日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

社会の歴史が苦手!暗記法や覚え方について

      2016/01/16

社会の歴史が苦手!暗記法や覚え方について

中学、高校と勉強が大変になってくると思います。様々な教科がある中で、やはり暗記が大変になってくるのは社会の歴史なのではないでしょうか。覚えることが多すぎて、まったく頭に入ってこないという方も多いと思います。いい覚え方はないものなのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

メルカリの商品を郵便局で発送!トラブルを防ぐには?

最近はメルカリというフリマアプリを利用している人は多いですね...

犬の去勢手術後に気を付けることは?術後に痛みはある?

犬の去勢手術は、健康面やトラブルの防止の面でも重要な手術です...

郵便局で荷物を送るには?送り方を紹介!

郵便局を利用して荷物を送る方法にはいくつかあります。その荷物...

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

スポンサーリンク

●社会の歴史など覚えられない理由を頭の悪さにしない

勉強とは「覚えること」が中心です。

・漢字を覚える
・数学の公式を覚える
・歴史の登場人物の名前を覚える

覚えることが山ほどあり、爆発しそうになります。
「だめだ、覚えられない! もともと頭が悪いからいけないんだ」
ちょっと待ってください。
諦めるのはまだ早すぎます。
いきなり勉強をするのは大いに結構ですが「勉強法」を意識して進めていますか。
頭が悪いから覚えられないのは間違いです。
単に、覚え方が悪いだけです。
勉強には「うまい覚え方」というのが存在します。
「覚えやすく忘れにくくなる方法」ということです。
勉強法を知るということは「頭の使い方がうまくなる」ということです。
暗記に頼り、やみくもに勉強を進めるのはよくありません。
限られた時間の中で最大の結果を発揮するためには、やはり「効率」を意識する必要があります。
それが勉強法です。
いきなり勉強を進めるのではなく、まず先に勉強法を学んでから勉強を進めるほうがスムーズです。
たとえば「寝る前に覚えたことは忘れにくい」という法則があります。
寝ている間は目をつぶって情報が入ってこなくなるため、脳に記憶が定着しやすくなるからです。
「音読をすれば覚えやすく忘れにくくなる」という勉強法があるのをご存知ですか。
黙読だけであれば視覚しか使わないので刺激が小さくて忘れやすくなりますが、音読をすれば、複数の感覚を使うことになります。
目で文字を読み、声を出すために口を動かし、出した声を耳で聞くことになります。
複数の感覚器官を使うことで刺激が大きくなり、覚えやすく忘れにくくなります。
そのほか「予習より復習に力を入れる」という勉強法もあります。
たったこれだけのことでも、きちんと意識して実行していれば、勉強はスムーズにはかどります。
知っているかどうかの違いで、結果は大きく変わります。
もちろんこのほかにもたくさんあります。
上手な覚え方といったたぐいの本は、本屋にいけばたくさん置いてあります。
自分に合った勉強法の本を1冊買って、ぜひ一度参考にしましょう。
小さな努力で、大きな結果を出すことができるようになるのです。

引用元-HappyLifestyle

●歴史をの勉強、覚え方のコツ

暗記がどうもうまくいかない、特に世界史、日本史の歴史が。

という受験生のみなさん、本日は日本史、世界史における暗記のコツを記載します。
まず、大まかな時代の流れを覚えましょう。
個々の事件、年号を必死で覚えていっても、それは厳しいにもほどがありますよね。
時代の流れを頭の中で捉えましょう。
そのあとに、時代毎に細かく暗記したほうが効果あります。

なので、まずは年表を見ましょう。
そこからざっくばらんにこんなことがあった、あんなことがあったと自分の中にインプットさせるのです。
そして、次に大きいと判断できる事件や事柄を暗記し、最後に細かく暗記するといいでしょう。

また小説を読むかのように教科書を繰り返し読むことも効果有ります。
細かく覚えられたところで問題集を活用しましょう。
何冊も手は出さず、2冊くらいに絞って繰り返し勉強する方がいいかと思います。
暗記にお悩みの方、参考にしてくださいね。

引用元-暗記方法ガイド

●社会(特に歴史)の覚え方を教えて下さい!(Q&A)

歴史には三つのアプローチがあります。
1 大きな流れ:国の制度、土地の所有者、支配者層、革命、天変地異、戦争などは、大きな歴史上の順序と、その理由や影響などを知り、そのあと年代へ。
2 人物:教科書に載るような人物の名前、やったこと、かかわった人物、ことを起こした年。その人の人生。
3 細かい年号:法律の制定、戦争開始・終了。支配者の転換年。
 
特に面白いのが、歴史上の人物を好きになること。授業だったら、今やっている年代の100年先の人物をさがそう。特に、戦国武将や幕末には魅力的な人物がいっぱいいるので、その人物を知り、やったことを知り、知り合いを調べ、小説を読み、その人物の仕事の成果を知る。信長や龍馬の仕事は、やはり魅力的です。
(日本史の苦手な私でも、室町から江戸時代の初めと、幕末から明治にかけての成績は抜群でした。司馬遼太郎のおかげです)
なにごとも、すきになることが一番だと思いますよ。

引用元-人力検索はてな

●「社会は暗記だ!!」とか言うんです。もっとも簡単なんで覚えやすい暗記方法はあるのですか?

社会の教員免許を持っているので、社会の覚えるコツを教えましょう。

【用意するもの】

1.学校が支給している教材のワーク
2.ボールペン
3.大きな文房具屋(東武や西武や三越百貨店やデパートに入っている大型文具店)で売っているグーパンチ程度の大きさの単語カード(横に太いタイプの単語カードで値段は1つ150円程度です)←※社会の場合は表や地図など絵がでかいので、普通のカードでは描きにくいので、幅が広いカードが必要になる

【勉強方法】

まずはワークを『ノート』に解く。そしたら、解いたものを採点します。その中で当たるものが出てくるはずですので、『一回目に解けた問題』は絶対当たる問題ですが、まずはワークのところに当たった問題には○を、はずれた問題には×をつけます。

次に、×をつけた問題を単語カードの表面に問題を、裏面に答えを書き、さらに問題を書いた表面の空いている部分に『×』を記入してカード化してしまいます。

そして、カード化したものを漢字や単語の書き取りの要領で問題と答えを三回ずつ書き取りしてください。その際に、必ず『問題→答え→問題→答え→問題→答え』というように『声を出しながら書き取り』してください。

さらに書き取りが終わったら、カード化したカードでまた問題を再び解いてみてください。そうすると、今度は一回目にはずれた問題数よりもぐっと少なくなっているはずですが、全部は当たらないはずです。そしてまたはずれたものには×、当たったものには○をつけてください。二回目の場合は表面に××または×○と記入されているカードばかりになるので、今度はまた××と記入されているカードを書き取りしてみてください。ただし、今度は××なので、三回の倍の六回声に出しながら書き取りしてください。

・・・という調子でとにかくすべてのカードに一回は○がつくまでやりつづけましょう!全部当たったら、そのその日はカードでの勉強をやめます。またある程度時間が経過したら、一回でも×が記入されているカード全てで問題を解いてみてください。

その繰り返しです。頭で覚えるというよりは、身体で覚えてください!

引用元-教えて!goo

●世界史を覚えるなら「歴史の記憶術」

世界史の学習は、日本史と比較して、じつは難しい歴史になります。
暗記量が多いだけでなく、地理的な関係も覚えていく必要があるため、日本史以上に時間と労力がかかります。そのため、世界史を苦手としている人が多くなっています。

しかし松平勝男さんの「歴史の記憶術」なら、世界史を効率よく覚えられるようになります。
「歴史の記憶術」は、世界史・日本史といった歴史の暗記専門の記憶術です。

歴史を効率よく覚えるコツがたさくん載っています。
世界史を短時間で暗記したいなら、松平勝男さんの「歴史の記憶術」は必読でしょう。

世界史はこのように攻略する

世界史を記憶術で覚える際、まず下準備が必要です。
それは、世界史を暗記するコツになります。
以下に、少し世界史を記憶術で覚える際の攻略法を紹介しましょう。

近代ヨーロッパを覚えるときには特別な視点が必要

近代ヨーロッパは、絶対王政の時代ですね。
重要な視点は、王様が強くなるためには、お金が必要なのですが、このお金をどうして得たのかです。
さらに、他の貴族の力が、王様よりも弱くないといけないのですが、他の貴族が何故弱くなったのでしょうか。
近代ヨーロッパ史では、これらが重要なポイントなのですね。

世界史の用語が覚えられない理由

世界史の用語は日本語ではないため、覚えにくいものです。
漢字で書かれた言葉、聞いたことのある英語的な音ならまだしも、用語が、覚えにくいですね。
しかし簡単に世界史の用語を暗記する方法があります。

世界史は革命を意識してを記憶するのがコツ

革命といえば、「フランス革命」ですね。
実はアメリカ独立戦争の「市民革命」の影響を受けて起きています。
では何故フランス革命のほうが有名なのでしょうか。
これは、フランスは「王政」「共和制」「帝政」などの政治体制を経験している為、多くの研究書が発表されているからです。
そのために「革命といえばフランス革命」となっています。
このように、大きな政治体制の変革にだけ注目すれば、世界史は分かりやすくなります。
また、世界史の肝といわれている東西交渉史を記憶するコツも「歴史の記憶術」では公開されています。
東大などの論述形式の入試を課すところでは東西交渉史は重要なテーマですので、苦手対策にもなりますね。

「歴史の記憶術」は、筆記試験、論述にも役立ちます。
まさに、世界史攻略の切り札ですね。

引用元-現代記憶術で暗記力と記憶力をアップ

まとめ
勉強はコツをつかめば簡単に暗記することができます。自分にあった暗記法を試してみてください。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ