日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

契約の解約と解除はどう違う?それぞれの意味とは

      2019/03/03

契約の解約と解除はどう違う?それぞれの意味とは

よく「契約を解約する」や、「契約を解除する」などと言いますが、解約と解除では意味に違いはあるのでしょうか?今回は、契約の解約と解約の意味の違いについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

契約の解除とは?

契約は,法定貴拘束力を伴う約束です。したがって,簡単に契約を無かったことにすることはできません。

契約の解除とは,当事者の一方の意思表示によって,契約を無効とすることをいいます。要するに,契約を無かったことにして終了させるということです。

しかし,上記のとおり,契約は簡単に無かったことにはできないからこそ契約なのです。したがって,契約を解除することができる場合は,非常に限られてきます。

賃貸借契約も契約ですから,簡単に解除できるものではありません。しかも,当事者間の信頼関係を基礎とする継続的な契約である賃貸借契約は,他の一回的な契約よりも契約解除できる場合が限られると考えられています。

賃貸借契約を解除できる場合としては,合意解除の場合と法定解除の場合があります。

引用元-不動産問題ネット相談室

契約の解除の種類

合意解除とは、契約当事者が契約の解除を合意することによって、契約の効力を失わせることを意味する。合意解除された契約から生じた法律効果は遡及的に消滅するとされる。しかし、解除においては契約の効力を第三者に及ぽさないことを原則とするため、合意解除の遡及効は、法定解除や約定解除の場合と異なり、第三者の権利を害しないとされている。

合意解除に類似する概念として、約定解除がある。

約定解除とは、契約当事者間においてあらかじめ合意で定めた解除権留保の特約によって生ずる解除権を意味する。約定解除権の具体例としては、解約手付けや買戻しの特約などがあげられる。合意解除は、契約成立後に当事者双方の合意があれば解除ができるのに対し、約定解除は契約関係に入る以前に契約を解除する条件を合意で決めておく点が異なる。

引用元-弁護士ドットコム

契約の解約とは?

解約とは、賃貸借のような継続的な契約関係において、契約当事者の一方の意思表示により、契約の効力を将来に向かって消滅させること、をいいます。講学上、解除と区別して、「解約告知」又は「告知」ともいわれますが、法令上は、解約のことを解除という場合も多くあります。例えば、民法626条1項本文は、「雇用の期間が5年を超え・・・るときは、・・・当事者の一方は、5年を経過した後、いつでも契約の解除をすることができる。」と規定していますが、この場合の「解除」は、その効果が将来に向かってのみ生ずるだけですので、講学上の「解約」になります。

引用元-マイベストプロ

解約と解除をどう使い分けるか

「解約」と「解除」の違いを整理してみましょう。「解約」はこの先将来にわたって契約ごとに縛られることがない状態にすることを表しますが、契約した事実はそのまま存続されることになります。一方、「解除」は元に戻すこと、即ち契約を取り交わした時点まで遡って契約を交わしたこと自体を無かったことにするという違いとして理解することができます。

しかしながら、実は法文学者や国語学者の間でも見解が分かれている点なのですが、法律上では必ずしも「解約」と「解除」がご紹介したような意味で明確に区別されておらず、ほぼ同様な意味として解釈される条文で使用されている場合が見受けられるのです。従って、条文で「解約」または「解除」が登場してきた場合に、あまり厳格にそうした違いを当てはめて考えることはできないということは理解しておいた方が良いと言えそうです。

また、法律上の「解約」と「解除」のもう一つの違いとして、これもそうした傾向が見られるという程度で明確な区分がされているとまでは言えないのですが、「解約」は主に契約をした当事者同士が話し合ったり、合意したりした上で契約を解消する場合に用いられ、「解除」は契約した当事者のどちらかがルールに従って一方的に、つまり両者の合意なしに契約を解消する場合に「解除」が用いられる場合が多いようです。

引用元-アンドプラス

契約を解除するとどうなる?

契約が解除されると,その契約は遡及的に消滅,つまり,契約の締結時にさかのぼって無かったことになります。これにより,契約の当事者は,契約の拘束力からまぬがれることができるようになります。そのため,まだ残っている債務(未履行債務)は履行しなくてよいということになります。

また,契約が解除されると,法律関係は契約の締結前の状態に回復することになります。具体的には,契約の当事者は,相互に,契約締結前の状態に戻すように請求することができます。これを原状回復請求といいます。そのため,すでに履行済みの債務(既履行債務)をもとに戻すように請求できることになります。

なお,損害が発生している場合には,契約解除に伴って,別途損害賠償請求することも可能です。

引用元-LSC綜合法律事務所

まとめ
解約と解除はそこまで意味に違いがあるわけではないようですが、解除はどちらか一方の申し出での解消の時に使われる場合があるようです。双方の同意があるかないかで使い分けてみてはいかがでしょうか?

twitterの反応


https://twitter.com/flask_beaker/status/339711724640935936

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ