まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

バイクを大型に乗り換えたら維持費はどれ位

      2016/01/06

 - 観光・趣味

久しく普通バイクに乗っていて憧れの大型バイクに乗ろうと思います。そこで気になるのが維持費。大型になると維持費はどれ位変わるのでしょうか。維持費を気にしないで乗りたいのですが、何せギリギリなもので。

スポンサーリンク

  関連記事

神戸の温泉の家族風呂は日帰りもできます

自宅では家族みんなでお風呂はなかなか入れません。神戸の温泉の家族風呂には露天風呂があるところもあります。日帰り温泉で家族風呂も入れます。たまにはお子さんたちと一緒にワイワイしながら楽しく温泉も良いですね。温泉で日ごろの頑張りを癒しましょう。

北海道の秋は観光の季節

北海道と言えば観光が有名ですね。秋の北海道も観光にもってこいのシーズンで、多くの見どころがあります。日本各地に観光名所がありますが、魅力的な秋の北海道について調べました。

金沢近郊の観光と温泉

観光も良いですが、美味しいご馳走を食べながらゆっくり温泉で長旅の疲れを癒やすのも良いですね。新幹線も開通して行きやすかった金沢近郊で、旅の疲れを癒やす温泉を調べました。

スカイツリーと浅草の移動手段と徒歩で移動する場合

東京に旅行する際、浅草やスカイツリーといった観光名所を見学して周ると思います。東京に住んでいないとスカイツリーや浅草といった場所がどのくらいの距離なのかいまいちわかりません。実際その両方を移動する際、移動手段はどうなのでしょうか。徒歩でも行ける距離なのでしょうか。調べてみました。

遊戯王ブラックマジシャンガールの種類と価格

昔から遊戯王を続けいられる方、新しく初めて見た方など様々だと思います。多くの種類がある中で、人気の高いブラックマジシャンガールというカードがありますが、絵柄の種類はどのくらいあるのでしょうか。また、価格はどのくらいなのでしょうか。

金魚の水槽を素敵にレイアウトしたい

お祭りなどで金魚などをよく見かけますよね。なので金魚を飼われている方もたくさんいると思います。水槽を見ると、何か物足りなく、レイアウトしたいと思っているのではないでしょうか。そこで今回は金魚の水槽をレイアウトする方法について調べてみました。

社会人になっても趣味はゲーム

学生の頃にはまった趣味のゲーム。社会人になっても続けている人っていますか?私は相変わらず続けています。でも、声を大きく「趣味はゲームです!」って言いにくいのは確かです。

北海道の観光を札幌以外の場所で!

北海道に観光に行く際はやはり札幌に行ってみたい、という方も多いのではないでしょうか。しかし、札幌以外にも北海道にはたくさんの観光名所があります。今回は札幌以外の魅力的な観光名所について、詳しく調べてみました。

男の一人旅をドライブで

旅行やドライブが大好きな方も多いのではないでしょうか。日本にも多くの観光名所がありますが、一人で行ってみたい気持ちもあるかと思います。男のドライブでの旅についてやおすすめはどうなのでしょうか。調べてみました。

金沢を観光するなら3月も良い

北陸新幹線で行きやすくなった金沢ですが、雪が気になります。でも3月にしか休みを取る事が出来ません。豪雪地帯の日本海側、3月の金沢もなかなか良いと聞きましたが、見どころは?

京都の名所 冬の観光

京都といえば歴史的な建造物がたくさんありますよね。観光地としても有名で、年間通して多くの観光客が訪れます。冬に京都を観光する際は、どのような名所が良いのでしょうか。今回は、冬の京都の観光について調べてみました。

釣り初心者にも解るリールの選び方と使い方

知人に誘われて釣りを始めたらハマっちゃったなんて人は結構いらっしゃるのではないですか?最初は人の道具をお借りしていても、いつまでも借りてばかりはいられません。自分の道具を揃える事を考えると、リールの問題にぶつかります。初心者の使い方の基本を調べました。

京阪特急のダブルデッカーに乗りたい

個人的には、京阪特急と言えばダブルデッカーと言っても過言じゃないと思うんです。異論はあるかも知れませんが、聞き流して下さい。なんとしても乗りたいので、ダブルデッカーについて調べました。

手芸の趣味で仕事がしたい

子どもの頃から続けてきた趣味の一つに手芸があります。自分なりにはかなりの腕前だと思っています。今まで作ってきた作品で、部屋が狭くなってきました。趣味を仕事に出来たら良いと思いませんか?

札幌に行ったら外せないグルメ人気は

北海道は食材の宝庫。その中でも札幌は北海道の中心で、新鮮な幸が全道から集まってきます。札幌に行く機会があったら是非人気のグルメを食べたい物です。最近はどんなグルメがあるのか調べました。

ピアノのレッスンと進度などの疑問について

子どものピアノレッスンをしている家庭も多いと思います。さまざまな練習方法があると思いますが、レッスンの進度などに疑問を持つこともあるのではないでしょうか。今回は、ピアノのレッスンと進度について調べてみました。

旅行の計画を友人と一緒に立てよう

夏場に向けて友人と旅行を計画されている方も多いでしょう。どこに行きたいなど様々な案があると思いますが、トラブルだけは避けたいですよね。友人と旅行計画を立てる際、または旅行中に気を付けることについて調べてみました。

スターウォーズは映画のストーリー・製作 観る順番

子どもの頃に初めて見た映画スターウォーズには、とても感動したのを覚えています。それから私は大フアンになりました。ところで、皆さんはスターウォーズを観るときの順番って決まってますか。

バイクのナビを取り付けたい

バイクでツーリングなど、初めて行く所を運転するのは楽しいですよね。バイクでもやはりナビがほしくなってきますが、実際取り付けるとなるとどのようにしたらよいのでしょうか。調べてみました。

フェアリーテイルのアニメと原作 人気の理由

最近フェアリーテイルはTVアニメの放映が終了したようですが、アニメも原作も大変人気があります。どんなストーリーでどんなキャラクターが登場するのでしょうか?調べてみました。

●大型自動二輪とは

大型自動二輪車は、道路交通法施行規則において「総排気量0.400リットルを超える内燃機関を原動機とする二輪の自動車(側車付きのものを含む。)で、大型特殊自動車及び小型特殊自動車以外のもの」と定義されている[1]。条文では内燃機関を原動機とする場合についてのみ定義されているため、電動機を原動機として、その定格出力が1kWを超えるものは普通自動二輪車として扱われている。
道路運送車両法では総排気量0.250リットルを越える二輪自動車は「二輪の小型自動車」に分類され、大型自動二輪車も含まれる[2]。運輸支局への届出により自動車検査証が交付され、車両番号が指定される(ナンバープレート(車両番号標)は交付ではなく頒布)。したがって、高速自動車国道法では自動車として扱われ、高速道路を走行することができる。

引用元-大型自動二輪車 – Wikipedia

スポンサーリンク

  人気記事

●大型バイクの排気量別 固定維持費

ナナハン 750cc 大型限定解除の税金・保険料・年間経費。。

750cc以下
通称:ナナハン 大型バイク 自動二輪
登録場所:都道府県内の陸運事務所
車両税金:5,000円 毎年5月頃
自賠責保険:2年 18,440円(年 約9,200円超)250cc以上は全て同じ費用
車検が必要:車検
運転免許:大型自動二輪(限定解除)
ナンバー:陸運局の管轄
(大都市なら支局表示 地方なら県名)
 
チェック!
・大型自動二輪免許取得者
・保険や車検などは普通自動二輪と同じ
・排気量に値段が違うショップ有り
・600ccが人気
・消耗品類も高く車種により維持費が大きく変動
・外車などの大型車は消耗品だけでも割高になります
・バイクの大型車はこだわりの塊です(笑
・比較的中古市場は400ccに比べると割安
 
年間経費 18,000円(車検費用含)

大型バイク 750ccオーバー リッターバイクの税金・保険料・年間経費。。

750cc超
通称:大型バイク リッターバイク
登録場所:都道府県内の陸運事務所
車両税金:5,000円 毎年5月頃
自賠責保険:2年 18,440円(年 約9,200円超)250cc以上は全て同じ費用
車検が必要:車検
運転免許:大型自動二輪(限定解除)
ナンバー:陸運局の管轄
(大都市なら支局表示 地方なら県名)
 
チェック!
・大型自動二輪免許取得者
・保険や車検などは普通自動二輪と同じ
・外車などの大型車が多数有り
・1000cc超はリッターバイクと呼ばれている
・1100cc 1300ccが人気
・かなり重い!後輪をズラすのはまず無理(笑
・バイクの大型車はこだわりの塊です(笑
 
年間経費 18,000円(車検費用含)

引用元-オートバイの排気量別 税金・自賠責保険などの維持費

●大型バイクの魅力

なんといっても普通自動二輪で制限されていたモアパワーを解消してくれる限界突破パワー!排気量750ccだろうが、1000ccオーバーだろうが、5000ccだろうが(笑)、自分が満足できると思える排気量と性能を持ったバイクに制限無く乗ることができます。
 
魅力ある性能に伴い、所有欲を満たしてくれるのもナイス! 大型二輪所有まで行ってしまえば、二輪を趣味として生きている証にもなります。大型二輪なんで趣味の塊みたいなもので、一部を除けば日常使用でのメリットはほぼ皆無ですからね(笑)。大型二輪所有というステータスは、お金や生活の一部をどれだけ二輪に費やしているかの証でもあるのです。
 
実は中型二輪と維持費を比べてみると、ほぼ変わらないというのも魅力なんです。重量税や車検費用、任意保険の金額は中型も大型も同じです。メンテナンス等にかかる費用も、外車やマイナー車という例外を除けば中型とさほど変わりはないのです。

引用元-大型自動二輪バイクの魅力 | バイク賢者

●燃費を気にしたら大型バイクに乗れない

私も燃費は気になります。しかし、所詮は自分の嗜好品。自分の趣味的要素が多く含まれ自分の好みが重要視されるべきものだと思います。

同じ事を言われている方も居ますが、燃費を必要以上に重要視するのはバイク好きとしては頂けないものだと思いますよ。自分の相棒にする以上、自分のインスピレーションで決める方が結果的に長く付き合えると思いますし。

燃費を良くしたいのであれば、大人しくゆっくりと急加速・急発進などせずにクルージングすれば、20以上は軽く走ります。

私はR600に乗っており、峠派なんで燃費を少々無視して走ってますがそれでも13以上走ってくれる時もあります。

引用元-600cc以上のバイクで、パワーがあるのに燃費も良いバイクは?- バイク | 教えて!goo

●大型バイクの任意保険は必須

人に対しての保障もそうですが、自賠責の弱点は対物にもあります。バイクの事故において人に対しての場合もありますが、接触事故(車やガードレールなど)も多いのです。自賠責は対人にしか保障が適用されませんから、それ以外は全て自腹という非常にリスクの高いものです。

よく「事故相手が車ならバイクの方が有利だ」という話もありますが、これは少し錯覚かなと思います。確かにそういうこともあるとは思いますが、現に僕が車と事故を起こした時は過失割合が五分だったり、また車に乗っている友人がバイクと事故を起こした時の過失割合が相手の方が上だったりと、一概に「バイク有利」とは言えず、完全にケースバイケースと考えるべきだと思います。

以上から、自賠責保険だけではなく必ず任意保険に加入することを勧めます。安心してバイクに乗るためにも、「備えあれば憂いなし」という状況を作っておくべきですね。

引用元-バイクの保険 ~保険に入るべき理由~ | バイクスタイル

まとめ
普通と比べると極端に高くなる訳ではなさそうです。今年の春には、憧れの大型デビューを目指します。

twitterの反応

 - 観光・趣味