日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

      2019/02/22

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜなのでしょうか?蚊は水があるところに発生しますね。ディズニーランドにはいたるところで水が使用されていますが、特別な成分が含まれているのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

ディズニーランドの水への取り組みとは

OLCグループでは、東京ディズニーランドのオープン時から自主的に排水の浄化処理を行うとともに、水資源のリサイクルに取り組んできました。テーマパークで使用された水は、自社の水処理施設に集めて浄化しています。また、原水のうち約50%は自社設備によってリサイクルし、トイレの洗浄用水として使用しています。テーマパークの水域や水を利用したアトラクションには、ろ過装置を設置し、水を効果的に循環させることで、その水質を維持管理しています。これにより、水の入れ替えを行うことなく、水の補充は自然蒸発分のみとなっています。上水を利用した東京ディズニーシーの噴水は、そのまま東京ディズニーシーの水域へ流れる仕組みとなっており、水域の水を補っています。

引用元-OLC GROUP

ディズニーランドに蚊がいないのは水の成分のおかげ?

あれだけ人がいて、周りに植物や水辺もたくさんあります。蚊からしたら、「おいしい場所」になります。でも、なぜ蚊が少ないのか?理由は「橋の下などを流れる水」にあります。実は水の中に蚊が苦手な成分が含まれていて、蚊が卵を産んでも、繁殖しにくい環境になっているためです。

万が一のことも考えて、当然その成分には人体に影響のあるものは含まれていません。(これは確認していないのですが、その成分自体はディズニーが特許を持っているという話を聞いたことがあります)

夏でもディズニーランドで蚊に刺されない理由は、「そもそも刺す蚊自体が少ないから」というものでした。ただ、当然全ての蚊を排除することはできないので、それでも蚊に刺される場合もあるので、お出掛けの際には虫除けの対策は、しっかりとしていってくださいね。

引用元-【Magical Tips】ディズニーランドを3倍楽しむ秘密/ディズニーランドに蚊が少ない理由 (2009年8月10日発行) | 【Magical Tips】ディズニーランドを3倍楽しむ秘密 – メルマ!

場所によって水の成分を調整している!?

ちなみにパーク内には場所によっては水が濁ったりしていて汚れているように見えるところもあるのですがこれは水にあえて着色しているのだそうです!所々かなり水が汚れているなぁとか思っていましたが、これも少しでも雰囲気を味わってもらいたいという運営側の演出なんですね!

ほかにも、この水のすごいポイントがあって、「スプラッシュマウンテン」で洋服が濡れるということも計算されているみたいなのです!どういうことかというと、これは水に濡れたとしてもすぐ乾くように調整されていて、気持ちのいい濡れ具合に感じるのだそうです★

スプラッシュマウンテンに4連続ぐらいで乗りましたがたしかにベタつくような感じはしないで、言われてみれば知らぬ間に乾いているような気がしますね(笑)

夢の国にはゲストに素敵な時間を過ごせるように水にも魔法をかけているんですね♪

引用元-ディズニーのブログ★

水は再利用され、アトラクションによって調整されている

川や海の演出のほかにも、レストランや上下水道、東京ディズニーリゾート全体で利用される水の量は莫大なものです。一説には年間200万立方メートルを超えると言われ、その80%以上は巨大浄水場で多くの段階を経て浄化され、再利用されます。

また、生物膜ろ過方式の採用により、膨大になりかねない水処理施設の規模をコンパクトにすることにも成功しています。

ディズニーランドで再処理した水は、水道水と較べてもまったく区別がつかないくらい、きれいになっているそうです。しかも、ただキレイに安全にした水というだけではありません。水によって入園者に爽快に快適に過ごしてもらうため、細かい配慮がされています。

たとえばディズニーシーでは、入園者に水がかかってしまうアトラクションが、たびたび行われています。水の勢いに任せてやっているように見えて、全くそうではありません。冬は少なめにかかる、夏は多めにかけるが基本だそうです。

引用元-ディズニーリゾートの謎と疑問 tdrlove.com

ディズニーランドをヒントに蚊の対策を

ディズニーランドに蚊がいないのは、水のリサイクルに伴う「水の動き」があるからです。

特殊な浄水システムは必要ありません。ディズニーランドからはやや話がそれますが、蚊の個体数を左右する重要な条件がもうひとつあります。それは背の低い植え込みや植物などの量です。

一般に蚊の行動範囲は「低く」、地上から1メートル以下。日ごろは丈の低い草の後ろ側に止まって隠れており、動物が通って草を揺らすのを感じたり、動物の体温・汗・呼気などを感じたりすると、飛んで行って血を吸います。

だから、公園や庭でも、低いところのヤブや下草を刈ることが有効。高いところの木を切っても、蚊の対策としてはあまり意味がありません。

蚊を減らしたければ、蚊が卵を産む場所と住む場所の両方を無くせばよい。つまりは、「手入れの行き届いた庭」をつくれば、蚊は発生しにくいのです。ただし、ツツジなどの植え込みや、盆栽・植木鉢には要注意。たとえ、手入れが行き届いていても、背の低い草木の陰は、蚊の格好の隠れ家です。

引用元-日経ビジネス

まとめ
ディズニーランドの水がきれいなのはもちろんですが、アトラクションによって変化があることに驚きですね。

twitterの反応

https://twitter.com/richan_118/status/647584795824812032


https://twitter.com/toribiaaka2/status/791295572112052224


https://twitter.com/0_oftheclock/status/784925976694140928
https://twitter.com/jet_nasa/status/776371960406085634

 - 雑学

ページ
上部へ