日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

      2019/03/14

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は男性の割合も増えてきているようです。なぜ介護の仕事につく男性は少ないのでしょうか?実際男性にとって、介護の仕事を長く続けるのは大変なようです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

男性が介護の仕事をするメリットとは?

まず一番初めに考えられるのは力を必要とする業務の場合です。
近年の介護業務は、制度改正による利用者の重度化が進み、寝たきりで体重の重い被介護者が増えてきています。
その中で体位変換やおむつ交換も軽量で自ら動くことができる利用者(被介護者)に比べ、かなりの力が必要になります。
ヘルパーなど介護労働者に腰痛持ちが多く、職業病と言われ定期的に腰椎検診を義務付けられている点からも、かなりの体力を要することが容易に考えられます。
寝たきりではないにしても、ベットから車椅子への移乗や、入浴時に車椅子から入浴ストレッチャーやシャワーチェアーに移乗する際もかなりの負担があるのです。

引用元-介護のチカラ

男性による介護の仕事は女性に比べて不利?

男性ヘルパーには、業務上、女性のヘルパーとは違った大きなハンディキャップがあります。
男性であるというだけで、受け入れられない。
なんでこんなに見下されるんだろう。
モロッコに行って性転換手術でも受けてしまいたい。
男性のホームヘルパー誰でも一度はそんな悩みにぶつかったりします(?)。
ヘルパーの仕事の大部分を占めているのが家事援助(複合介護を含む)です。
家事援助をしないで勤務時間を確保するのは、夜勤専門の勤務体制にでもしない限り至難の技です。
男性ヘルパーにとって、家事援助はまさに鬼門です。
家事の仕事では、男性は受け入れられないことが多いです。
もちろん、男性で調理ができるのが前提としてあったとしても、男性が料理を作るというのは・・・と敬遠されることがあります。
男性に料理を作ってもらったことなど一度もない、という女性のお客様もいるでしょうし、男子厨房に入るべからず、の時代ですから。
あと、男の人に料理なんてできるのかしら、なんて言い出す方も。
逆に、男性の利用者様からも、男のくせにこんな仕事してるんじゃない、なんて説教されることも。
まぁ、そういった先入観をいかに取り除いていくかが課題ですね。

引用元-ホームヘルパーとらのあな

男性介護士の仕事は切り替えが大事

男性的な考え方という事で出てきた業務遂行ですが、当然考えます。一日の流れのタイムスケジュールの中で、やらなければならないルーティンを頭の中で時間に割り振っていきます。その日の利用者の人数だとかスタッフの出勤具合、担当なんかを考慮して組み立てます。で、自分はその通り実行出来るよう全体の状況を思い浮かべながら仕事をこなしていきます。ちょっと慌ただしく見えるくらいがちょうどいいです。頭はフル回転してます。

で、ここで一番肝心なのは、利用者に呼び止められたり、危ないと感じた場面に遭遇した時は全ての仕事を一旦停止して利用者に向き合います。この切り替えが重要です。それまで思い描いていたスケジューリングなんか全て放棄します。で、全ての用事が済んだり、他のスタッフに引き渡せた時に改めて全体のスケジューリングをし直す。

こういう言い方はあまり良くないですが、日々のルーティンくらいならリセットしたってすぐやり直せるくらいじゃないと話にならないです、本当。それくらいのものだから、最初に描いた理想に固執する必要なんて全くないんです。多分、そこに固執するからこそ業務遂行に目線がいっているように見えてしまうのではないでしょうか。

大事なのは、現場では利用者が第一です。他なんて誰か気づくし、どうにでもなる。頭の中を常にスッキリ整理しながら仕事をするのが求められるのかな、と思います。

引用元-介護士こじらせ系

男性介護士の仕事への不安とは?

・給料面
・何歳まで働けるのか

というのが将来の不安要素として共通しています。
まずは、給料面では、主任クラスになったとしても、月給は20万円程度というのは説明した通りです。
これは今後、結婚することなく、一人暮らしを続けた場合は、なんとか生活していけるが、結婚し妻や子供を養うとなれば話は違ってきます。
妻が仕事をしていたとしても、妊娠し出産となれば、産休や育児休暇時期は夫の収入だけで生活しなければなりません。
子どもが大きくなり、中学や高校となれば、学費や食費、生活費は思っていた以上にかかるものです。
妻が高収入の職にでもつかない限りは、子どもを育てるのは厳しいと感じるのではないでしょうか。
介護の仕事は肉体労働でもあり、男性介護職員の場合は、その面で期待される部分も大きいです。
肉体労働を続ければ、だんだんと身体に無理が生じ始め、今は回復が早くても定年まで働けるか不安に駆られます。

引用元-介護辞めたい

男性介護士が定年まで働くには

介護職として定年まで働くことを考えているのでしたら、将来を見据えて、早い段階で何をやりたいか、どうような立場でいたいかを定めて置くことが大切だと言って良いでしょう。

介護の経験は、他の業界にはあまり役に立つことはないので、20代の内なら若さでカバーできても、30~40代になると他業界の転職は難しくなります。

もし、今介護の仕事をしていて、
施設長になりたい!
本社で勤めて経営に関わりたい!
ケアマネジャーの資格を取得して経験を積む!
多少給料が低くても、家族の理解を得て働き続けたい!

以上のようなの目標・やる気がないのでしたら、早めに転職した方が後悔しないと言えます。

勿論、介護の仕事を初めてすぐに、将来の目標を持つのは難しいですが、ある程度の期間を定めて置いて、その時までに将来の目標のビジョンが何も浮かばなかったり、介護職として頑張りたいと思えなくなってしまったら転職を検討するように決めると良いと思います。

引用元-男性介護職員の不安 定年まで働けるのか

まとめ
介護の仕事は、やりがいをもって働いていても、長く続けるのは体力的にも待遇面でも厳しい現実があるようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/monji_No2/status/715186979420262400

 - 進学・就職

ページ
上部へ