日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

新卒で生命保険に加入する時に気を付けておきたいこと

      2016/01/13

新卒で生命保険に加入する時に気を付けておきたいこと

新卒で社会人生活が始まります。親元を離れて一人で生活を始めると万が一に備えて保険の加入を考える様になります。数多くある保険からどの保険に加入すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホ...

新幹線をキャンセル!乗車券の払い戻し

新幹線を予約していて、急に乗ることができなくなることあります...

気になる人を女性から誘う場合、どんな店を予約したらいい?!

気になる人ができたら、一緒に食事に行ったりしたいと思いますよ...

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足...

バレンタインの義理チョコへのお返しは?いらないと言われたらどうする?

バレンタインのお返しで悩むのは義理チョコへのお返しですね。最...

体育教師になるにはどの大学へいけばいい?

どうすれば体育教師になれるか知っていますか?どんな大学に行け...

司法書士と弁護士、統合は必要か?

弁護士と司法書士、どちらも法律に関係した仕事ですが、できる仕...

小学校の卒業式は何を着る?男子の場合

6年間通った自分の子供の小学校の卒業式は親としては感動もひと...

スポンサーリンク

●新入社員は生命保険と国民年金に加入するべきですか?

生命保険は、今すぐでなくても20代後半には加入したほうがいいでしょうね。親御さんも年取ってくるし、結婚とかもするでしょうし。
費用は、若い間は安いので、内容にもよりますが、8千円~1万円前後だと思います。(もっと安いものもありますが)。30を超えると1万円超えると思います。
ちなみに私は27歳の時に加入しました。
国民年金は、厚生年金に入ってる場合は、支払う必要はありません。
年金には、国民年金、厚生年金、共済年金の3種類があって、どれかに入っていればいいんです。

引用元-今年から新卒で働いているのですが、生命保険には加入したほうがいいので… – Yahoo!知恵袋

●そもそも新卒に生命保険は必要か?

社会に出たばかりの10代・20代の新卒者、新入社員に保険は必要か?

高校や大学を卒業して社会に出たとき、少し気になるのが生命保険のことであろう。親に守ってもらっていた身から、自分のことは自分で守らないといけない身になったときに、1つの責任として生命保険の加入を考えることだろう。そのようなことを考える人というのは、相当に少数だと思うが、それに気づいた人はよく考えている人だろうと私は思う。

死亡ではなく万が一病気やケガで働けなくなった場合に備える

もちろん新卒者や新入社員の多くは、独身で、誰かを守らなければならないということもないだろう。したがって、死亡に備える死亡保険ではなく、医療保険程度で十分だろう。医療保険についても高額療養費制度などもあるため、多くの貯蓄がある場合などはそれも不要だ。お給料の半年分から1年分程度の十分な貯蓄ができるまでの間でいいのだが、最低その期間までは自分が病気やケガになった場合に備えて医療保険に加入しておくべきであろう。

引用元-10代・20代の新卒者・新入社員はどんな保険に加入しておくと良いか?そもそも保険に加入する必要があるか? | ときどき考える保険のこと

●新卒が加入するならこんな生命保険がいい

新入社員が入るべき保険は?

では、新入社員が入るべき保険とはどういったものでしょうか。
それは、終身タイプの医療保険(終身医療保険)です。
 
理由は、3つあります。
・医療保険は人生で必ず必要になる
・終身医療保険は若いうちに入ると格安の保険料で一生涯の入院時の保障が得られる
・死亡保障は、万一の際に困る家族がいなければ加入する必要がない
 
こうした理由から、新入社員が入るべきは、終身タイプの医療保険です。
 

保険は誰から加入するかも重要

保険は、誰から加入するのかということも重要です。
保険会社の外交員さんから、保険に加入するのはリスクが高いです。
というのも、外交員さんは自社が扱う保険しか提案されないため、他社との比較ができません。
医療保険などの自由化が進む前であれば、それでもあまり問題なかったのかもしれません。
 
しかし、現在では、特徴の異なる多くの保険が発売されています。
他社の方が保障が手厚くて、料金も安いということもよくあります。
 
そのため、保険に加入する際には、複数社の保険を取り扱うことができるFP(ファイナンシャルプランナー)さんから加入するのが良いです。
実際に、私は、無料保険相談会社のFPさんに保険のことを相談して、保険に加入しました。
FPさんは、20社以上の保険を取り扱うことができたため、その中から私にピッタリの保険を提案してくれました。
 
結果として、今は加入した保険の内容にとても満足しています。
加入後も、各種手続き関係でいろいろとお世話になっています。
 
FPさんは、人生設計の専門家でもあるため、その人の生活に合った保険を提案してくれます。
今、自分にはどういった保険が必要かわからない場合にも、力になってくれます。

引用元-新入社員に忍び寄る保険勧誘~その保障本当に必要ですか?~

●新卒が加入すべき保険の内容

最低限の死亡保障は終身で確保

保険は高い買物。将来も見越してじっくりと選びたい
新社会人にとって必要な死亡保障は300万円程度。扶養家族がいないため、お葬式代などの身辺整理のお金だけでいいということです。では、死亡保障の保険はどのように選べばいいのでしょうか?

基本的に、終身保険で300万円程度の保障を選ぶのがいいのではないでしょうか? 生涯に渡って必要となる保障を終身保険で確保するという考え方です。

定期保険・特約はつけない

結婚をしたり、子どもが生まれたりとして、必要となる保障額が上がった時は、定期保険や共済保険などで上乗せをすればいいのです。また必要な保障額が減った場合は減らしていきます。

こうすると、無駄な保険に加入することなく保険の見直しも容易にすることができます。基本は、最低の生涯保障を終身保険で、プラスアルファ分は定期保険や特約を付け足すということです。

ただし、今は予定金利が低いので、積極的に終身保険に入るという姿勢でなく、最低限の保障を得るという考えで選ぶといいでしょう。 決して、特約や定期保険分を上乗せしないようにしましょう。

終身保険は若い時に加入すると保険料が少なくてすむという利点もあります。 また、病気などになって保険に入りたい時に自由に入れないという事態も考えられます。まずは、安い保険料で入れる時に保障を得ておきましょう。

医療保険も終身がおすすめ

医療保険はどのように考えたらいいのでしょうか? 医療の保障は、死亡保障より重視して考えるのがベターです。死亡のリスクより病気のリスクのほうが高いからです。

そして、医療保険も終身保険がおすすめです。理由は、生命保険と同じで、病気になって入れなくなる前に入る、保険料が安いうちに入る、最低の保障を生涯に渡って得るということ。

医療保険は日額5,000円は確保したい

医療保険は最低でも入院日額5,000円は入りたいところです。日帰りや1泊2日などの短期入院の保障は必要ないでしょう。あくまでも、入院費用が高額になるリスクに対して、保障が得られるものを考えましょう。

終身医療保険で、入院日額5,000円。日帰り入院などの特約もいれずにシンプルな保障でいいでしょう。

いかがでしたか? すすめられる保険内容とはかなり違うものとなったと思います。あくまでも、必要な保障を見極めて、その部分だけ保険に加入する姿勢が大切です。新社会人は、まずは生涯に渡っての最低限の必要保障を得るのがおすすめです。

引用元-2/2 新社会人が入るべき生命保険と医療保険 [仕事・給与] All About

●加入する生命保険の選び方

 生命保険の一番の機能は残された遺族への生活保障の意味合いです。恐らく現在あなたに万が一が遭っても路頭に迷う人はいませんよね、であればまず死亡保障を考える必要はありません。
 次に医療保障ですが、これは今からベースとなる医療保障を考えるべきと思います。ベースとしては終身型で、返戻率が高いもの、これをお勧めします。医療保障、単体で加入すると医療保険と言われる物になりますが、保険料は決して安くありません。例えば、月々5000円くらいの保険料の医療保険ってゴロゴロありますが、あなたが60歳まで支払うと220万近く支払うわけです。220万貰うには何日入院すれば元が取れるか、よほどの事ですよね。元を取るには、返戻率が高い医療保険を選ぶ事です。先んの220万が掛け捨てなら何も戻りがありませんが、解約すると220万そのまま戻るタイプなら、入院時に貰うだけ貰って解約すると元が取れます。多くの医療保険では元が取れないですから、元が取れそうなものをお勧めします。(実際に払込後に払込以上の返戻金がある医療保険は存在します。)
 死亡保障も考えようによっては加入してもいいかもしれません。主に損保系生保(東海系の生保子会社)が扱う終身保険に、T社のペットネームで長割り終身というのがあります。銀行の定期積み金では現在0.01~0.4%の積立利率です。長割り終身は1%相当にもなります。貯蓄目的には良いです。(T社よりも返戻率の高い損保系生保もあります。)
 貯蓄型の生命保険は若いメリット(保険料が安い)が活かせます。ちなみに、掛け捨て型は若いほうが安いわけではありません。

引用元-生命保険の選び方入り方- 生命保険 | 教えて!goo

まとめ
保険は安く無いので、自分の目的に合ったベストマッチの保険に入ろう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ