日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

無線Wifiルーターの通信速度が遅いときの対処法

      2016/01/17

無線Wifiルーターの通信速度が遅いときの対処法

最近では速度が速いものも出てきて有線よりも使い勝手が良くなってきています。でも、使っていると遅いと感じることも少なくありません。原因はルーター意外に何があるのでしょう。、

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

●無線LANが遅いときの対処法

Wi-Fiの電波は壁で遮られたり、距離が離れたりすると弱くなります。

ネット接続の調子が悪いときは、インターネットへつなげる電波を発する親機(無線LANルータ、モバイルルータなど)とパソコン、スマートフォン、プリンタなどの子機との接続状態や距離を確認してみましょう。

親機との距離を縮めることで、つながりやすくなったりします。目安は、子機がWi-Fiを拾っている電波の状態を示すアイコンです。一般的にそのアンテナの本数が多いほど電波をキャッチしています。

親機と子機が距離れている場合は、中継器を使ってみましょう。たとえば、家の1階に無線LANルータを設置している場合、2階では電波をキャッチしにくいものです。

届きにくかった場所とルータの中間付近に中継器を設置すれば、家のすみずみまで電波が届きやすくなります。

無線LANルータや中継器を買うとき、製品に記された接続距離の目安を確認しておきましょう。

引用元-Wi-Fi(無線LAN)が途切れる、遅い、つながらない・・ときの対処法まとめ|エンジョイ!マガジン

●遅いときは無銭LANルーターを再起動が有効

再起動

PCと同じように、無線LANルータも再起動で問題が解決することがある。記事によると、「ルータと端末間のIP接続」あるいは「ルータとインターネット間」に問題が発生しているために、速度が落ちていることがあるとのこと。その場合、ネットワークプロセッサ、無線通信などすべてをリブートできる再起動が有効な手段となる。

無線LANルータにリセットボタンがある場合は、数秒間押せば再起動できる。リセットボタンがない場合は電源コードを抜いて、30秒ほど待ってから再度電源を入れるとよいとのこと。

引用元-無線LANが遅い時、最初に試したい6つの対策 | マイナビニュース

●無線周波数の干渉が疑われるときはルーターの位置を変えてみよう

同じ無線周波数を持っているコードレスホン、電子レンジ、無線を使用するワイヤレスのスピーカーやヘッドホン、ワイヤレスのキーボードやマウスなど、何かが干渉している可能性もあります。そのため、無線LANルータの場所を変えてみたりして、様子を見てみましょう。特に新しい家電や製品を買ってきてから如実に速度が低下した場合、明らかに原因はその製品ですので、距離を取ってみたりすると露骨に改善する場合があります。

引用元-無線LANの速度が遅いという問題を解決するための5つの方法+α – GIGAZINE

●遅いのは無線ルーター機器が抱える他の原因

1、根本的に元の回線が遅い場合

意外かも知れませんが、実は、「無線LANが遅い」という相談を受けた時の原因として、元々の回線の速度が遅いというものが一番多いです。

そもそも有線LANのアクセススピードが遅い場合には、根本的に契約回線を見直す必要がありそうです。
光回線で契約をしていてもベストエフォートと言われる「マンションタイプ」などの場合、時間帯によっては、同じビルの入居者によるインターネットへの接続状況によって回線のスピードが変化します。

当然、アクセスが集中すると回線のスピードが落ちてしまいます。

2、接続機器の同時使用台数が多い場合

あくまでも単純計算ですが、インターネットの回線が1本の所に無線LANのアクセスポイントを設置して、5台のパソコンで同時にインターネットにアクセスすると、スピードは約1/5に落ちることになります。

#数年前、一般家庭向けのBulffaloの無線LANアクセスポイントで同時接続のテストを行ったことがあります。その機種は64台まで同時接続はできるものだったのですが、16台~20台以上になるとアクセスポイント自体の処理が追いつかず、ハングしてしまう状況が頻発しました。

一般家庭向きの無線LANアクセスポイントの場合、経験上、業務としてある程度使えるのは、機種にもよりますが、5~10台が一つの目安だと思います。

それ以上の台数で同時接続するためには、アクセスポイントを増設して負荷を分散するか、50台程度でも安定して利用可能な法人向けのモデルに置き換えるという選択肢になろうかと思います。

#いずれにしても、同時アクセスはできたとしても、アクセスポイントのその先のインターネット回線が太くないと、一台ごとの速度は遅いものとなってしまう点にはご留意ください。

引用元-無線LAN=WiFiが遅い、不安定なときの傾向と対策 | 情報環境コミュニケーションズ

●5GHz対応の無線ルーターとPCに変える

2.4GHzで無線LANを利用している場合、チャンネルの状況をチェックしてみてあまりにもたくさんの電波が飛んでおり、チャンネルの重複によって不具合が発生しているようでしたら、5GHzの周波数帯域を使用する「IEEE802.11a」を用いるように環境を変えることで改善を図れることでしょう。

最近の機種は廉価で高性能/高機能化が図られています。一方で、かなり古いアクセスポイントの場合、暗号化機能がぜい弱で簡単にネットワークに侵入されてしまう恐れがある場合もあります。
無線LAN環境の見直しを機に、新しい無線LANアクセスポイントに買い替えるのも一つの選択です。

ただし、パソコンなどの接続機器の方が「IEEE802.11a」に対応しているかどうかが問題です。
現在販売されているパソコンでも、低価格の機種では、対応していない場合もあります。
この場合、たとえ5GHz対応の無線LANアクセスポイントを導入しても、5GHz帯の電波をつかむことはできません。

そのような場合、「IEEE802.11a」対応の無線LAN子機を用いればOKです。USBポートに挿すだけで使える超小型の子機もリーズナブルな価格になってきています。

引用元-無線LAN=WiFiが遅い、不安定なときの傾向と対策 | 情報環境コミュニケーションズ

まとめ
一つずつ削除法で解決していくほかはなさそうです。古いルーターは思い切って変えてみるのも良いかも知れません。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ