日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

不動産売買の仲介手数料とは?売主も買主も払う?

      2019/03/07

不動産売買の仲介手数料とは?売主も買主も払う?

不動産売買を不動産会社などに頼むと仲介手数料がかかります。これは売主も買主も払う必要があります。仲介手数料とはどのくらいの金額を払うものなのでしょうか?また、仲介業者が1社と2社の場合では仲介手数料はどう払うのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

不動産売買の仲介手数料とは

仲介手数料とは

不動産会社に仲介を依頼することで、買主との契約を仲立ちしてくれます。
個人が広く一般に物件を紹介するのは難しく、個人売買にはトラブルも多いことから、不動産の売却では不動産会社に仲介を依頼するのが普通です。

不動産会社は、自社の顧客に物件を紹介したり、広告の掲載により購入希望者を募集したりして、依頼のあった物件を売るための営業活動をしてくれます。
その結果、購入希望者が見つかって依頼者である売主と売買契約が成立したとき、仲介の報酬として不動産会社に支払うお金が仲介手数料です。

もっとも、これは買主の立場においても同じことで、不動産会社の仲介を受けて売主と売買契約を結ぶため、買主にも仲介手数料が発生します。

引用元-土地カツnet

不動産売買の仲介手数料はいくらかかる?

皆さん仲介手数料って言葉を一度は耳にした事があると思います。
おそらく皆さんの認識は、家などを 買ったり、売ったり、借りたり する時に、不動産業者に支払うお金って事ですよね?

確かにその通りです。では、その金額は一体いくらになるのでしょうか?
弊社は売買専門なので、ここからは売買でのハナシになりますが、通常の仲介手数料は物件価格の3%+6万円 です。

例えば5000万円の新築戸建てを購入する際の仲介手数料は5000万円×3%+6万円=156万円ということです。

引用元-ユニバーサルハウジング

不動産会社が売主、買主の仲介手数料を両方とも受け取れる場合とは

仲介業者が1社のケース「両手仲介」

介在する不動産会社が1社だけの場合、不動産会社は、売主・買主の双方から仲介手数料を得ることができます。

仲介手数料を売主・買主の両者からもらうので、「ダブル手数料」あるいは「両手」と呼ばれます。

売主と買主から受け取る仲介手数料の額は基本的に同じですから、売主・買主の両者から受け取るので、仲介手数料が2倍になるのです。

仲介業者が2社のケース「片手仲介」

介在する不動産会社が2社の場合、つまり、A社が売主から売却の依頼を受け、B社は買主から依頼を受け物件紹介する場合、A社は売主から、B社は買主から、それぞれ仲介手数料を受け取ります。

A社とB社は協力して仲介業務を遂行していくので、共同仲介といわれます。
この場合の仲介手数料は、「片手」と呼ばれます。
「両手仲介」の場合と比べて、仲介手数料は半分になってしまいます。

引用元-知っトク不動産お役立ちナビ

両手仲介は、買主より売主が不利?

自社で買主を見つけようとすると、不動産会社は、どういう行動をとるでしょうか?

・他社に買主を見つけられては困るので、物件情報を公開しない。
⇒ 自社で情報を囲い込む。

・自社の見つけた買主を優先する。
⇒ 他社でもっと高い金額で購入する買主がいても、売主に伝えない。

・価格を下げて安く売る。
⇒ 2倍の仲介手数料が入るので、価格を下げても早く売ってしまった方がトク。

引用元-知っトク不動産お役立ちナビ

中には悪質な業者も

両手仲介を狙う悪質業者の手口

ここからは、両手仲介を狙う業者の悪質な手口について紹介します。
なぜ両手仲介を狙う業者に注意したいのか、その理由が分かるでしょう。

ケース1:物件を値下げしてでも自社の利益を重視する

このページの表題にもしていますが、売主が両手仲介の犠牲になるケースで一番多いのがこれです。
まず大前提として、売主にとってみれば、どの業者が見つけた買主だろうと、高く売れるならばそれに越したことはないはずですよね。

しかし、不動産業者にとってみれば、誰に売るかは死活問題になります。
例として、売却価格が3000万の物件を扱う場合を考えましょう。

仲介手数料は売却価格の3%+6万円が相場なので、成約に至った場合、売主と買主はそれぞれ仲介した業者に、96万円ずつ支払うことになります。
このとき、もし業者が買主も自分で見つける両手仲介に成功した場合、売主と買主からそれぞれ、96万円ずつ、合計192万の利益を手にすることになります。

一方、他の不動産の紹介で買主が見つかり、成約に至った場合、買主側の仲介手数料は、紹介した別の不動産がもらうことになるため、業者は売主側の仲介手数料96万円しかもらうことができません。

良心的な業者なら、片手仲介だろうと、物件が高く売れるのがベスト。
仲介手数料が入るならそれでよいと思うでしょうが、そうではない業者もいます。
悪質な業者は、物件を安くしてでも両手仲介を行い、片手仲介で得られる96万円以上の利益を出そうとするのです。

引用元-家を売るなら

まとめ
不動産会社が両手仲介を狙って、高く売れる時期を逃してしまう事もあるようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/pth_pth/status/769026214149447682
https://twitter.com/kittekun/status/767218933879283712

 - 雑学

ページ
上部へ