日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

警察官採用試験の対策や勉強法について

      2016/01/22

警察官採用試験の対策や勉強法について

警察官を目指している方も多いと思います。今勉強している方やまだ初めていない方など、どのように勉強したらよいのかわからないのではないでしょうか。そこで今回は警察の採用試験での勉強法や、対策について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

●警察官採用試について

警察・消防・市役所等の公務員になるために必要なのは何かわかりますか?
学力・体力(受ける職種にもよります)・会話力(面接)が必要になります。
何が一番必要かご存知ですか?
今最も最重要視・最注目されているのが会話力(面接)です。
以前までは学科が重要視されていました。
って事は、最終合否にも関係していました。
ですが、今は会話力(面接)が重要視されています。
ってことは、最終合否に学科は関係なく会話力(面接)のみでおこないます。
最近公務員の不祥事が多いため採用のやり方が変わりました。
一般企業でも変わりつつあります。
学科の倍率約1.3倍!面接の倍率約6.8倍!(兵庫県警)
学科を教えてくれる専門学校・塾・キャリヤサポート等は、学科がメインで面接はおまけですが、今は面接がメインで学科はおまけになってきています。
学科試験等行わず、面接試験だけでもいいのですが、それでは人数が多すぎて大変
なので、ふるいにかける為にやっています。

試験対策の一部

1・学科対策
公務員の学科試験問題を作成しているのは、警察なら警察官・消防官なら消防士・市役所なら市役所員が作成します。
大学の教授や専門の方が作成回答するわけではなく、警察官・消防士・市役所員が問題を作り回答します。
なので難しい問題を作ったり回答(論文・作文)をすることが出来ません。
(実際に問題・回答をしていた人の話を元に)
なので、問題は本屋に売っている過去問題集をみて作ります。
過去問題集を3冊程度すればおのづと合格の道は開けます。
わからない問題は、母校にいって聞けば無料で教えてくれます。
等塾みたいな面接塾は、学科はおまけ(無料)でしています。

2・体力対策
常に走りこみ基礎体力を付ける。
筋力トレーニングも欠かさずやる。
(元教練教官のお言葉)

3・会話力(面接)
会話力(面接)には、過去問題集もなければ母校で教えてもらえない。
専門学校・キャリアサポートでもあまり教えてくれない。って言うか教えれる人がいない。
面接の対策の本もでていますが、それは頭で理解しているだけなので本番では役にたちません。
また、他人に教えられた言葉などは追い質問をされたら終わりです。
自分の言葉で答えないといけない。
反復訓練が大事です。
会話力(面接)はプロに教わらないと難しいです。
だって約6.8倍ですよ!
面接は通す為の試験ではなく落すための試験!
じゃぁ面接対策をいつからすれば・・・・今からやって下さい。
じゃぁ面接の試験は何時ですか・・・・あなたが公務員を目指した時からです。
試験を受けるための書類を取に行く時、学科試験・体力試験の時も見ています。
面接対策をしっかりしたものだけが合格切符を手に入れられる。

もうおわかりだと思いますが、警察・消防・市役所等の公務員になるには会話力(面接)が一番必要です。
学科を通らないと面接は受けれない。だから学科が重要だ!面接は二の次と思っていた人が当塾に来られました。話を聞くと、学科が重要と思い専門学校に行ってました。実際公務員試験を受けてみて、会話力(面接)が重要だと気づきこられました。
学科を通らないと面接は受けれないけど、学科が通っても面接で落ちたらやり直しです。学科の倍率約1.3倍!面接の倍率約6.8倍!(兵庫県警)
どちらに力を入れたら良いか、どちらが最重要視されているかおわかりですね。
面接専門塾等に行かれる事をお勧めします。

引用元-Yahoo!知恵袋

●警察官採用試験の内容を教えてください

多くの都道府県警察本部(含む警視庁)では、警察官採用試験は、一次試験・二次試験の二段階選抜です(和歌山県警は何故か三次試験までありますが)。

 一次試験は一般教養に関する択一式試験を中心とします。出題分野はNo.1さんが回答している各科目ですね。出題された問題を全部解くことになりますが、一部の科目に関しては選択できる警察本部もあります。

 一次試験の科目はこれ以外にもありますが、警察本部によって異なります。南関東の4都県警の場合、
警視庁:論作文・国語(漢字)試験・適性試験・身体検査
埼玉県警:論作文・適性試験
千葉県警:論作文・体格/体力検査
神奈川県警:論作文(ただし二次試験として)
と大きく異なります。

 一次試験終了後、5日~3週間程度で一次試験の合否が発表されます(日に幅があるのは、一次試験の試験科目に差があるから)。一次試験の合格者数は、最終合格者の2.5~3倍程度です。

 二次試験は面接・身体検査・体力検査を中心に行います。多くの県警ではこれらは別々の日に行われますが、警視庁は1日で行います。

 二次試験の科目は
警視庁:面接(個別)・身体検査・適性検査・体力検査
埼玉県警:体力検査・身体検査・面接(個別)・集団討論
千葉県警:口述試験(面接のこと)・適性試験・身体検査・体格/体力検査
神奈川県警:論作文(ただし一次試験日に実施)・適性検査・体格検査・面接(個別)
です。

 面接は受験生1名に対し、面接官3名程度で行います。志望動機や、集団生活についていかれるかどうかを見られます。警察本部によっては、面接官が意地の悪いことを聞いてくる「圧迫面接」をするところもあります。

 身体検査/体格検査は、身長・視力などが規定以上であるかの確認と、血液検査などが行われます。また、手足ががきちんと動き、曲げられるかも見られます(人差し指が曲がらないと拳銃を撃てませんからね)。

 体力検査は瞬発力・敏捷性を中心に見ます。長距離走などの持久力を見る警察本部はあまりありません(が、警察学校に入ってからは、走らされますけれど)。

 二次試験終了後、最終合格発表には2ヵ月程度かかります。時間がかかるのは、受験生の身辺調査を行うためです。
 最終合格発表は、警察本部庁舎・WEBサイトでの掲示の他、本人に合否に関わらず通知が来ます。またこの際には順位も出ます。

引用元-教えて!goo

●警察官になりたいんですがアドバイスお願いします

私は警察学校のあまりの厳しさに辞めたしまったもので今は別の道に進んでる者です。私は大阪府警でした。

大阪府警の面接カードは一次試験の時に書かされたと思うので面食らった方は多いと思いますよ。実際私もそうでした。
第一希望のところは間違いなく受かりたかったら嘘でも受ける自治体の警察官にすべきです。しかし、併願先は民間も含め、嘘偽りなく書いた方がいいですよ。調べられて嘘だと分かったら元も子もないので、面接カードの対策は十分にやった方がいいです。そこから質問されることもあるので、あと願書にも自己紹介欄がありますね。そこからも、私の時は質問されましたのでしっかりと対策しないといけないです。就職部の人などに見てもらいましょう。面接カードは完璧にしましょう。

警察官試験の教養はほかの公務員試験に比べて難易度は低い方だと思います。過去問を何回か解いておけば一次試験はまず受かると思いますよ。私の時はそうでした。大阪府警では出なかったのですが、他の自治体では数的処理という、難解なパズルみたいなものを含む計算問題が出るので、問題集を毎日やっておくことが必要だと思います。他は英数国理社、まんべんなく見ておいてください。余裕があったら国Ⅱ地上等の数的処理も解いてみてください。

一次試験は私の時は30問中6割くらい取れれば十分一次通過はできました。でも、今は再び就職難で倍率が上がることが予想されますから、問題も簡単なので、8割目指した方がいいかもしれません。時事問題も2、3問は必ず出るから、ニュースや新聞は見といた方がいいです。適性検査などの対策は、要らない。論文試験は「警察官として求められるものは何か、またそれについて努力していること」など簡単な問題で1000文字くらい書かせます。一回ぐらいは10分差し引いて練習しておくことをお勧めします。論作文の参考書としてはLECのウォーク問シリーズの警察官・消防官本試験問題集「論作文・作文」が良いのではないでしょうか?
ウォーク問シリーズを持っていたら、私の時ははがきを送れば無料でもらえます。非売品ですので、ブックオフやヤフオクで売ってるかもしれません。無ければ他の論作文のテキストでも十分参考になると思います。時間を計って何回か回答してみましょう。

引用元-Yahoo!知恵袋

●警察官採用試験の勉強

 私が警察官採用試験の勉強を始めたのは、試験のおよそ3~4カ月前でした。
 それまでは別の仕事をしていたのですが、以前から警察官の仕事に興味があったので、一度 ちゃんと勉強して受験してみようと思いました。それがおよそ試験の3カ月~4カ月前でした。
 ただ、それまで続けていた仕事は辞めずに働きながら受験でしたので、上手に時間を作って 効率よく勉強する必要があり、試験までの計画などを考えました。

まず、どのように計画を立てたか

 本屋で過去問などを見てみて、今の自分の能力でどれくらい太刀打ちできるかを確認しました。
 そうすると、得意分野である人文系の問題はそれほど時間を掛けなくても大丈夫そうであることがわかりました。しかし逆に苦手としている理数系の問題や、数的処理、数的推理などはかなり勉強が必要であるとわかりました。

 これから受験を考えている方も、まずは過去問などを見て自分の今の能力を確認しましょう

 教養試験といっても、内容は幅広いです。文章読み取りから歴史地理、政治経済などの人文系、地学、化学、数学、生物などの理数系、さらには数的推理や数的処理など、多くの分野から出題されます。
 自分はどこが苦手で、どこを重点的にやらなければいけないのかをしっかり把握して、効率のいい計画を立てましょう。
 試験までの時間は限られています。すでにできる分野をさらにできるように時間を使っていては無駄です。
 警察官採用試験では、極端に得意分野を作るのではなくて、苦手分野無をくして、どの問題にも平均的に点数が取れるようになることが必要です。
 ですので、全ての問題を平均的に得点できるように、時間を大切に使える計画を立てて下さい。

 そのことからも、やみくもに過去問やテキスト、参考書など1ページ目からじっくりをやることもお勧めしません。

 どのような勉強計画を立てるかはかなり重要です。無駄が多かったり、効率の悪い計画で勉強していては、どれだけ努力していても合格には近づけません。

計画の大切さをまずは再認識しましょう。

引用元-Ameba

●採用試験の対策

警察官には専門分野の高い学力は必要ありません。ある一定以上の学力があれば十分だと思われます。
具体的にいうと中学生レベル。計算能力にしても、歴史の知識にしても、科学の知識にしても、国語能力にしても、 中学生レベルの問題を確実に解ける学力があれば良いと思われます。
実際、警察官採用試験も、大学卒であっても、中学生レベルの難易度でした。
(「中学生レベルの学力があれば警察官になれる」というわけではありませんよ!!誤解なきよう。
採用試験の問題の難易度の話です。当然ながら、学力レベルは中学生程度ではダメです。
筆記試験に合格するのは決してカンタンではありません。なめてかかると大変ですよ!)
特定の分野は強く、別の分野は全然ダメ、というのではいけません。一般常識として、広く浅く、物事を知っていることが必要です。
なお、出題される範囲は国語、数学、英語、理科、社会の5教科と関連の深い分野でした。
法律など、警察官の職務と密接に関係する問題はなかったと思います。
ただし、これは当時の、私の受験した県警での話です。
現在は違うかもしれないので、受験するのであれば過去問のチェックはすべきです。
私の筆記試験受験対策
私の場合、主に高校受験の参考書を使って勉強していました。
私は社会科、とくに歴史や公民関係が苦手で、そこを中心に受験勉強しましたが、レベル的にはこれで十分だと思います。
ただし、穴がないよう、ヤマは決して張らず、まんべんなく勉強するようにしました。
重要なポイントは必ず覚えておくようにしましょう。
警察官採用試験の受験の予備校や通信教育の講座では、長年のノウハウが蓄積されていますので、 これらを利用したほうが効率よく勉強することができると思います。
とくに大学生で卒論や他企業の就職活動でなかなか勉強時間の取れない人には有効でしょう。
効率よく受験勉強したい方は検討するのも良いと思います。
さらに徹底的に試験勉強したい方は、通学制のスクールのほうが、モチベーションを高く持ち続けることができ、講師に質問や相談もできるので適していると思います

引用元-警察官採用の筆記試験対策

まとめ
勉強が大変になってくるかもしれませんが、採用試験に合格するよう、全力を尽くし頑張ってください。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ