日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

不動産売買の仲介手数料とは?売主も買主も払う?

      2019/03/07

不動産売買の仲介手数料とは?売主も買主も払う?

不動産売買を不動産会社などに頼むと仲介手数料がかかります。これは売主も買主も払う必要があります。仲介手数料とはどのくらいの金額を払うものなのでしょうか?また、仲介業者が1社と2社の場合では仲介手数料はどう払うのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

不動産売買の仲介手数料とは

仲介手数料とは

不動産会社に仲介を依頼することで、買主との契約を仲立ちしてくれます。
個人が広く一般に物件を紹介するのは難しく、個人売買にはトラブルも多いことから、不動産の売却では不動産会社に仲介を依頼するのが普通です。

不動産会社は、自社の顧客に物件を紹介したり、広告の掲載により購入希望者を募集したりして、依頼のあった物件を売るための営業活動をしてくれます。
その結果、購入希望者が見つかって依頼者である売主と売買契約が成立したとき、仲介の報酬として不動産会社に支払うお金が仲介手数料です。

もっとも、これは買主の立場においても同じことで、不動産会社の仲介を受けて売主と売買契約を結ぶため、買主にも仲介手数料が発生します。

引用元-土地カツnet

不動産売買の仲介手数料はいくらかかる?

皆さん仲介手数料って言葉を一度は耳にした事があると思います。
おそらく皆さんの認識は、家などを 買ったり、売ったり、借りたり する時に、不動産業者に支払うお金って事ですよね?

確かにその通りです。では、その金額は一体いくらになるのでしょうか?
弊社は売買専門なので、ここからは売買でのハナシになりますが、通常の仲介手数料は物件価格の3%+6万円 です。

例えば5000万円の新築戸建てを購入する際の仲介手数料は5000万円×3%+6万円=156万円ということです。

引用元-ユニバーサルハウジング

不動産会社が売主、買主の仲介手数料を両方とも受け取れる場合とは

仲介業者が1社のケース「両手仲介」

介在する不動産会社が1社だけの場合、不動産会社は、売主・買主の双方から仲介手数料を得ることができます。

仲介手数料を売主・買主の両者からもらうので、「ダブル手数料」あるいは「両手」と呼ばれます。

売主と買主から受け取る仲介手数料の額は基本的に同じですから、売主・買主の両者から受け取るので、仲介手数料が2倍になるのです。

仲介業者が2社のケース「片手仲介」

介在する不動産会社が2社の場合、つまり、A社が売主から売却の依頼を受け、B社は買主から依頼を受け物件紹介する場合、A社は売主から、B社は買主から、それぞれ仲介手数料を受け取ります。

A社とB社は協力して仲介業務を遂行していくので、共同仲介といわれます。
この場合の仲介手数料は、「片手」と呼ばれます。
「両手仲介」の場合と比べて、仲介手数料は半分になってしまいます。

引用元-知っトク不動産お役立ちナビ

両手仲介は、買主より売主が不利?

自社で買主を見つけようとすると、不動産会社は、どういう行動をとるでしょうか?

・他社に買主を見つけられては困るので、物件情報を公開しない。
⇒ 自社で情報を囲い込む。

・自社の見つけた買主を優先する。
⇒ 他社でもっと高い金額で購入する買主がいても、売主に伝えない。

・価格を下げて安く売る。
⇒ 2倍の仲介手数料が入るので、価格を下げても早く売ってしまった方がトク。

引用元-知っトク不動産お役立ちナビ

中には悪質な業者も

両手仲介を狙う悪質業者の手口

ここからは、両手仲介を狙う業者の悪質な手口について紹介します。
なぜ両手仲介を狙う業者に注意したいのか、その理由が分かるでしょう。

ケース1:物件を値下げしてでも自社の利益を重視する

このページの表題にもしていますが、売主が両手仲介の犠牲になるケースで一番多いのがこれです。
まず大前提として、売主にとってみれば、どの業者が見つけた買主だろうと、高く売れるならばそれに越したことはないはずですよね。

しかし、不動産業者にとってみれば、誰に売るかは死活問題になります。
例として、売却価格が3000万の物件を扱う場合を考えましょう。

仲介手数料は売却価格の3%+6万円が相場なので、成約に至った場合、売主と買主はそれぞれ仲介した業者に、96万円ずつ支払うことになります。
このとき、もし業者が買主も自分で見つける両手仲介に成功した場合、売主と買主からそれぞれ、96万円ずつ、合計192万の利益を手にすることになります。

一方、他の不動産の紹介で買主が見つかり、成約に至った場合、買主側の仲介手数料は、紹介した別の不動産がもらうことになるため、業者は売主側の仲介手数料96万円しかもらうことができません。

良心的な業者なら、片手仲介だろうと、物件が高く売れるのがベスト。
仲介手数料が入るならそれでよいと思うでしょうが、そうではない業者もいます。
悪質な業者は、物件を安くしてでも両手仲介を行い、片手仲介で得られる96万円以上の利益を出そうとするのです。

引用元-家を売るなら

まとめ
不動産会社が両手仲介を狙って、高く売れる時期を逃してしまう事もあるようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/pth_pth/status/769026214149447682
https://twitter.com/kittekun/status/767218933879283712

 - 雑学

ページ
上部へ