日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

面接で緊張するあがり症のほぐし方

      2016/01/14

面接で緊張するあがり症のほぐし方

何かを決める大事な瞬間って、滅茶苦茶緊張しますよねぇ。私なんかあがり症で頭は真っ白、足はガクガクは毎度の事です。自分なりに幾度も面接の練習を繰り返しますが、イザ本番でチョットでもミスるともうダメです。効果的なほぐし方って無いのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●面接直前で緊張のほぐし方

就活で最も緊張する場面といえば面接。でも「緊張のあまり頭が真っ白」なんてことになっては、せっかくの自己アピールの機会を無駄にしてしまうことに。そこで、面接の直前に緊張をほぐし、心を落ち着ける方法について、心理カウンセラーの根本裕幸さんにレクチャーしていただきました。

●呼吸に意識を向ける

緊張をほぐすための最も簡単な方法は、呼吸に意識を向けることです。とは言え、ただ深呼吸をすればよいというわけではありません。深呼吸というと「吸う」ことから始めるのが普通ですが、緊張状態にあると必ず呼吸が細くなり、特に息が吸えなくなります。だから「吸う」よりもまず「息を吐き切る」ことから始めるのがポイント。息を吐き切れば自然と肺は息を吸い込みます。このことを念頭に、次の手順で呼吸をしてみましょう。

【1】まずは肺にある空気を吐き切る。そして吐き切ったところでゆっくり5秒数える
【2】次に息を吸い込む。胸いっぱい吸って息を止めて、またそこで5秒数える
【3】さらにまた息を吐き出し、5秒数える。この吐いて5秒止めて、吸って5秒止めて、を繰り返す

息を止めると苦しくて緊張状態になりますが、吐き出したり、吸いこんだりを繰り返すことにより緊張から緩和状態になります。こうして緊張と緩和を繰り返すことで、副交感神経を優位にし、リラックスした状態を作り出します。この呼吸法を3分~5分続けてみてください。

●自分自身への声掛け

心は禁止されると、余計にそのことが強化される特徴があります。すなわち、「緊張してはいけない」と思えば、余計に緊張してしまうのが心の自然な動きなのです。だから、「緊張してもいいよ」あるいは「緊張するのは当然だよね」という言葉を自分自身に投げかけてあげて、緊張していることを認め、許してしまうのが効果的です。そして「今、できることをしよう」「自分にできることしかできない」などと自分自身に言い聞かせます。声が出せない状況ならば、その言葉を頭の中で意識的に反芻してみてください。そもそも緊張というのは「うまくできなかったらどうしよう」「恥をかいたらどうしよう」「落ちたらどうしよう」という「未来」に意識が向いてしまうことが原因です。未来をコントロールすることは私たちにはできません。だから、「今」に意識を向けることで、自然と緊張はほぐれていくのです。

引用元-心理カウンセラーが伝授! 「試験」や「面接」直前で緊張をほぐす簡単テク3 | 就活hack | 就活ノウハウ | 就活スタイル マイナビ 学生の窓口

●面接会場に行く前にからだを動かす

ストレッチをしてリラックス

心と体は密接につながっています。
緊張しているときは体もカチコチに固まってしまっているものです。
ですので、面接の前に時間があれば軽くストレッチをして体を柔らかくしておきましょう。
さすがに会社内でやってしまうと周りの目が気になってしまうので、近くの公園などでやるのが良さそうです(笑)

軽く運動をする

ストレッチと少し似ていますが、軽く息が上がるぐらいの運動をするのは緊張をほぐすのに効果があると言われています。
私の友人の話になるのですが、
面接会場が分からず迷子になってしまい、全力疾走でとにかく走り回ったそうです。笑
その甲斐あってなんとか会場にたどり着けたのですが、
走ったことで緊張する事なく面接に臨む事ができ、先の選考に進む事ができたんだとか^^かといって毎回全力疾走していては体が持たないので、軽くジョギング程度にとどめておきましょう(笑)

引用元-【就活】面接の緊張をほぐす方法!あがらない7つの対策 | メンズタイム

●面接の緊張のほぐし方第1位

最後に面接での緊張をほぐすのにも役立つ第1位をみていきましょう。

その方法は、自分が面接などで評価されると思わずに、自分が相手を評価する気持ちになると落ち着きます。

どうしても、面接官の人から評価される、上司などから評価されると思うと、いい自分のいいところをださないと!と気負ってしまいます。

それは向こうが評価する側で、自分が評価される側という意識があるから起きてきます。

でも、あなたもその会社を選ぶ権利はあるし、条件が合わなければこちらからお断りしてもいいのです。

なので、あなたも面接の相手を評価するぐらいの意識(本当に評価する必要はありませんよ!)、正確に言うと対等な立場でお話をする、という意識になると緊張する必要がなくなりますよ。

引用元-緊張をほぐす方法をランキングでチェック!試験や面接の時にはこれ! – ブログデラックス

●緊張症がするほぐし方 面接編

◆自分の状況を説明する

緊張は隠そうとすると、余計カチコチになってしまいます。なので、逆に、緊張していることをさらけだすのです。面接で緊張しすぎてもうだめだと、思ったら、素直にそれを告白しましょう。言ってしまうと、開き直れますし、面接官も緊張をほぐそうと工夫してくれることもあります。自分は、緊張でどうしようもないとき、「手が汗でベタベタになるくらい緊張していますが…」という切り出しで、話していました(笑)。

◆過去1番の恥ずかしかったことを思い出す

今まで生きてきた中で、顔から火がでるくらい恥ずかしかったことを思い出してください。中学生のとき好きな人をばらされたこと、カラオケで間違って女子トイレに入ってしまったこと、電車の扉にはさまれて助けられたこと…などなど、なんでもよいです。今思い出しても恥ずかしくて赤くなってしまうようなことを思い出しましょう。そうすると、面接なんて、どうでもよくなります(笑)。意外と、これが一番効果あったりします(!)

引用元-【就活生の方へ】極度の緊張症が語る!面接で緊張しない方法! | ブレイキングニュース|就職ブレイキングニュース

●トップアスリートだって面接は緊張する

 トップアスリートも本番前にはガチガチに緊張するんですね。でも、ここに登場する一流の人たちは、緊張をほぐしたり、緊張しすぎないようにしたり、緊張感をモチベーションに変えたりする「技」を持っています。

 3人とも、試合のためにたくさん練習をしてきた自信を胸に試合に臨んでいます。みなさんの中にも、企業研究や自己分析など、これ以上できないというほどの準備をしてきた人がいるでしょう。田中さんのように自分を思いっきり褒めたり、石川さんのように「もったいない」という気持ちをもったりして、自信をもって面接を受けてください。

 もう一つ、誰にでもできる緊張対策が「ルーティーン」です。大畑さんが試合前に毎回、観客を見たり、カメラの位置を確認したりしていたのがそれです。田中さんが他の選手を気にしないためにも行っていた「出番まで大好きな歌を歌う」のも同じですね。大リーグのイチロー選手が試合前に毎回同じように準備体操やキャッチボールをし、打席ごとに同じ動作をするのは有名ですが、これもルーティーンです。

 数十年前に就活した私にも、企業の面接の前にするルーティーンがありました。面接前には身だしなみチェックも含めてトイレに行きますよね。そのついでに鏡の前で、「ウオーッ!」とか、「よし、絶対通るぞ!」などと心の中で叫びながら、「俺を採らずに誰を採る!」という気合を込めてガッツポーズをとりました。もちろん周りに人がいるときは拳を握る程度に控えめにしましたが、決まり事をすることで緊張感をほぐしつつ、意識してモチベーションを上げたわけです。「就活体験リポート」や「先輩!教えて」に登場する先輩内定者の中には、面接前はいつも好きな同じ曲を聴いていたという人がいます。「なおこの就活道場」を書いているフッキーは、好きなプロレスの入場曲を聴いて気合を入れていたそうです。

引用元-面接の緊張ほぐすワザ アスリートに学ぼう! | 就活ニュースペーパーby朝日新聞 – 就職サイト あさがくナビ

まとめ
色んな方法が有りますが、結局は心の持ち方なんですね。自分に合った方法を見つけて面接を成功させて下さい。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ