日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

就職活動に資格は必要?取っておきたい資格とは?

      2019/02/28

就職活動に資格は必要?取っておきたい資格とは?

就職するときに資格があることは有利なのでしょうか?履歴書に資格を書くことは必要なように思いますが、実際はどうなのでしょう?中には取っておくと便利な資格もあるようです。今回は就活に必要な資格について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

就職活動に資格は必要か?

取得している資格を重視している企業は8.9%に過ぎません。
高校や中学時代の大学入学以前の活動が11.6%の企業が重視しているという点を考えれば、取得資格を重視している企業がいかに少ないかがわかるはずです。

そもそも即戦力が欲しいならば、新卒の学生を採用するより中途採用を利用した方が効率的です。
採用で重視する項目に「人柄」や「その企業への熱意」「今後の可能性」が上位になっていることからもわかるように、企業はその学生の現時点で何を持っているかというよりも、長期的にどのように成長していける人材かを重視しているのですね。
だから、取得資格を重視している企業は少ないのです。

就活のためにわざわざ資格の勉強をするくらいなら、志望企業をしっかりと研究して、「その企業への熱意」をアピールできるようにしておいたほうがずっと効率的であるといえるでしょう。

引用元-賢者の就活

資格が就職に役立ったという人は7割!?

ある大学生へのアンケートで、『あなたは資格を持っていて、就活の履歴書で役に立ちましたか?』という質問に対して、どれだけの人が『役に立った。』と答えたのか?

なんと、『資格を持っていて就職で履歴書に書くときに役に立ちました。』と答えた学生は約7割もいたそうです。
で、その大学生の中でどんな人たちが資格を取っていたのか?
資格を持っていて、就職に役に立ったという意見が多かった人の多くは文系の人たちだったそう。

でも、資格の中で一番多かったのが、自動車免許だったというのには驚いた。
免許は資格だから、入るな・・・というか、案外、世の中の学生で自動車免許なんかいらないと考えている人がいることに驚いた。
『学生のうちに取らないといつとるの?』卒業して、就職決まってから、1カ月以上もかけて取りに行くの?それで間に合うのか?と思わせられる。

やっぱり人間、自分のポテンシャルを高めておかないと身に着けられることは出来るうちにやっておかないと後悔するということなんだろうなぁ。

引用元-A M I Blog

資格とはアピールポイントの一つ

資格はアピールポイントの一つにすぎない

そう考えると、資格だってサークルやバイト、留学と同じで、あくまでアピールポイントの一つにすぎない、絶対的な武器ではない、ということがわかると思います。
特定の資格を出願の要件にしていたり、加算要件にしている高校・大学の推薦入試とは違う、ということは頭に入れたほうがいいです。

もし、「資格」を就職活動の武器にしたいのであれば、「資格を持っている自慢」や「資格コレクション」に終始するのではなく、「その資格をとったことによって、(会社にとって)どれだけ利益をもたらすことができるか、役に立つ人材であるか」という視点で、自己アピールネタを練ってみてはいかがでしょうか。

引用元-30’s 資格論

資格は持っていてマイナスではない

資格は持っていてマイナスに影響する事はない

就活を進める上で色々な資格と向き合う事になるでしょうが、例えどんな資格でも持っていてマイナスにはたらく事はありません。
志望する業界に関係のある資格であれば、役立つので積極的に取得を目指した方が良いでしょう。

資格が必ず就職後に役立つかどうかは定かではありません。
それこそ、どんな会社でどんな職種を担当するかによります。
それを理解していただいた上で、就活に役立つおすすめの資格をご紹介したいと思います。

引用元-キャリアパーク!

就職活動時に持っていて損はない資格とは

TOEIC・英検など英語の資格

20年以上も経済成長していない日本で、企業が成長を続けることは不可能であり、海外に進出している企業がどんどん増えています。
また、インターネットによって、簡単に海外と取引をすることができるようになり、ビジネスをする上で海外との取引は急増しています。

外資系の企業に就職・転職するには、TOEICや英検などの英語系の資格があれば、有利になることは間違いありませんし、日本の企業に就職・転職するにしても、世界中の国を相手にビジネスをしている企業が増えているため英語力の重要性はますます高まってきております。
もはや、英語ができると有利という時代ではなくなりつつあり、英語ができて当たり前の時代になっています。

楽天やユニクロなど、数少ない成長している企業は、社内での公用語を英語にすることを決定し、日本人だけの会議でも英語を使用しています。
また、昇進の条件としてTOEICのスコアを要求しています。

引用元-資格キング

資格は絶対必要というわけではない

資格バカにならないことが大切

まれに色々な資格を勉強して取得しまくるという資格バカな人がいますが、こんな人には絶対なってはいけません。

先ほども説明したように、誰でも取得できる中途半端な資格は持っていても就活では役に立ちません。
簡単な資格を10個取得するくらいなら、難しい取得を1つ取得するほうがよっぽどマシです。

目的の無い資格の取得ほどバカなことはありません。時間と労力とお金の無駄です。
資格を取得する時は、その資格を取得する目的を明確化しましょう。
間違っても適当に取得しまくってはいけません。
資格の取得はピンポイントで行うべきです。
就活で使いたいなら、まずは志望業界に関係する資格の取得を目指してはどうでしょうか。

引用元-大学生の就職活動に資格は必要か?

まとめ
資格が就職に有利となることはあまりないようですが、その企業に関わるものであれば持っていて損はないようです。

twitterの反応

https://twitter.com/hrii999/status/795164012648402944
https://twitter.com/ppc_sugi/status/794774528559751168
https://twitter.com/r2tkdhj2/status/794150576023965698


https://twitter.com/__diet888__/status/793049088254029824


https://twitter.com/WagaC_Sato_tko/status/792195366254841856

 - 進学・就職

ページ
上部へ