日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

      2019/02/17

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物ですね。土地を購入するタイミングとはどんな時がいいのでしょうか?今回は土地を購入するタイミングと、購入するときのポイントを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

家を建てるための土地を購入するには

その土地の概要・条件・価格など細かいことを聞いて、納得したらその場、もしくは後日に、いわゆるひとつの「手付金」(いろんな言い方もあるみたいですが、ここでは手付金)を支払って、仮予約みたいなかたちにします。

※この手付金がない状態だと、不動産屋さんに問い合わせていたり、購入の検討をしていると伝えてあったとしても、他の誰かがに自分よりも早く手付金を支払ってしまわれたら、その土地を買うことはできなくなってしまいます。(いろんな例があるのは事実ですが、ここでは分かりやすくこう言っておきます)
ですので、人気のありそうな土地はいかに早く申し込む・手付金を払うかが重要になってくるんですね。

土地購入における支払いの流れ(決済)

一般的には手付金を払ってから、短いと数週間、長くても2~3ヶ月までの間に決済(残りの残金を全て支払って、自分のものにする)をしなければなりません。
※このどれくらいの間に決済しなければならないかは、売主さん次第となります。

ここでローンの話が出てくるわけですが、住宅ローンで土地の代金を支払う場合は、家にかかるお金もはっきりしていないと金融機関は住宅ローンを確定できません。(そりゃぁそうですよねー汗)
家にかかるお金をはっきりさせるためには、家の契約書が一番確かなものです。

つまり、住宅ローンを確定させるためには、家の契約もしなければならないってことなんです。

引用元-Amerikaya Architecture

土地を購入するタイミングを迷うとどうなる?

<土地を買うのを迷うと、どうなるの?>

色々物件をみた後に「気になる物件があるけど、もう少し粘ったら、もっといい物件が出てくるんじゃないか?」と悩んで「検討中」として、買うのを待ってみる方って結構いらっしゃると思います。
まぁ当然そうかもしれません。 何百何千万っていう買物ですから。

普通考えて「土地を買うのを悩んで、買わないでいる」って、凄く安全な考え方だと思うでしょ。
けど、実は違うんです 「検討中」って事にも、リスクがあるんですよ。
【実際に坪単価20万円・面積50坪の土地の購入を1年間迷った】というケースで考えてみましょう。

家賃を65,000円として、1年間遅らせた場合 … 65,000円 × 12ヶ月 = 780,000円。
これは【土地代金に78万円使えた】という事に言い換えられます。
土地代金の78万円はどれぐらいのものか。

引用元-興陽商事

土地を購入する時はこんな点に注意

法的規制

購入しようとする土地が、家を建てられる場所なのか?また、どんな家が建てられるか?
土地には、必ず法的規制と権利関係があります。

地盤の質

埋立地ではないか? もし埋立地なら、どんな土を埋めているか? 水はけが良いか?
地下水位が高くはないか?など、地盤の状態のチェクが必要です。
地盤によっては補強工事が必要な場合も考えておかなければなりません。

公共設備

上下水道や電気、ガスなどの設備が整っていない場合、別途工事が必要になります。

周辺環境

交通・教育・医療機関など周辺環境は整っているか?日当りは良いか?などがポイントです。
特に、日当りは季節・天候・時間によって、同じ土地でも受けるイメージが違うことがあります。
地元の人の声を聞いたり、時間帯を変えるなどして何度も足を運ぶことが必要です。

価格・環境など土地に求める条件はいろいろあり、全てが理想的なものは少ないかもしれません。
自分たちのライフスタイルをしっかり考えて、優先順位を決めていくことです。

引用元-住まい生活.com

建築条件付きの土地には注意

「建築条件付き」の落とし穴 自由設計のはずが融通の利かない悩ましさ

これだけ両親が買う気満々のため、長男(私ガイド)としては応援しなければならないと思いましたが、そこには1つ問題が待ち構えていました。
売出中の土地は完全な更地ではなく、建築条件付きの土地だったのです。

建築条件付き土地取引とは、指定された施工業者と工事請負契約することを条件にした土地売買のことです。
われわれ施主側にとっては自分たちの希望する施工業者は選べない半面、間取りや仕様などは自由に決められる(フリープラン)のが特徴です。

ところが、身体の不自由な母親が住むため、間取りや仕様に変更を加えたいと要望しても、売り主の不動産業者からは「大きな変更は無理」との返事でした。
話を聞くと「設計を外部の設計会社に依頼しているため、その設計事務所の独自プランを大きく変えることは難しい」というのです。
完全に“売り手の理論”を押し付けた説明が返ってきました。

これでは自宅を新築する意味がありません。
建売り住宅を買うのと何ら変わりありません。
そこで、建築条件を外してもらうよう交渉しました。
すると、売り主の不動産会社はあっさりと了承し、完全な更地での売買に快く応じてくれました。

ただ、建築条件を外した結果、当初4000万円で売り出していた土地価格を4200万円に値上げすると言って来ました。正直、足元を見られた印象です。

引用元-AllAbout

年収や年齢から購入のタイミングがいいのは?

1-1.家を買っても問題ない年収とは?

20年ほど前までは、年収が500万円以上ないと家を買うのは難しいと言われていました。
しかし今は、平均年収も下がっていますから、年収が300万円以上あれば家を買う人も増えています。
年収が低い場合はローンを組める額も限度がありますが、頭金を溜めておけば大丈夫でしょう。
今は年収を打ち込むだけでローンを計算してくれるサイトもありますので、家が欲しい場合はそのようなサイトを使ってローンをシュミレートしてみてもよいですね。
また、フラット35のように年収によって返済負担率が決まっているローンもあります。
さらに住宅ローンは「住宅ローンの年間返済額÷年収×100」の計算式で、25%以下ならば、問題なく返していけると言われているのです。

1-2.何歳までに家を買っておくべき?

かつては家は3度買い替えるものという意見もありましたが、現在では一度家を買ったらリフォームしながら大切に住む人が多いです。
家を買うのに年齢制限はありません。住宅ローンは80歳まで組むことが可能です。
しかし20年以上のローンを組む場合は、遅くとも40代までには家を買っておいたほうがよいでしょう。フラット35のように若い人向けのローンもあります。

引用元-住宅快適ファイル

土地を購入するタイミングは勢いも大事

先にも触れましたが、“一世一代の大きな買い物感”が皆さんの決断力を鈍らせることになります。
そんなときに、必ず頭を掠めるのが、「この物件は確かに良い。でも、もう少し時間を掛けて探せば、もっと良い物件が出てくるかもしれない」という思いです。

正直に告白しますと、私たち営業マンは、そんな時にこんな風に思うことがよくあります。
『この物件で決めることが出来なければ、このお客さんはおそらく、この先3~5年は土地を買うことが出来ないだろうな』と。

そして、そんなお客さんに数ヵ月後にお会いしてみると、「今思えば、やっぱりアノ土地にしておけば良かったです」とおっしゃることも多いのです。
私たちは、そんな根拠ない不安のためにチャンスを逸して、後悔されるお客さんを数多く見てきました。

引用元-後悔しない家づくり

まとめ
土地を購入するタイミングは意外と勢いなのかもしれませんね。迷っているとなかなかいい土地に出会えない場合もあるようです。

twitterの反応

https://twitter.com/rb__y7/status/759505286205886465


https://twitter.com/Na___Ma/status/617868401013211136


https://twitter.com/nekomyan/status/706747829696344064

 - 雑学

ページ
上部へ