日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

畳にカビで緑に!カビを綺麗にする方法とは

      2019/02/28

畳にカビで緑に!カビを綺麗にする方法とは

畳は気をつけておかないとカビが生える場合があるようです。緑や白色のカビの場合はまだ除去をするのは比較的楽なようです。今回は畳に生えたカビを綺麗にする方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

畳にカビが発生する原因は?

カビの発生条件は、ダニの繁殖条件とに似ています。条件として、温度・湿度・空気(酸素)・養分です。特に温度と湿度が重要な要素と考えます。温度(お部屋の場合は室温)が、20~30度で、湿度が75%以上で、この条件が継続的に続いた場合に畳表表面にカビが見える形でわかります。

天然イ草の畳表は、空気の吸収・放出を自然に行う性能があり、「空気中のホコリを吸収付着」「湿気を調節」する性質を持っています。当然これは日本の風土からすると快適なのですが、反面湿度が極端に継続する場合は、どんどん湿気を吸収してしまいます。新しい畳表ほどこの能力は高く、古く使われた畳表はイ草が潰れてこの機能が衰えています。よって新しい畳(畳表)ほどカビが発生・繁殖しやすいというわけです。

引用元-タタミショップオカベ

畳のカビで起こる影響とは

畳のカビは赤ちゃんに影響ある?

青カビだけでなく家庭内には黒カビもいます。黒カビは結露するところに発生しています。例えばエアコンの中やカーテンの裏生地とか。現在の住宅は気密性が高く冬場でもカビの発生する条件が整っています。最近多いアレルギー問題とも切り離せません。アレルギー性鼻炎や喘息そしてアトピー性皮膚炎もカビとの関係が指摘されています。

赤ちゃんがいると冬場は風邪の予防上に加湿器はかかせません。また夏冬問わずに赤ちゃんは汗かきなので汗が布団に染み込んでカビの発生を促します。またカビを食べるダニもいます。赤ちゃんがカビの胞子やダニの死骸やふんなどを無意識に吸ってしまっているかもしれません。これらは全てアレルゲンとなり喘息の要因とも言われています。まずカビの生えない環境を赤ちゃんに与えてあげたいですね。

引用元-掃除の品格

畳のカビには水拭きやから拭きはダメ!

水拭き

畳にカビが発生している場合、水拭きをしてはいけません。水拭きによっていったんカビはきれいになりますが、必要以上の水分を畳に吸わせてしまうため、再びカビが発生しやすい状態を作ってしまいます。カビをふき取って見た目には綺麗になったように見えても、カビの胞子や目に見えないかけらは残っていることが考えられます。

その場合、水拭きで水分を与えることは、まさにカビにエサを与えてしまうようなものです。カビが繁殖しやすい状態を自ら作り出していることにもなりかねませんから、避けた方が良い掃除方法であると言えます。

乾拭き

水拭きがダメなら乾拭きなら良いかというと、実はそういうわけでもありません。普段のお掃除の場合には乾拭きは非常に有効な手段ですが、カビ取りの時には乾拭きは使用してはいけないのです。その理由としては、乾拭きでカビ取りを行うと、カビが取れにくいばかりでなく、目地にカビを押し込んだり、空気中にカビを舞い上げたりしてしまうことにつながるためです。

畳に生えたカビは、軽くこすった程度では落とすことができません。乾拭きでカビを落とそうと思うと、どうしても強くこすってしまうことになります。それによって、イグサとイグサの間に生えているカビは奥へと押し込まれてしまいます。また、乾いた布にはカビは貼りつきにくいため、取れたカビも空中に舞い上げてしまうことになります。

引用元-WELQ

畳の緑や白のカビの除去の方法

畳に緑色または、白っぽいカビが生えている場合の方法です。
1.消毒用アルコール(エタノール)をスプレー式容器に入れて、カビ全体に吹
 きつけます。そのまま15分ほど放置します。
2.小分け容器に入れた消毒用アルコールに浸したブラシで、畳の目に沿って、
 カビをかき出します。
3.かき出したカビをすくって、小分け容器に入れた消毒用アルコールの中で洗
 います。
4.畳についているカビが取れるまで、(2)と(3)を繰り返します。

【アドバイス】
小分け容器に入れた消毒用アルコール中で、ブラシを洗いながら行います。汚れたエタノール液は、何度か交換してください。

5.消毒用アルコールを吹きつけながら、乾いたぞうきんで、畳の目に沿って拭
 きます。
6.よく乾燥させます。

【アドバイス】
畳にカビが生えるのは、湿気が多いためです。
できれば、天気の良い日に外で畳を乾かしましょう。
または、畳の片方を上げて缶などをはさみ、畳と床の間に風を通します。

引用元-DUSKIN

カビには緑茶も効果的!

家を新築した時のことです。家を建てたものの、しばらくは引っ越しの見通しが立たず、古い家の方に住んでいました。閉め切ったままだと室内に湿気がこもるので、毎週末、様子を見がてら新居の換気をしに行っていました。ところが、梅雨の時期に、ちょうど週に一度の換気をすることができず、2週間、家を閉め切ったままにしておいたところ、畳の表面にカビが生えてしまったのです。畳の表面になにか緑色っぽいものができているのを見て、初めはカビだとは思いませんでした。ところがよく見てみると、カビが一面に生えてしまっていたのです。

それからは、カビのふき取り掃除を夫と一生懸命行いました。まずは、雑巾でカビをきれいにふき取って、それから、殺菌のために、緑茶を濃く出したものをバケツに入れ、雑巾をこの緑茶に浸してから畳を念入りに拭きました。緑茶には、強力な殺菌抗菌作用があると知っていましたし、家には小さな子どもがいますので、できれば薬品は使用したくなかったのです。その後は、畳にカビが生えることはありませんでしたよ。

引用元-マーミー

畳の黒カビはどうする?

カビを拭き取るための洗剤液は、塩素系漂白剤と水を1:1の割合で混ぜたものを使います。洗剤液をバケツや洗面器などに作り、雑巾をひたしてしぼったもので拭き取っていきます。カビも青カビや黒カビなど、種類がありますが、特に黒カビによって出来た黒ずみを漂白するのに、この方法は効果的です。

畳がまだ新しい青畳の場合、カビが生えやすく、また塩素系漂白剤ではせっかくの緑色が黄ばんでしまうこともありますので、洗剤液をもっと薄めたものを使い、あらかじめ目立たない部分の青畳に塗ってみて、変色が激しいようでしたら、畳のカビ取り専用の洗剤をDIY用品大型店で購入されることをおすすめします。

また新しい青畳はカビが生えやすいので、カビ防止薬剤を仕上げに塗るのもおすすめです。拭き取りが済んだら、畳を「よく乾燥させてから」家具をもとに戻します。この「乾燥させる」という一手間をおろそかにすると、湿気でカビが再発生しますのでご注意を。

引用元-「カビ除去」

まとめ
新しい畳はカビが生えやすいので通気性をよくしましょう。カビが生えたら早めに除去をして、しっかり乾かしましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ