日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

      2019/03/11

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習しないと上達はしません。初心者の場合はどのように練習すればいいのでしょうか?今回はドラム初心者におすすめの練習方法について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

ドラムはリズム感がなくても大丈夫!?

だって、あなたは、歩けますよね??
右足出したら左足、早く歩いたり遅く歩いたり、流れに乗ったりかき乱したり。
これ、全部、リズム感が無いと出来ないですよね?
まあ、たまに何にも無いところで転ぶのはご愛嬌ですが(笑
あなたは歩ける=リズム感がある
あとは、あなたが持っているリズム感と身体の動きを連動していくだけ。
しゃべるのと似てるかもしれません。
赤ちゃんは、声は出せますよね。
でも、言葉は知らない。
だから、言葉を発声できるように声の出し方を学んでいく。
リズム感も一緒です。
あなたも生まれながらに持っている。
そのリズム感をドラムという楽器を通して外に表現していく。
ただ、それだけです。
どうですか?
歩けますよね?
ドラム、やれるような気がしませんか?

引用元-ドラム初心者が1ヶ月で曲が叩けるようになるブログ

ドラムの練習に入る前に

スティックの素材の種類について

ヒッコリー(Hickory)

適度に重く、強度にも優れている素材です。また、弾力性もあるのでその点でも扱いやすいといえます。
スティックの大半がこのヒッコリーで、ジャンルを問わず幅広く使われています。

オーク(Oak)

ヒッコリーよりもさらに重く、硬い素材です。
そのぶん音もパワフルになりますが、繊細な表現がやや難しくなります。
ジャンルで言えばロック向き。

メイプル(Maple)

軽く、適度な弾力性がある素材です。
繊細で速いパッセージをコントロールするには好都合なので、主にジャズやクラシックに多く使われます。

スティックの材質によって音の出方は変わってきます。
自分の音楽スタイルに合った材質のスティックを選びましょう。

引用元-Percussion Library

初心者がドラムの練習をするときに注意することは?

僕はツーバスが叩けなかった頃、貧乏ゆすりでツーバス連打を叩く練習をしていました。
練習中はメトロノームを鳴らして一定のテンポで叩けるように延々と繰り返していたんですが、貧乏ゆすりをしているわけですから、一応それなりにペダルは速く動いてくれるわけですよね。
この状態でテンポを速くしたら、なんとなくついていけている気になれるんですが、やっぱりコントロールが効かないし、しっかり1つ1つの音を出している感覚もないので、曲に合わせたりした場合に全く安定感がなく、結果的に全く上達しませんでした(笑)。
本当に全く上達しませんでしたよ…。
こんな練習法を毎日真面目に繰り返していたとか、思い出すだけで恥ずかしいですが、でも当時は上手くなるために一生懸命だったんです。

失敗からの学び

この経験から学んだことといえば「曖昧な感覚なままだと、テクニックは身につかない」ということです。
やっぱり正攻法で地道にスキルを積み上げていくことは大切だし、これはどの楽器でも同じだと思います。
ということで、手足のスピードを上げたい人は真っ向勝負で練習に取り組んでみてくださいね!

引用元-スタジオラグへおこしやす

初心者におすすめのドラムの練習方法

①自分の好きな曲で練習する。

→これに尽きます本当に。大好きな曲であればある程、技術を超えた部分で「なんとか演奏したい」という気持ちが勝って出来るようになるまで練習するはずです。バンドを組む場合はみんなの意見で曲を決めるので中々難しいかもしれませんが、個人で練習する時は好きな曲で練習してモチベーションを保ちましょう・

②練習は5分でも毎日行う。

→楽器の練習は1日やらないと3日分後退するという言葉があります。私が思うに、楽器で練習せずとも何かを楽器にして練習すれば良いと思っています。当時、実家に帰省した際はもちろんドラムセットなんて無いため、ダンボールや紙皿を使ってドラムセット作りました(笑)
黒いパッドと、スティックはさすがに持って帰っていったものです。これらを叩きながら感覚を忘れないよう練習しました!継続は大事です。

引用元-謎の村人の知恵袋〜歌う日常〜

自宅でドラムの練習をする際の注意点

自宅用の練習パット(あと安い電子ドラム)で練習する際の注意するポイントがあります。

それは楽器じゃないということ。

意味がわからない?(笑)
ドラムとは音を出す、鳴らすという目的があります。
練習パットは鳴りません。

しかし、全ての練習はよい音を鳴らすという目標に向かって行わなければいけません。

なので実際に本物のドラムを叩く練習と経験がなによりも大事になってきます。
その経験をフィードバックした上で、フォームやストロークを再現するのが練習パットの意味です。
練習パットでうまく叩けたとしても、本物のドラムで叩いたら音が小さすぎてショボショボ・・・・。
なんてことにならないように注意しましょう。

特に、安い電子ドラムはかえって危険です。

どんな叩き方もしても画一的な音が鳴ってしまうため、本物のドラムでもそのように音が鳴ると体が勘違いしてしまうのです。
練習すればするほどヘタになる。
それはもったいないので、その点は是非注意してくださいね。

引用元-バンドマン情報メディア

初心者におすすめのドラムの練習曲

Dani California / Red Hot Chilli Peppers

王道の8ビート
劇場版デスノートで有名になった曲。パターンがとても素直でドラムも際立っていてかっこいいしコピーがしやすいです。いち早くドラムの楽しみを感じられるからおすすめです。

シャングリラ / チャットモンチー

裏打ちハイハットの名曲
ドラムを叩くのにはいくつかパターンがあるんですが、シャングリラはその中のハイハットの裏打ちパターンが際立ってかっこいい曲です!
サビが変拍子を持っているのも面白くていいと思います。

Something / The beatles

ゆっくりなのでリズムに乗らなきゃいけない
ロックはテンポが早い曲が多く、少し走ったり遅れても叩きながらテンポの修正ができてしまうので、リズムに乗りながら叩く練習が難しいです。
こういった1打1打を正確に刻まなければならない曲を取り入れて、音楽を聞くことと、ドラムを叩くことを体に覚えさせるのに必要です。
ドラムを叩く上で大切なのは、リズムに合わせることよりも、体と心でリズムに乗って、そこにビートを重ねることです。体が正確なリズムに乗ることができれば、正確なリズムでドラムを叩くことができます。

引用元-かんがえちゅう!

まとめ
初心者はとにかく練習あるのみのようです。コツコツ毎日地道に練習しましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/indoodayo/status/801767891112632320
https://twitter.com/drjyotatsu/status/801755426614222849
https://twitter.com/KagayakeDrumer/status/801565423678304256


https://twitter.com/ykhrooooo1124/status/799256504004030464


https://twitter.com/urei_tet/status/796381315301969920

 - 観光・趣味

ページ
上部へ