日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

      2019/04/05

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に害があると言われています。その中でもタバコを吸うと肌の血色が悪くなったり、肌が荒れたりすることもあるようです。禁煙した場合、肌荒れはもとにもどるのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

タバコで起きる影響とは

■あらゆる病気の危険と隣り合わせ

タバコを吸う人のすべてが病気になるわけではない。でも、タバコを吸う人のほうが吸わない人よりもさまざまな病気になる危険度が高くなることがわかっている。

●禁煙と循環器疾患

タバコを吸うと脈拍が増加し、血圧が上昇するなど、循環器系の負担は明らかであり、喫煙量が多いほど、この傾向が大きい。それはタバコのニコチンが血管を収縮させ、一酸化炭素が血管を傷つけて動脈硬化を促進させることによる。したがって、禁煙することによって心疾患を発症するリスクは半減することが厚生労働省の調査で報告されている。

●禁煙と呼吸器系疾患

喫煙は気道をとおして行われるので、呼吸器系への影響はダイレクトに現れ、その被害も甚大。従来からその有害性はおおいに指摘されてきたが、喫煙者と非喫煙者の肺を比べてみると、喫煙者の肺は明らかに表面が真っ黒で、肺組織を観察しても、肺胞にはタールが黒くたまっていることが観察される。それが慢性の肺疾患、最終的には肺がんの基になる。でも、禁煙によって肺がんのリスクは10年間で30~50%低下、禁煙年齢が早いほどリスク減少度も早いことが報告されている。

●禁煙と消化器疾患

喫煙者には特有の口臭があり、歯はヤニで黄色く変色し、その有害物質で口腔は汚染される。これが食道をとおって胃に入り、慢性胃炎や胸焼けなどの消化器症状をおこす。また、飲酒と喫煙の組み合わせにより危険は、アルコール摂取量の増加と喫煙本数の増加により食道がんのリスクが急激に増加することが明らかになっている。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの誘因にもなる。

引用元-プロのライターによる美容整形情報サイト

タバコを吸うと肌が荒れる!?

血色の悪い肌、艶のない髪、ザラザラの唇、シワシワの顔・・・。

同じ年齢とはとても思えないような顔になるのがスモーカーズフェイスの特徴です。アニメのルパン三世でおなじみの次元大介も実際にいたらおそらく凄まじいスモーカーズフェイスであることでしょう。

スモーカーズフェイスによって生成されたシワというのは、完全に消すことが難しいようです。ある程度太ることで肌にハリを持たせ目立たなくさせることは可能でしょうが、出来上がってしまったシワを消すには外科手術的な荒ワザが必要となってきます。

「俺はまだまだ若いんだ!」と勇んでいる職場にいる上司も、タバコ休憩でフッと気を緩めたときはなんとも言えない老いふけた表情になっていることでしょう。タバコは美容に悪いばかりが人間を老いに追いやってしまう毒物なのです。

引用元-禁煙応援サイト「もうやめよう!そのタバコ」

タバコによる肌荒れ改善は禁煙から!

タバコ顔の改善策はなんといっても、まずは禁煙することです。

いつまでも喫煙を続けてますと、毛細血管が収縮して酸素が欠乏し、血液の循環が悪くなってしまいます。

それも喫煙を長く続ければ続けるほど、顔も今よりも更に老化が進んでしまいます。というのも、喫煙することで活性酸素が増加し、肌荒れを起こしたり顔のシミや、シワなどといった深刻な老化の原因となってしまいます。

せっかく取り入れたビタミンCは無駄に消費されてしまうのです。

そもそも肌にとってビタミンCというものは、肌のコラーゲンを生成する際に消費されますが、喫煙しますと、せっかくの大事なビタミンCをタバコによる大量の活性酸素除去のために、消費してしまい、顔はもちろん肌の衰えが早く進んでしまうのです。

ビタミンCというのは、風邪や、ストレスといった私達の体を身を守る際にも使用されるある種の抵抗力なのですが、タバコで消費されることで、抵抗力が削がれてしまうのです。

お肌に欠かせない栄養素であり、抵抗力とも言えるビタミンC。これがタバコによって破壊されてしまっては、肌荒れどころか抵抗力すらも激減してしまうのです。

よって禁煙をして、ビタミンCはもちろんのこと、多くのミネラル、また美容に良いサプリや、美容液で顔をケアしていくことが良いです。

引用元-BINOTETUJIN

禁煙しても肌がきれいになるわけではない!?

①タバコを吸っている状態とは、マイナスの状態です。
②タバコを吸っていない状態とは、0(ゼロ)の状態です。
③タバコを吸わず、スキンケアや食事にも気を遣っている人はプラスの状態です。

つまり、タバコを止めたら肌が綺麗になるのではないのです。

タバコも吸って、生活も怠慢な方は奈落からのスタートになりますので、タバコ以外の点も改善が必要になります。

「禁煙」ということに対し、非常に大きな期待をしている方が多い印象を受けますが、タバコを吸わない人でも肌の悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃいます(むしろ女性だとそっちの方が多いかも)。

しかし、タバコに含まれるタールやニコチンは血液をドロドロにし、体内の腐敗・酸化を早める活性酸素を生み出します。そしてビタミンCを非喫煙者よりも多く使用するため、慢性的なビタミン不足になります。

ニキビ・肌荒れ・脚気・めまい・貧血など、肌トラブル以外の面でも危険を伴いやすくなるのです。確かに禁煙によって「肌」という目に見える点での効果は少ないかもしれませんが、それ以外の場所で「確実に」私たちの体へメリットを与えるものですから、希望を捨てずに、またこれを機に生活を改めるのもいいでしょう。

引用元-STOP COSME

きれいな肌を作るためにサプリメントを

きれいな肌作りに効果がある栄養素は、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCだと言われています。

手軽に摂取するためには、サプリが良いでしょう。忙しい生活で、なかなか栄養バランスの良い食事ができないという人は、不足分を補うためにサプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、野菜などから直接栄養素を取り入れる方が身体にとってメリットがあるので、サプリは栄養補給の最終手段にしてください。

【亜鉛】
亜鉛は、人間の身体には欠かせないミネラルの1つで、爪と髪を作る際のたんぱく質の合成や皮膚のターンオーバーに深く関わっている栄養素だそうです。亜鉛不足になると、ニキビや吹き出物などの治りも遅くなるので、肌荒れを早く治したい時は、積極的に摂るべきです。亜鉛は不足しがちな栄養素なので、意識して摂るようにしましょう。

【ビタミンA】
ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあると言われています。粘膜に効くので口内炎の改善などにも効果があるようです。不足すると、皮膚や粘膜の乾燥を招いてしまい、ウイルスへの抵抗力が弱まります。

【ビタミンB群】
ビタミンB群は、ニキビや肌荒れに良いビタミンと言われており、「美肌のビタミン」と呼ばれています。ビタミンB2は体内の代謝を促して皮膚のターンオーバーをスムーズに行わせて肌荒れを防いでくれるそうです。また、ビタミンB6は体内に取り入れたたんぱく質を分解してエネルギーを生成したり細胞を作り出したりします。そのため、皮膚や粘膜を正常に保つことができるそうです。

【ビタミンE】
ビタミンEは、「若さのビタミン」と呼ばれているそうです。ビタミンEには抗酸化作用があり、肌をきれいに保ってくれると言われています。他にも、肌の皮脂の酸化を防いで肌を守る機能を正常に整え、紫外線などの外部からのダメージから肌を守るそうです。

【ビタミンC】
ビタミンCは、水溶性で体内に留めておくことができない上に、体内で合成できない栄養素なので体外から毎日取り入れる必要があります。ビタミンCは、コラーゲンの生成に役立つ栄養素で、肌にハリを与えるそうです。ビタミンCにも抗酸化作用があり、肌の細胞の老化を抑制すると言われています。肌の細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑制するので、肌荒れを防いでくれるようです。免疫力を高める働きもあるので風邪予防などにも効くビタミンとして知られていますね。

引用元-welq

まとめ
タバコによる影響は肌にもでるのですね。禁煙してすぐに肌が改善するわけではないですがサプリメントなどで改善を促しましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/5745_aohige/status/738673409492541440


https://twitter.com/fujikofsso/status/730072979707727872

 - 美容・健康

ページ
上部へ