日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

バスの運転手に必要な資格は

      2015/10/29

バスの運転手に必要な資格は

自分は、バスの運転手は憧れでした。そのバスの運転手になるにはどんな資格を取らなければならないのか、資格以外に必要な物は有るのか。内容はどうなのかを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

歌が上手い人と下手な人の違いとは!?

あなたは、カラオケは好きですか?『下手だから嫌いです』という...

保険の営業方法について考える 悩んでいるあなたへ

保険の営業をする際、自分を売り込むのに必死になっていませんか...

クローン人間を作ることにメリットはあるのか?

最近「わたしを離さないで」の題材となり、話題となったクローン...

無線LANと有線LANはどっちがいい?その速度の違い

インターネットをするときに無線と有線はどちらがいいのでしょう...

お香典の金額の相場は?友人の親が亡くなられた場合

大人になると葬儀や通夜に参列することが増えていくでしょう。も...

塾講師のバイトはホワイト?ブラック?

塾講師のバイトは大学生などに人気のバイトかもしれませんが、近...

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現...

幼稚園の説明会へ!ベストな服装は?

子供が大きくなってくると幼稚園選びをしないといけませんね。幼...

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

スポンサーリンク

●バスの運転手なるための資格

全てのバスに共通して必要な免許は大型自動車第二種運転免許です。

第二種運転免許とは、バスやタクシーなど旅客を乗せて運賃をもらう場合に必要な運転免許のことで、普通自動車免許とはまた別の免許です。
大型二種運転免許を取得するには以下の条件があります。
(※なお、初受験での合格率は極めて低いとされています)

21歳以上
大型第一種免許、中型第一種免許、普通第一種免許、大型特殊第一種免許のうち、いずれか通算で3年以上経過している

さて、一口にバスと言ってもその種類は一般道を走行する路線バスから高速道路を走行する高速バス、深夜バスや観光バスまで様々です。
今度はそのあたりの違いを確認していきましょう。

【路線バスの運転手の場合】

 未経験から路線バスの運転手になるには、大型自動車を持っていれば
応募可能な求人を選びましょう。会社によっては、第二種免許を会社負担で取得させてもらえるところもあるようです。しかし、当然実務経験が必要なところもあるので注意が必要です。

【高速バスの運転手の場合】

 高速バスの運転手になるには、路線バスの運転経験がなければ採用してもらえないことが多いようです。とはいえ、中には路線バスや高速・深夜バス、タクシーなど手広く事業を展開している会社もあるので、そのようなところでは普通自動車の免許さえあれば、第二種免許は会社負担で取得させてもらえる企業も。

【観光バスの場合】

 求人の条件は、高速バスと似たような感じのものが多いですが、男女間のトラブルを防ぐということから、採用条件に既婚者でなければならないとするユニークな会社も。

引用元-【給料・労働時間】バスの運転手になるには何の資格が必要? – 行列のできるトラック相談所

●観光バスの運転手は資格だけじゃない気配りが大切

観光バスは、観光旅行や慰安旅行、修学旅行、送迎などの団体客を乗せ、高速道路や一般道を走って、目的地まで旅客を輸送します。
バスでの旅行の目的は、もちろん観光地などの目的地へ行くことですが、同時にドライブ自体を楽しむことや窓外の眺望、さらには車内での遊興なども魅力なので、走行中、乗客が楽しく過ごせるように、急ブレーキや急発進、無理な追い越し、スピードの出し過ぎなどがないよう、周囲の交通事情やバスの計器類に終始注意を払い、また車内の雰囲気にも心配りをしなければなりません。

引用元-バス運転手について

●運転手の心得

・様々な車の特徴をつかんでおく

 運転手は様々な種類の車を運転するため、車のサイズ、加速度合、ブレーキの効き具合などの特徴や違いがある。
 マニュアル車を運転する場合にはギア操作とクラッチ操作も必要だ。
 時には不慣れな車を運転しなければならない時もある。
 そのため、事前に運転する車の特徴を素早くつかみ、それに素早く順応するスキルが求められる。
 そして、本番では同乗者に不安を与えるようなことのないようにしなければならない。

・事前の道調べが大事

 運転手は不慣れな道を通ったり、行ったことのない場所に行かなければならないことがある。
 そういう場合には、事前に道を調べておくことが重要だ。
 そして、間違っても本番で道を間違えたり、道に迷ったりすることのないようにしなければならない。
 さらには、必要最小限の道を調べるのではなく、迂回路や別の道も調べておけば、急に予定変更になったり、渋滞が発生する時間帯になっても対応できる。

・話し相手や相談相手も役割の一つ

 運転手はただ黙って運転するのではなく、同乗者とうまくコミュニケーションをとることも必要だ。
 しかし、同乗者の機嫌が悪い場合には、愚痴を言われる場合もある。
 運転手はそういう時になっても、カッとならずに、冷静に運転するスキルが必要だ。
 そのためには、他人の相談役になったり他人の気持ちを理解できるようにしておくと効果的だ。

・様々な状況に対応する

 運転の仕事は暑い時期や寒い時期に依頼されることもある。
 晴天の時や悪天候の時もある。
 朝早くやることもあれば、夜遅くにやることもある。
 だからこそ、運転手は運転前に何がありそうなのかを予測し、いかなる条件であっても冷静に、安全に運転をすることが大事だ。
 暑い日には運転前にあらかじめ窓を開けて、内部が必要以上に熱くならないようにする配慮も求められる。
 雨の日にはブレーキをかけてから止まるまでの距離が長くなることも念頭に入れておかなければならない。

・待ち時間を有効活用する

 同乗者がイベントなどに参加している間、運転手は車の中でじっと待機していることが多い。
 それに備えて、僕は待機中に道を調べたり、本を読んだりすることが多い。
 時には自分もイベントに参加することがある。

・二酸化炭素削減に貢献する

 車を運転する以上、運転手は二酸化炭素を排出しなければならない。
 しかし、アイドリングを防止したり、急加速をしないように工夫することで、排出量を減らすことができる。
 これからのご時世の運転手は、このようなことを念頭に入れた上で運転することも求められる。

引用元-運転手としての心得 – まとめ

●どんな人がバスの運転手に向いてるの

真面目にコツコツとがんばれる

あまりに乱暴な人や根気がない人は、運転手には向いていないかもしれません。運転手は、いかなる場合も落ち着いて、確実な運転を心がける必要があります。

適当な運転をしていると、命に関わる事故を引き起こす可能性があるため、各バス会社やタクシー会社などでは、運転手として仕事を始める前に適性テストを実施しています。

テストの内容自体はさほど難しいものではありませんが、何でもいい加減に取り組むのではなく、教わったことに対して常に真面目に取り組める人が運転手には向いています。

日々、運転技術を磨こうという向上心も大切です。

人と接するのが嫌いでない

とくにタクシーやバスの運転手は、ただ車を運転するだけではなく、お客さまとのやりとりも頻繁に発生します。

中には人と話すのがあまり得意でない人もいるかもしれません。運転手は決して話上手である必要はありませんが、いつもお客さまのことをきちんと考えて安全な運行に努めることと、真摯な対応をとることが何よりも大切です。

人と接するのが嫌いでなければ、仕事を通じて徐々にお客さまとのやりとりにも慣れていくでしょう。

ストレスに強い

運転手の仕事は、肉体的にも精神的にもハードです。長時間座って運転し続けなければなりませんし、会社によっては勤務時間が不規則だったり、拘束時間が長いです。

渋滞などにハマってイライラすることもあるでしょう。その中で、いつも時間や安全を気にして運転しなければならないので、精神力も要します。

プレッシャーが大きな仕事なだけに、強い心と体を持っているに越したことはありません。

引用元-運転手(バス・タクシー・トラック)に向いている人、適性 | 運転手の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

●資格まで取ったその内容は

バス運転手の年収の平均は、440万円でした。(厚生労働省調査賃金構造基本統計調査)
平均年収推移は419万円~440万円となっています。
お給料(月収):約31万円

【バス運転手の仕事内容】
市営、民営など、路線バスとして、主に決められた路線を往復するバスの運転手になります。
観光バスなどは、個人事業主となり、運転手そのものの給与ではないことが多いです。
かつては公務員として高給だった路線バス運転手ですが、最近は民間委託や、嘱託社員、アルバイト運転手なども増え、乗客の減少で給与水準も下がりつつあります。

引用元-バス運転手の年収を徹底解説!平均440万円でした!|平均年収.jp

まとめ
資格だけではなく、心構えや性格の向き不向きもあるんですね。どの仕事も好きでないと続かないし、覚悟が必要。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ