日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

英語のメールは要注意!ウイルスに感染しないために

      2019/03/07

英語のメールは要注意!ウイルスに感染しないために

パソコンでメールを利用している人はほとんどだと思いますが、英語のメールが届いたことはありまんか?知らずに添付ファイルを開いたりするとウイルスに感染することがあるので要注意です。今回はウイルスメールの見分け方を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

ある日突然英語のメールが届いたら?

パソコンでメールを利用している人のところに、ある日突然全く知らない名前の日とからメールが届いたとします。しかも、そのメールは英語で書かれている。メールの文面を見ても何が書いてあるのか良く分からない、しかもメールの本文内にはどこかのサイトへジャンプするリンクがある…。

引用元-変な英語のメールが来た | ウイルスソフト ランキング

基本的にそれらのメールは無視して削除すれば実害はありません。メールソフトの設定を変更して、差出人をブラックリストに入れれば、以後のメールは迷惑メールとして処理されます。プロバイダーの管理画面で迷惑メールのブラックリスト機能があるのであれば、差出人アドレスをそこに登録すれば届くことすらなくなります。迷惑メールが完全になくなるということはありませんが、この方法は時間をかければ最も効果があります。

配信されたメールの中に配信停止をするならこちらへ、と書かれていることがあります。そこには間違ってもメールを出してはいけません。そのメールアドレスは生きていると相手に伝えているようなものなので。

引用元-変な英語のメールが来た | ウイルスソフト ランキング

英語のメールの添付ファイルは開かない!

メールが媒介となる場合、添付ファイルがウィルスそのものである場合がほとんどです。
実際に感染したパソコンの所有者の声を拾い上げてみると……
「丁度、海外の旅行代理店とメールのやりとりをしていたところだったんです。見積りが届いたのかと思って、英語の文面をよく確認しないで添付ファイルを開いてしまって……」
「海外支店からのメールかと思って、つい、添付ファイルを開いてしまいました……」
「何のファイルだろうと思って、ついうっかり……。怪しい気はしたのですが……」
……おおよそ、こんなところです。
メール型のウィルスの多くは、ほとんどが表題や本文が英語等の外国語です。海外との取引がない企業や、日本語圏以外に知人のいない個人ユーザーの場合、英語の表題や文面が届くだけで怪しむことが多いようですが、心当たりがあると意外と無防備にファイルを開いてしまうようですね。
また、日頃友人知人の間で添付ファイルのやりとりをしている場合も、「今度は何だろう」と気軽に開いてしまうようです。

引用元-ウィルスはこうして感染する!

もしも身に覚えのないメールを受け取った場合は

メールに添付されたファイルをいきなりダブルクリックしたり、本文内のURLをクリックしたりしてはいけません。著名な企業や公的機関から届いたとしても、そもそも受け取る理由があるかを振り返りましょう。心当たりのないメールが届いたら、その企業や組織のホームページを参照し、注意喚起の有無がないかを確認し、ホームページに記載された問い合わせ先に確認をとりましょう。このとき、迷惑メール本文に書かれた宛先に連絡をしてはいけません。

引用元-TORENDMICRO is702

注意!ウイルス混入の可能性があるメール

■件名、本文ともに英文のメール

全て英語で書かれているメールにはウィルスが潜んでいることが多いです。また、英文でなくてもユーザーが興味をそそられるような日本語で書かれている件名(重要なお知らせ、緊急の要件、極秘ファイルなど)には注意をしましょう。

■本文が真っ白のメール

本文が真っ白で、添付ファイルだけがついているようなメールもウィルスの可能性が大です。直前に知人とメールをやり取りしていた場合でも、ウィルス自身が送りつけているものもあるので、安心して開封しないようにしましょう。なお、添付ファイルの拡張子のほとんどは、「exe」や「vbs」といった実行ファイルが多いのも特徴です。間違ってダブルクリックで実行してしまうと、取り返しがつかないことになるので注意です。

引用元-ウィルスメールはどうやって見分けるか?

メールの添付ファイルのファイル名を確認!

送信者が知り合いで、タイトルも本文も自然で、ファイルが添付されていることも明確になっている場合は開いてもいい直前です。

最後に、開く前に「ファイル名」を確認しておきましょう。ファイル名が本文で紹介されている内容と合わない場合や、拡張子(ファイルの後ろにつく「.jpg」「.doc」「.ppt」など、そのファイルの種類を示す記号)が怪しげな場合は、やはり開けるのはやめましょう。

☆添付して送られてきたら怪しいファイルの拡張子
「.exe」 「.bat」 「.pif」 「.scr」 など

このように添付ファイルに注意して、なおかつ、適切なウイルス対策ソフトと関連ソフトのアップデートをきちんとしていれば、ほぼ電子メールからのウイルス感染は怖がる必要はありません。

引用元-なにしろパソコン

ウイルスメールは受信しただけでは感染しない

たまに勘違いされている方がいるのですが、「ウイルスメール」は受信しただけではパソコンに感染することはありません。ではどうしたら感染してしまうのか?まずは以下の拡張子【ファイルの最後の.(ドット)以降に続く文字列】をご覧ください。

[scr][pif][exe][lzh][zip]

上に挙げた拡張子を持つウイルスファイルはパソコンにダウンロード、インストールまたは解凍したときに初めて感染するタイプです。受信したこれらの添付ファイル付きの「ウイルスメール」は受信してもすぐに削除すればパソコンへの影響はありません。次に以下の拡張子をご覧ください。

[txt][htm][html][bmp][jpg][png]

上に挙げた拡張子を持つウイルスファイルは、受信したメールを見る(プレビューする)だけで感染するタイプです。よって受信したこれらの添付ファイル付きの「ウイルスメール」は削除のために選択するだけで感染してしまう可能性があるのです。

※注意していただきたいのは、上に挙げた拡張子のファイルがイコールウイルスファイルというわけではないことです。ウイルスに感染していなければそれぞれ普通にWeb上で利用されている便利なファイルです。

引用元-ウイルスメール情報

まとめ
英語のメールの添付ファイルはうかつに開かないようにしましょう。身に覚えがない場合は削除するのがいいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/kara_namako/status/794672861617102848

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ