日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

      2019/02/23

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

労災認定とはどういってことなのでしょうか?仕事をしている人にとって、労災保険は重要ですね。仕事中にケガなどをした場合は、労災保険からケガにかかわる費用が給付されます。労災認定には病院の診断書が必要な場合もあります。今回は労災について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

労災認定とは

「労災認定」とは、どんなこと

労災でケガをした場合などには、まず労働基準監督署へ労災保険の請求手続きを行い、労災として認められると、労災保険から給付されることになります。
労働基準監督署では労災申請者が申請書に記入した内容に基づき、労災に適用するかどうかを判断します。

このことを「労災認定」といい、業務上障害なら「業務遂行性」と「業務起因性」の2つを満たすかどうかが判断基準になります。

「業務遂行性」とは労働者が使用者(雇用者)の支配下にある状態。
お茶くみ中のヤケドや事務所のフロアで滑って転倒するなど、職場の施設内で業務上に発生した災害が該当します。
営業マンが顧客訪問中に駅構内で転んで骨折するのは、事業主の施設管理下を離れてはいるものの、この営業マンは労働契約に基づき、事業主の命令を受けて仕事をしている途中の事故なので、一般的に業務遂行性が認められることになります。

もうひとつの「業務起因性」は、業務と労災の内容にはっきりした因果関係があるかどうかということ。
仕事中に脳いっ血で倒れるという話を聞くことがありますが、業務中に発症した病気ではあっても、発症した脳いっ血に業務起因性が認められなければ業務災害には該当しません。

引用元-@nifty わたしのマネー術

労災は誰が使える?

労災は誰が使えるの?

労災は、いわゆる常勤の正社員だけでなく、パート、アルバイトの皆様にも適用があります。
労働者であるかどうかの判断は個別に行われるため、ここで一概にお伝えすることはできませんが、賃金をもらって働いていれば、労災で「労働者」と認められる可能性がありますので、専門家にご相談なさると良いでしょう。

労災は、業務上で怪我をなされた場合の他、通勤災害でも適用を受けることができます。この点も意外に知られていない所です。
お怪我の程度は問いません
。骨折などの大きな怪我だけでなく、捻挫、打撲等であっても労災適用です。

引用元-整形外科おおたきクリニック

これはおかしい!労災隠しについて

【労災隠しが疑われるケース】

「労災保険に加入していないから、労働災害が起きても労災は申請できないよ」
「労災保険の保険料を支払っていないのだから、どうせ労災にはならないし労災の保険給付ももらえないよ」
などと言う会社もありますが、これらは全てデタラメです。

先述の通り、そもそも労災保険は強制加入なのですから、経営者が労災保険の加入手続きを行っていなくても、労災保険料を支払っていなくても、滞納していたとしても、そんなことは経営者の勝手な都合や言い訳なのであって、従業員には一切関係ありません。

つまり、会社側がどう言おうと、労災保険の加入手続きを行っていなくても保険料を支払っていなくても、労災保険の適用事業所に勤めている労働者(労働基準法第9条の労働者)であれば、労災の申請手続きを行うことができ、保険給付を受けられるということです。

また、
「こんなの労災でも何でもないよ、労災じゃないんだから手続きも必要ないよ」
「自分が気をつけなかったから悪いんでしょ、こんなの労災と認めないよ」
などと言う会社もありますが、これらもウソです。

会社側に労災の判断を行う権限はありません。
労災なのか労災でないのかを判断するのは、社長でも上司でもありません。
労災認定を行うのは、労働基準監督署です。


引用元-西区地域労働組合 -解雇や職場いじめ等、諦める前に-

通勤中のケガも労災に!病院で診断書を書いてもらおう

通勤途中や業務中に交通事故の被害にあった場合、被害者は労災保険からの給付を受け取ることができる。

労災保険金は、怪我の治療費に対応する療養補償、休業損害に対応する休業補償、後遺障害に対応する障害補償の3種類に分かれている。

交通事故の損害賠償においては、自賠責保険の後遺障害等級認定を受けることになる。
一方、被害者が労災保険金を請求する場合には、自賠責保険とは別に、労基署から後遺障害の認定を受けることになる。

労災での後遺障害認定にあたっては、労災の所定の書式に基づく後遺障害診断書を労基署に提出することになる。
自賠責の後遺障害診断書よりも簡易な書式であり、提出先も異なるようだ。

引用元-アトム法律事務所に無料相談

病院の診断書の内容は非常に重要

後遺障害等級認定が重要な理由は?
納得できる損害賠償を受けるためには、後遺障害等級認定が非常に重要

認定を受けると、障害(補償)給付を受けることができます。

後遺障害等級の認定を受けると、入院や通院に関する「療養(補償)給付」や仕事を休んだことに伴う「休業(補償)給付」とは別に障害(補償)給付を受けることができます。
障害(補償)給付には、障害(補償)年金障害(補償)一時金があります。

障害(補償)年金…障害等級1級~7級の障害の場合に年金として支給されるものです。
・障害(補償)一時金…障害等級8級~14級の障害にとどまる場合に一時金として支給されるものです。

また、労災保険外では、会社や加害者に対する損害補償として、「後遺障害慰謝料」、「後遺障害に伴う労働能力喪失による逸失利益」を請求できる可能性があります。

認定を受けるには、医師の作成する診断書の内容が重要です。

後遺障害等級認定においては、治療医の作成する診断書が大いに考慮されます。
そうであるからこそ、過不足のない診断書を作成してもらえるよう、治療医に積極的に働きかけることが必要です。

引用元-労働災害補償サポート

労災休職から復帰する際も病院の診断書が必要

労災休職からの復職を行う際の診断書の意義

労災による休職の後、身体が健康な状態に戻り、いよいよ職場へと復職することができるようになった場合、復職に関する手続きを開始します。
ただし、身体が健康になったからといって、直ちに職場へ復帰することができるというわけではありません。
診断書を用意するなど、復職に関する様々な手続きを勤務先や関係機関に対して行う必要があります。

復職を希望する際には診断書を提出するのが基本

職場に対して復職願いを申請する際に最も重要なのが、診断書なのです。
例えば、労災認定を受ける際の主治医であったり、勤め先から指示された産業医など専門の医師による診断を受け、診断書を出してもらいましょう。
正式に職場へと復職することができると見なされた場合に、医師から発行される診断書を、併せて提出する必要があります。
診断書の準備を怠らないようにするなど、しっかりと手順を踏まえた上で、復職願いを申請しましょう。

引用元-キャリアパーク!

まとめ
労災保険を申請するのは労働者の権利なので、きちんと申請しましょう。その際に診断書はとても重要なので、病院にはしっかりと書いてもらいましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/nyan_cor/status/790379191120252928


https://twitter.com/nyan_cor/status/790379191120252928


https://twitter.com/yLh_70/status/777570789298012160

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ