日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

車の事故で加害者に!菓子折りをもって謝罪に行くときの注意点

      2019/02/25

車の事故で加害者に!菓子折りをもって謝罪に行くときの注意点

車に乗っている以上、事故を起こす可能性は0%ではありませんね。もしも自分が事故の加害者になってしまった場合は謝罪をどのようにしたらいいのでしょうか?また菓子折りなどは必要なのでしょうか?今回は車の事故の謝罪について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

車の事故の加害者になった場合は

交通事故はその後の対応が大事

事故を起こすことは良くありませんが、起こしてしまったら後悔しても仕方がありません。重要になるのは、その後のこと。

自分の入っている任意保険の保険屋さんが仲介役として動いてくれますが、自分で動くことも大事だと思っています。
特に自分のほうに過失割合が大きい場合には、ちゃんと謝罪することが大切です。
そして素早く行動に移すことをすすめます。

引用元-ミニバンとクルマのなんでも情報局

謝罪に行く場合などは保険会社の担当者を通す

もちろん加害者は交通事故を起こして相手に怪我を負わせてしまった場合、速やかにお見舞いに行くべきです。
まず、加入している保険会社の担当者に連絡をして、お見舞いに行きたい旨を伝えて、担当者に同行してもらって、お見舞いに行ってください。
もし保険会社が弁護士に依頼しているのなら、弁護士に相談をしてください。

一方的に加害者側に過失がある場合は別ですが、お互いに過失がある場合にいきなり当事者同士が直接面会することは極力避けるべきです。

なぜかと言いますと、お互いに「自分よりも相手のほうが悪い」という心理が働くので、病室で激しい口論になったり、殴り合いの喧嘩になる可能性があるからです。
加害者が被害者からあり得ない賠償金を要求されて勢いに押されて承諾してしまうようなこともあるし、逆もまたあります。

加害者が過剰な賠償責任を負わされないために、示談代理交渉する保険担当者がいるのですから、話を通さずに勝手にお見舞いに行って、口頭で損害賠償の約束してしまっては示談交渉を妨げる行為に他なりません。

加害者はお見舞いの後、被害者やそのご家族から何か連絡があった場合は「必ず保険会社の担当者に連絡をしてください」と伝えるべきです。

引用元-交通事故弁護士相談Cafe

車の事故の当事者で謝罪をした方がいい人、しない方がいい人

謝罪をした方が良い人

明らかにこちらに非がある時には、被害者の自宅に伺って謝罪をしなければなりません。
しかし、その場合でも勝手に行動すると保険会社に迷惑がかかる恐れがありますので、謝罪の前に必ず保険の担当者と相談をして下さい。

謝罪をするべきではない人

交通事故の当事者のどちらにも過失があって、どっちが加害者になるのか不明な時には、ヘタに謝罪を行うと後でもめる原因になりますので、特別な事情がない限りは控えるようにしましょう。
どうしても判断に困った時には保険会社と相談して、謝罪を行うべきか決めて下さい。

引用元-教えマッスル自動車保険

事故の加害者として、謝罪に行くときの注意点

(1)担当者と一緒に行く

交通事故を起こして相手に怪我を負わせてしまった場合には、できるだけ早い段階(初回のお見舞いの場合には事故の当日か翌日が望ましい)でお見舞いに行くべきだが、行く前に一度、加害者が加入している保険会社の担当者に連絡をして、お見舞いに行きたい旨を伝え、できれば担当者に同行してもらうようにしたい。
また、もし保険会社が弁護士に依頼しているのであれば、弁護士に相談をするようにしたい。

なぜならば、過失割合が100対ゼロの事故の場合は別だが、双方に過失がある事故の場合には、お互いに「自分よりも相手の方が悪い」という心理が働くので、病室で激しい口論になったりにして、かえって話を拗らせたりしてしまう可能性があるためである。

(2)菓子折りまたは花を持参する

被害者のお見舞いに何を持参すべきかは一つの悩みであろう。

多くの方は無難に菓子折りを持参しようとお考えになるのではないだろうか。
もちろん、菓子折りで問題ないのであるが、被害者によっては菓子折りを持参するのは控えた方が良い場合もある。
というのは、被害者の中には、被害者が持参した菓子を食べて具合が悪くなったと後日言いがかりをつけてくるような人もいるからである。

そのため、そういう場合を想定するならば、または被害者がそういう性格の持ち主のような場合には、菓子折りではなく花を持参すると良いだろう。

引用元-ホウツウ

謝罪に持参する菓子折りの相場は?

謝罪の場合は理由にもよりますが、相場は3000円~でしょう。
あまりにも低価格な品物を持っていっても手抜き!と思われてしまうかもしれません。

しかし、菓子折りはあくまでも形であり、そこに気持ちが入っていればどんなものでも構いません。謝罪がしっかり伝わるように努力が必要です。
しかし、高額すぎる品物でも菓子折りに頼っている!と、思われてしまうかもしれません。

菓子折りを選ぶ際の注意点は、小分けで包装されていて賞味期限がなるべく長いものを選ぶと貰う方への気使いになります。
オススメは、老舗菓子屋など有名店の品物やデパ地下での購入です。
コンビニでも構いませんが、ブランド品を選ぶ事はまず間違いないでしょう。

その中でもオススメする品は和菓子です。
とても上品になり見栄えも良いですし、日本人でしたら外れる事も少ないです。
羊羹や飴、和菓子の詰め合わせなどをオススメします。

そして、小分けで包装されていて、賞味期限がなるべく長いものを選ぶと貰うへの気使いになります。

引用元-neta-life

謝罪時に菓子折りを渡すタイミングは?

謝罪のための訪問時に菓子折りを持参した際、多くの人が迷い悩むのが渡すタイミングではないでしょうか。
タイミングとしては、一般的な季節の挨拶や新規契約のためなどの訪問であれば、訪問して最初の挨拶をした段階で品物や手土産を渡すのがマナーです。

しかし相手が怒っている状況下で、謝罪にうかがうシーンでは、菓子折りや手土産を最初に渡しにくいはずなので、訪問して、まずこちらからお詫びをし、その謝罪を相手が受け入れて「わかりました」という答えをいただいてから、その段階で、菓子折りを渡すようにしましょう。

相手が謝罪を受け入れない場合はさらにお詫びをし相手の話をすべて聞いて帰り際に渡す

しかし、相手が謝罪を受け入れない場合は、とにかく重ねてお詫びを伝えます。
相手の怒りが収まらない場合は、頭を下げて相手の話をすべて聞きましょう。
そして、帰り際にお詫びの菓子折りを渡すのです。

場合によっては、どうしても受け取ってもらえないこともあります。
その時は無理に菓子折りを置いてくることはせず、そのまま持ち帰ると良いでしょう。
ここがふつうの手土産とは違う点かもしれません。

引用元-キャリアパーク!

まとめ
事故の加害者になった場合は謝罪を速やかにした方がいいですね。保険会社の担当者と相談して行うとトラブルが少ないかもしれません。

twitterの反応


https://twitter.com/yagiemisama/status/727058194325872640

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ