日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

脳の血管の痛みはどんな病気?

      2019/02/08

脳の血管の痛みはどんな病気?

頭の痛みには大きく分けて2種類あります。脳の病気による場合は脳の血管が痛みます。しかし、ほとんどの場合は脳ではなくて、頭蓋骨の外側の血管や筋肉の痛みのようです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

突然襲ってくる頭の痛みは命に関わることも

突然の強烈な痛みや徐々に増強する痛み、手足の麻痺や言葉のもつれ、発熱などを伴った頭痛など、とにかく「これまでに経験したことのない頭痛」ならば即、救急車で脳神経外科を受診することです。

●くも膜下出血―脳の動脈のこぶ(動脈瘤)が突然破裂し、脳を覆うくも膜下に血がたまるもので、急に、頭が割れるようなガーンという激痛がおそうのが特徴です。続いて吐き気やおう吐、意識低下などが起こります。40歳代以降に多く、発作の数日~数週間前に、前兆となる経験したことのない軽い頭痛が起きることもあります。

●脳出血―多くが高血圧がもとで脳血管が破れて出血し、急に頭痛が起きて短時間で痛みはピークに達します。頭痛は軽くても手足の麻痺や、言葉のもつれ、吐き気やめまいなどを伴います。

●脳腫瘍―脳にできた腫瘍が大きくなるにつれて、痛みもだんだんと強くなります。できた部位によっては、手足の麻痺や視力障害などが出ます。

●髄膜炎・脳炎―ウイルスや細菌の感染が髄膜に及び、高熱とともにズキンズキンという激しい頭痛が起こります。首の後ろが硬くなるのも特徴です。炎症が脳まで及ぶと脳炎となり、麻痺や意識障害が起きます。この場合は、神経内科を受診します。

●慢性硬膜下血腫―頭をぶつけたこと(あるいは軽い衝撃)が原因で、頭骨の下にある硬膜とくも膜の間に徐々に出血し、1~2カ月後に血腫が脳を圧迫して頭痛が起こります。

引用元-切らずに治療ができる最新のがん治療法

左側の脳に痛みを感じている場合

一次性頭痛

片頭痛や群発頭痛は、頭痛そのものを症状とする一次性頭痛に分類されます。つまり、脳の疾患などが大元にないことが前提で頭痛が発生するものということです。

片頭痛の特徴は片側のこめかみ付近が脈打つように痛むのが特徴で、左右のいずれにも出ることが考えられます。

群発頭痛とは、一定の時期に群発的に起こるものであり、その痛みは非常に強いものと言われています。決まった片側の目の奥あたりが痛むのが特徴で、目や鼻の神経にも影響を与えるため涙や鼻水が出たりすることもあります。

これらの頭痛によって、左脳が痛むような感覚に襲われることがあるということです。実際には脳そのものではなく、周辺の血管が急激に拡張するなどして炎症を起こすことから起こる痛みです。

神経痛

上記の頭痛に対して、あくまで神経痛の一種に分類されるのが頸性頭痛です。これは、頸椎に通る神経が何らかの原因で圧迫されるなどして刺激を受け、その神経に関連する部分が痛むものです。頸椎のずれやゆがみ、またヘルニアなどによって圧迫を受けることがほとんどです。頸椎を通る神経はさまざまな位置の末梢に伸びており、その中で左側の頭部に伸びる神経が刺激を受けると左脳が痛むような感覚になります。

引用元-左脳が痛むような頭痛は血管の炎症や神経の刺激が原因 | 頭痛外来の福岡自律神経カイロプラクティック

痛みが有るからといって脳の血管が詰まったと考え無くても良い

こう言う方は非常に多い。でも脳梗塞を起こした方に聞いてみると頭痛は少ない。まれに首の動脈が剥離して詰まる時は首が痛い事がある。梗塞が大きいときは頭蓋内圧が上がり頭痛がするが、この時は意識も悪くなることが多い。多発性脳梗塞では頭がスッキリしないことがあると書いてあるが、まず軽症の脳梗塞では頭痛はないと言っても良い。頭痛のするときに一番に脳梗塞を考える必要はない。

引用元-BIGLOBE

脳の血管が拡がって痛むのは片頭痛

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

引用元-頭痛 原因別の頭痛タイプを見極めることが大切 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

ほとんどの頭痛は脳ではなくて頭の外の血管や筋肉の痛み

頭痛は、いろいろな原因で起ります。その多くは何年も前からの慢性の頭痛で、たいていの患者さんは頭の中の病気に悩まされていると思っておられるようです。しかし、実際のところ、慢性頭痛のほとんどは、その原因が頭の中にあるのではなくて、頭の骨より外側の部分にある血管や筋肉が痛むことによって起こっています。その代表的なものが緊張型頭痛と片頭痛の二つで、両者であらゆる頭痛の90%以上を占めると言われ、こう言った頭痛は機能性(きのうせい)頭痛(ずつう)とも呼ばれます。こう言った頭の外が原因で起こる頭痛で命にかかわるものはありません。

引用元-山本クリニック

まとめ
頭痛には脳の病気と頭の外の痛みがあります。症状を見極めましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/drmforever/status/793032660121628672


https://twitter.com/usss_03/status/775615699091722240
https://twitter.com/paikpyz25/status/774476325977399296

 - 美容・健康

ページ
上部へ