア共通携帯裏技集-「21携帯裏技情報館」

●圏外の場所に長時間いる場合は電源を切るか機内モード

ケータイは待受状態でも、絶えず基地局(アンテナ)とのやりとりを繰り返しています。電波の悪い場所・電波の届かない圏外の場所では、より良い電波を一生懸命探すことになるため、いつも以上にバッテリーを消費してしまうのです。ということは、もうお分かりですね。地下鉄・屋内や田舎の電波の弱いところなど、しばらく電波の届かない場所にいるときには、電源を切るか、電波の送受信を停止するモードに切り替えておくといいでしょう。電池をめぐる闘いに疲れたDoroidユーザーの読者Balders2さんも、地下など明らかな圏外にいるときは、「airplane mode(フライトモード/航空機モード/機内モード)」を有効にしているそうです。

機内モードは、航空安全基準に従って機内で使用できるよう設計されています。そのため、機内モードがオンのときは、電話、ラジオ、Wi-Fi、 Bluetoothの信号が発信されなくなり、全地球測位システム(GPS)の受信もオフになります。つまり、電池食いと言われている無線通信機能が無効になるので、ムダなバッテリーを消耗しなくて済むというわけです。電波を必要としない機能は利用できるため、電源を切ったり入れたりするよりも、「面倒だ」という精神的な負担が軽減するかと。

引用元-圏外では携帯を電波オフ!バッテリー消費を抑えよう | ライフハッカー[日本版]

●あえて圏外の場所へ行く旅行が増えている

 JTB総合研究所(東京都千代田区)が10月1日発表したスマートフォン使用についての調査では、フルタイムワーカーを中心に「SNS疲れ」ともいえそうな現象がみられた。過去1年間の旅行で「あえてSNSがつながらない場所に出かけた」人は2060人中45人。JTBが近年の動向を踏まえて初めて加えた設問だが、同じ回答をした中で、最も比率が高かったのは29歳以下の男性で3・9%(206人中8人)。全体で比較すると、学生や無職の人よりもフルタイムで働く人の割合が高い。

引用元-【トレンド日本】もうつながりたくない 静かにブーム「圏外旅行」(2/3ページ) – 産経ニュース

まとめ
圏外となる理由は色々とあるみたいです。繋がらなくなると不便ですが、あえて繋がらないのも偶には良いかも。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ