日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

      2019/02/14

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

妊娠中の風邪、その影響は?

妊娠中の時は少し免疫力が低くなっています。従いまして風邪をひくと悪化しやすいので、「風邪気味?」と感じたら早めに対処するのが好ましいです。免疫力が低くなっている理由は、母親と赤ちゃんとでは遺伝子が違うので、体としては赤ちゃんは異物になります。

通常の免疫力だと赤ちゃんを攻撃しかねないので、少し免疫を低くして攻撃しないようにしています。では風邪をひいたら胎児への影響があるのか、症状毎に見てみましょう。

①熱

通常の発熱であれば基本的には影響はないとされています。但し40度以上の高熱が3日以上続いてくると、胎児への影響が懸念されてきます。高熱が出た場合は、すぐにお医者さんに相談して何かしらの対処をする必要があります。ちなみに通常の発熱でも羊水の温度が上昇し、赤ちゃんの負担になっている可能性があるので、やはり早く治してあげたいものです。

②咳

咳も通常の咳では問題ないです。但し激しい咳の場合はお腹に力が入り、早産につながる可能性があります。従いまして、このような時は早めにお医者さんに相談しましょう。

③下痢

下痢もちょっとした下痢は問題ありません。1日に頻繁に下痢をしたり、何日も下痢が続いたりする場合は注意が必要です。腸の動きが活発過ぎるとお腹の張りに繋がり、それが更に子宮への刺激になります。

その刺激によって子宮口が開きやすくなり、早産に繋がる場合もあります。ちょっと下痢が酷いなと感じたら、早めにお医者さんに相談しましょう。

引用元-大阪の整体師が教える体や心の症状改善ブログ

咳や鼻水にに効果的な食品

<大根>

大根には、咳止め、痰切り、殺菌作用、炎症を抑える作用があります。特に、大根おろしには、消化を助ける酵素が含まれるので、風邪で弱った胃腸をサポートします。

<生姜>

生姜には、咳止め、痰切り、殺菌作用、炎症を抑える作用がるだけでなく、体を温める作用もあります。体を温めることで、免疫力アップに繋がりますので、風邪の回復を早めるだけでなく、風邪予防にもなります。

<はちみつ>

はちみつには、殺菌効果があるので風邪の菌をやつけてくれるでしょう。また、はちみつは喉を潤してくれるので、咳の軽減に役立ちます。そのまま舐めてもいいですし、はちみつ大根を作ったり、生姜湯に入れるのも、お勧めです。

<ビタミンC>

ビタミンCは、免疫力を高めてくれますし、ビタミンAは喉や鼻の粘膜を保護する働きがあります。果物や緑黄色野菜を、意識して取るようにしましょう。

引用元-マタニティライフの情報ブログ

風邪をひかないように予防しよう

その1:人ごみの多い所への外出はさける

妊婦さんの場合、他の人よりも身体の抵抗力が弱っています。人ごみはいろんなウイルスがあり、感染しやすくなっています。なるべくこのような場所には近づかない、どうしても行く必要がある場合は、マスクなどをして予防することが必要です。

その2:うがい、手洗いなどをしっかりとする

うがいは、のどに入ったほこりやウイルスを洗い流してくれます。のどや鼻以外にも手すりなどを触った手にもウイルスがついている事があります。手洗いもしっかり行う事で予防になります。

その3:栄養のある食事と十分な睡眠をとる

栄養が偏った食事や、睡眠がとれていないと疲れやすくなったり、身体の抵抗力がよわってしまいます。妊婦の方は、栄養が胎児の方にいく為よりしっかりとして食事管理が必要になりますし、身体の抵抗力は普通の人より落ちています風邪にかかりやすくなっている身体という事を自覚して、規則正しい生活を送る事が大切です。

その4:身体を冷やさない

妊婦の方は特に体を冷やす事によって胎児にもよくない影響があるといいます。普通の状態でも身体を冷やすと血行が悪くなる、身体の抵抗力が落ちる、風邪をひきやすくなるので身体をひやす事は風邪をひきやすくなります。ご自身の身体と相談しながら、室内温度をコントロールして感染しにくい環境をつくる事も風邪を予防するのに大事です。

引用元-Healthy Lifestyle

辛い時は病院へ行こう

病院を受診する際には、また保険調剤をしてもらう際には、妊娠中であることを必ず告げましょう。妊娠については、医師や薬剤師から「妊娠中ですか?」と聞いてくれることはありません。

初診の際には、病院でも薬局でも細かな問診表やアンケートにて既往歴や症状を記入しますが、2回目以降は簡単な問診表に記入で終わることが多いです。しっかり、自分が妊娠していることを告げるのが前提です。

それによって、医師は妊婦に安全性の高い薬を処方します。念のため、薬の専門家である薬剤師に薬を調剤してもらう際にも「妊娠中ですが、これらの薬を服用しても赤ちゃんに影響は出ませんか?」と聞いてみましょう。

妊娠中でも安全性の高い薬であると回答があったら精神的に気持ちが安定しますが、症状がひどいときには安全性と有効性を比較して医師により症状緩和を優先する処方がなされる場合もあるようです。とにかく、医師にも薬剤師にも妊娠中であることをはっきりと告げるようにすることが大切です。

引用元-welq

病院で処方された薬を服用しよう

病院から処方される風邪薬には東洋医学の分野である葛根湯や小青竜湯などの漢方薬と、西洋医学の分野の総合感冒薬とがあります。総合風邪感冒薬でよく処方されるのは、「ピーエイ」という商品の薬です。

このピーエイは、風邪の感冒薬としてはとてもメジャーですが、妊婦や授乳中の患者さんへの投薬に関しては注意があります。

まず、
①妊婦(12週以内あるいは妊娠末期)又は妊娠している可能性のある婦人には, 治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。理由は成分の中にあるサリチル酸製剤(アスピリン等)で,動物試験(ラット)で催奇形性作用が,またヒトでは妊娠末期のアスピリン投与により、患者とその新生児に出血異常が現れた報告があるからです。

②妊娠末期のラットにアセトアミノフェンを投与した試験では,弱い胎児の動脈管収縮が報告されました。

③授乳婦には長期連用を避けましょう。(カフェインが母乳中に移行します)

以上の観点から、医師とよく相談して服用するようにしましょう

引用元-welq

まとめ
妊娠中の咳、熱や鼻水といった風邪の症状、不安になりますよね。まずは免疫力が低下しているので予防が大事です。薬を飲む前には必ず病院で診察し相談しましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/shiokara_ikuji/status/791797408904585217


https://twitter.com/orgaandkarin/status/786072825689931776


https://twitter.com/Kino7kSaiore/status/781398359588294656

 - 美容・健康

ページ
上部へ