日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

      2019/03/16

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思います。そんなインフルエンザの予防接種の料金は病院などによって異なりますね。なぜ料金は病院で異なるのでしょうか?今回はインフルエンザの予防接種の料金について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種はいつ受ける?

多くの病院では10月からインフルエンザの予防接種を開始しています。
インフルエンザの流行は、毎年12月頃からはじまり1月から3月にピークを迎える事が多いため、接種後の効果が発揮されるまで2週間かかるのを考慮して、10月から11月に受けることが理想的です。
2回の接種が必要な13歳未満の方は、間隔を1〜4週程度空ける必要があるので、早めに計画を立てましょう。
遅くても、12月中旬までには受けるのをおすすめします。
ただし、12月中旬を過ぎてしまった場合も、予防効果がないわけではないので、必要に応じて予防接種を受けてください。

引用元-ミナカラ

インフルエンザの予防接種の料金はいくらくらい?

インフルエンザの予防接種は、内科や小児科だけでなく、呼吸器科、耳鼻科、皮膚科、整形外科など様々な病院や保健所などでも扱っています。

昨年2015年の全国平均は、大人が1回3000円~3500円程度、子供は1回2000円~2500円程度が相場です。

健康保険適用外のため医療機関によって値段まマチマチで、赤字覚悟で病院の宣伝の一環の1000円台から7000円台まで大きく開きがあります。

何科が安いという傾向は特にみられませんが、大病院より診療所のような小さい病院のほうが安めの傾向があります。

また、10月中は早割を設定している病院もあるので、おトクに受けられることがあります。

引用元-アズミちゃんネル

なぜ病院で料金が異なるのか

比較的安めの設定にして、患者さんを集める宣伝のように利用したり、反対に予約が着すぎないように少し高めの設定にしていることもあります。

特に、総合病院などでもともと非常に外来が混んでいて、インフルエンザの予防接種の患者さんで診療枠が埋まってしまうとほかの患者さんの診療に非常に差し支えるといったケースがあります。

そうすると、高めの価格設定になっていたり、時間枠などが設けられていることもあります。

引用元-Doctors Me

インフルエンザの予防接種には補助が出ることも

予防接種法(昭和23年法律第68号)で定められた定期接種対象者等は、インフルエンザ予防接種料金が市町村により負担される場合もあります。定期のインフルエンザ予防接種対象者とは以下のような方々です。

・65歳以上
・60~64歳で、心臓、じん臓、又は呼吸器の機能に障害がある為、生活を極度に制限されている方(身体障害者障害程度等級1級に相当)
・60~64歳で、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方(概ね、身体障害者障害程度等級1級に相当)

各地域により、制度は異なり、定期接種対象でない方にも助成が行われる市町村もあるそうなので、お住まいの市町村(保健所・保健センター)や病院に問い合わせのがよいでしょう。

引用元-インフルエンザ予防接種料金

接種後はこんな副作用に注意

接種した部位の周辺に起こる副作用

軽度の副作用として、接種部位の周辺に以下のような副作用がみられることがあります。
◼︎腫れ・かゆみ・膨張
◼︎発赤(肌に赤みが出る)
◼︎疼痛(うずくような痛み)
◼︎接種した側の腕や腕のしびれ・・・など
これらは予防接種を受けた人の10~20%にみられる副作用です。
ただし、こういった症状が全身に及んでいる場合は、早めに病院を受診してください。

全身症状としてみられる副作用

接種部位の周辺以外に副作用があらわれるケースもあります。
その場合、以下の症状が多くみられます。
◼︎発熱・頭痛・倦怠感
◼︎吐き気・嘔吐・下痢・めまい ・・・など
これらは予防接種を受けた人の5~10%にみられる副作用です。
ほかにも、頻度は高くありませんが重篤な副作用がみられる場合があります。予防接種後に異常を感じた場合は、すぐに医療機関に相談しましょう。
とくに「アナフィラキシー」は、予防接種後30分以内に起こることが多いとされています。予防接種後30分は病院で安静にすることをおすすめします。

引用元-ミナカラ

まとめ
予防接種の料金は病院によって違うのでよく確かめてみましょう。意外と皮膚科などが穴場かもしれません。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ