日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

45歳での転職は女性にとって不利か?

      2016/01/24

45歳での転職は女性にとって不利か?

女性が、45歳で転職を考えると言う事は、よほどの理由が有るのだと思います。長く勤めた会社なら、なおさらでは無いでしょうか。新たな一歩を踏み出す為に、何が必要なのでしょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

●45歳女性で転職できますか?

私も34歳になります。
去年、事務職を片っ端から受けまくりましたが、私の場合は経験が少なかったのと年齢で落ちたと思われます。
でも、質問者さまの場合、期間はわかりませんが、長く働いた経験などが武器になると思います。
「急募」の求人はとくに即戦力を求めているので、よほど、経験がある質問者よりも若い方が受けない限りは、質問者さまの方が有利かと。
しかし、私も言われましたが、年齢が年齢なので、幅広く仕事を探した方がよいと、ハローワークの方に言われたことがあります。他の方はまだ若いからと人によって言うことは違いますが。話がずれましたね。すみません。
経験がきっと武器になってくれます。だから、とりあえず、数ヶ月間受けてみて、ダメなら他の求人にも目を向けてみてはいかがですか?

引用元-45歳女性の転職 ハローワークの職員さんから言われたこと – 現在、派遣… – Yahoo!知恵袋

●女性の45歳からの転職は厳しいですか?

相応の経験を持った女性の事務職は、若手との力の差をアピールできれば中小企業などにそれなりの需要があるので、タイミングが合えば仕事は見つかると思います。

ただし、身分や収入で、前の会社並みの水準を維持したいのであればそれ相当の技術や専門能力が認められないと難しいです。

通常の事務員であれば、正社員にこだわらずに、契約社員や嘱託の身分での入社し、運がよければ正社員に登用ぐらいのところまで範囲を拡げて探さないと厳しいと思います。

収入は、場合によっては高卒の初任給+数万円程度もあると覚悟しておいた方が良いと思います。

引用元-45歳からの転職は厳しいですか?友人(女性独身)が早期退職というかた… – Yahoo!知恵袋

●45歳で転職希望なら求人情報をこまめにチェック!

2年前に、45歳で正社員に転職しました(前職も正社員/会社都合により離職)。
私は技術職なので、質問者さんとは若干状況が異なるのですけど。

友人で事務希望の人が何人かいましたが、35歳過ぎるとぱったり面接に呼ばれなくなるといっていたことがあります(事務でも特別な能力のある人は別でしたが)。

技術職も、一般的によくいわれているのは「マネジメント能力がないと35歳以上の転職は厳しい」ですが、私は特にマネジメント能力があるわけではないのですが、出来ることを職務経歴書等でアピールして、いつも正社員へとつなげてきました。

また外見が年相応には見えないというのも、若干助けにはなっていたかも知れません。

以前に人材派遣で就業していたころ、たまに「よかったらこのまま正社員へ」と声をかけられることがありましたが、最近でも、そういったことはあるのではないでしょうか。

ハローワークの求人や新聞の折込求人広告など、年齢に関係なく募集してそうなものを、こまめにチェック—をおすすめします。

それから求人内容の年齢に関係なく、興味を持ったものには熱意を持って応募してみる—というのも良いのではないでしょうか。

ご健闘をお祈りします。

引用元-45歳前後で正社員になった方いますか?- 転職 | 教えて!goo

●45歳での転職は就職先あっせん会社の利用も考えよう

 転職適齢期が40代迄引き上げられている現状とはいえ、もともと求人案件はたくさんあるわけではなく仕事探しは楽ではありません。だからこそ少しでも早く、楽に就職できる方法を知ることです。それにはまず就職先あっせん会社の支援を活用することです。
 企業が求める人材と求職者が求める仕事像をマッチングさせてこそ利益を上げることができるだけに、企業からの信頼を柱に人材を紹介してくれます。適材適所をスキルや適性検査等で診断し、その上で適切な会社を紹介し、面接等での効果的な応対術を伝授してくれます。
 自分がアピールしなければならないことも水面下でアピールしてくれたりもします。また採用企業もしっかりした確かな人材を寄せてくれる紹介会社に求人を出しますから、活用しない手はありません。

引用元-45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

●女性に限らず45歳で転職を成功させる流れ

転職準備

 そうはいっても45歳という年齢は、転職市場を概観したときにどうしても求人案件が少なくなりがちです。企業には課長や部長という肩書の付いた管理職より平社員の方が圧倒的に数が多いですから。

 45歳といえば、一般にそうした管理職者になるわけです。そこで、これぞという求人が見つかったら、如何に効果的な転職活動をするかが重要になってきます。

 職安含め手当たり次第に登録するのも一つですが、数撃ちゃ当たる式活動は疲れるだけで得るものは少ないものです。疲労が先に立ち、精力的な転職活動ができませんから。

 そこでまずは職安、人材銀行、人材紹介会社、転職支援サイト、情報誌等、それぞれの特徴を掴み、自分にとってどれが適切か対策を練ることから始めましょう。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

求人情報を探す

 求人情報の確かさ、より詳細な情報、合否の確率等、転職者にとってはどれも知りたい内容です。特に合否の確率等は覿面です。

 実はこうした願いを最大限叶えてくれる求人情報提供元があるのです。それはリクルートエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェント等の人材紹介会社と言われるところです。

 それぞれに非公開の独自の求人情報を抱えており、それだけに採用企業から信頼されているということになります。従ってこうした人材紹介会社を通して紹介される人材は採用される確率が高くなるわけです。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

履歴書と職務経歴書の作成

 履歴書や職務経歴書の書き方ですが、特に職務経歴書の内容等は、非常にバラエティに富んでいます。応募者ひとりひとり違っていますから、他者より如何に抜きんでるかがキーポイントになってきます。

 職務経歴書の場合、書き方によってはそれが可能になるのです。ましてや45歳の転職希望者を募るとき、採用担当者は職務経歴書の内容に注目します。

 その為高度なスキル、専門性、豊富な実績等、簡潔明瞭に記載することが必要です。人材紹介会社などの専任コンサルタントのアドバイスを受けるのも一考です。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

面接対策

 45歳ともなると面接の場でも落ち着き、早口でなくゆっくりと丁寧に話すことができるか等について面接時の加点ポイントとして加味されることが多くなります。それらは話の内容以前の部分です。

 加えて当然ですが、その内容についてテストされます。面接は採否にとってもっとも重要な試験となることから、緊張する人も少なくありませんが、45歳ともなればそれを許してもらえないと考えてください。

 ですから家族や友人、人材紹介会社などの専任コンサルタント等の他人の前で、面接シミュレーションを繰り返し、緊張の呪縛を軽減しておきましょう。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

退職と入社の準備

 退職時のマナーは、これまで多くの退職者を見送ってきたでしょうから言うまでもないと思います。会社のルールもあるとは思いますが、熟知しているものと思います。

 しかし課長や部長等の管理職の退職となると、即時に後任者が決まらないことも多くあります。そのため引き継ぎ書を残しておくことも考慮に入れておきましょう。

 また入社に際しては、疑問点等があれば予め問い合わせをして不明・不安材料を無くしておきます。特に出勤初日の遅刻はご法度ですから、不安であれば事前に通勤シミュレーションを行っておくといいでしょう。

 もちろん通勤時間帯にです。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

まとめ
今まで培ってきた経験とスキルで新しい勤務先でも活躍して下さい。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ