まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

45歳での転職は女性にとって不利か?

      2016/01/24

 - 社会・政治・経済

女性が、45歳で転職を考えると言う事は、よほどの理由が有るのだと思います。長く勤めた会社なら、なおさらでは無いでしょうか。新たな一歩を踏み出す為に、何が必要なのでしょう。

スポンサーリンク

  関連記事

面接で緊張するあがり症のほぐし方

何かを決める大事な瞬間って、滅茶苦茶緊張しますよねぇ。私なんかあがり症で頭は真っ白、足はガクガクは毎度の事です。自分なりに幾度も面接の練習を繰り返しますが、イザ本番でチョットでもミスるともうダメです。効果的なほぐし方って無いのでしょうか。

交通事故で怪我をした場合の通院日数と慰謝料の関係

いつ誰が被害者になるか分からない交通事故は、他人事ではありません。交通事故で怪我をして通院する事になったとき、保険会社から貰える慰謝料は通院日数とどんな関係があるのでしょうか。

小学校の入学前検診についてとその結果について

小学校入学を控えているお子さんも多いことでしょう。入学する前には検診というものがあります。実際、検診とはどのようなものなのでしょうか。そして、結果次第でどのような対応がとられるのでしょうか。詳しく調べてみました。

日銀の金融緩和はいつまで続くのか

デフレになって久しく、日銀の金融緩和が続けられています。世の中は景気が良くなっていると言われますが本当でしょうか。実感の無い方がほとんどだと思います。この状態はいつまで続くのでしょうか?

ブラック企業の診断基準

仕事がきつい社内の雰囲気が悪いなど、自分の会社はもしかしてブラック企業なの?と思っている方もいらっしゃると思います。世間で言うところの、ブラック企業とは何か調べました。

高校の学科選び~普通科ってなに!?~

たいていの高校にある普通科。そもそも、普通科とはどのようなところなのでしょうか?他の学科との違いは何なのでしょうか。高校の名前だけで決めるとキケンかもしれませんよ。

日本の医療制度にどんな問題が起こる?TPPへの参加で起きる影響とは

日本のTPPへの参加については国内から色々な意見が出ていますが、その中でも深刻な問題が起きそうなのが医療関係だと言われています。TPPに加盟すると日本の医療制度はどのように変わってしまうのでしょうか。

生理痛で仕事を休む女性のお悩み解決!

生理痛は本当にキツイですよね…特に生理が重い人は日常生活にも多大な支障が出ます。当然仕事にも支障が出るのでお休みします…となりますが、皆さんの職場では「生理痛での欠勤」に理解がありますか?男性には分かってもらえないのはまだ分かりますが、中には女性でも「生理痛で休みって…」と言う人もいます。そんな時どうしたらいいのか、調べてみました。

東大の女子の就活は楽なのですか?

東大男子は子どものころから東大に入るためのレールを歩んできているらしい。女子は、親が東大入学に必死ではないので、自分の意志で入学しています。そんなエリートの東大の女子の就活はどんなでしょうか?意外と厳しいようです。

バイトを辞めたいがまだ始めて3ヶ月経っていない

生活の足しにとバイトを始めたが、仕事が合わなかったり、人間関係が上手く行かなかったり等で辞めたいと思う事が有ると思います。でも、始めて3ヶ月も経っていないと切り出しにくいのではないかと思います。

派遣社員の仕事の更新はいつ?更新のタイミングについて

派遣社員は仕事内容などをを自分で選択して働くことができます。しかし仕事の契約期間が決まっているので継続する場合は年に何回か契約更新をする必要があります。更新の時期はいつなのでしょうか。

ホテルの部屋掃除のバイトをしたい!掃除のコツとは

ホテルの部屋の掃除のバイトやパートの求人はよく見かけますね。ホテルの掃除のバイトはどのような仕事なのでしょうか?今回はホテルの部屋の掃除について調べましたので紹介します。

公務員に採用!提出書類は何を出す?

公務員というと採用されるのが厳しいイメージですね。一口に公務員といっても色々な職種があり、民間企業から公務員に転職する人も多いようです。今回は公務員採用試験や採用後の提出書類などについて調べました。

企業からの採用の電話!受け答えは大丈夫?

無事に就職活動を終えて、企業から採用の電話がかかってきた!そんな時あなたの受け答えは大丈夫ですか?非常識な対応をしてしまってはせっかく頑張ってきた就職活動が水の泡です。今回は電話の受け答えについて調べました。

最も難しい理系の資格は?その難易度とは

世の中にたくさんある”資格”。国家資格はもちろん、民間の資格を含めれば数え切れないほど存在しています。あなたはどんな資格をお持ちですか?文系の資格と理系の資格がありますが、ここでは理系の資格の難易度についてまとめました。

親が離婚したら戸籍はどうなる?子供の戸籍について

親が離婚した場合は戸籍はどうなるのでしょうか?離婚は親同士の問題なので、子供の戸籍はそのままでは変わらないようです。子供の戸籍はどうしたらいいのでしょうか?今回は親が離婚した場合の戸籍について調べました。

日本に大統領はなぜいない?日本の政治について

日本には大統領は存在しません。その代わり首相が国の代表として政治を行っていますね。日本にはなぜ大統領がいないのでしょうか。今回は大統領と首相の違いについて調べました。

宝塚歌劇団の華!トップの決め方ってどうしているの?

華やかな会場のステージの上で、遠くから見ても映える化粧、きらびやかな衣装をまとい、客席からの歓声を浴びながら演じる宝塚歌劇団のスターたち。その中でも〝トップ”と呼ばれる人は、皆が目指す憧れの存在です。宝塚のトップの決め方とはどうなっているのでしょうか?

新年に会社関係者への挨拶!そのポイントは?

年が明けると新年の挨拶をしますね。ビジネスにおいても挨拶はとても重要です。会社関係者へ失礼のないようにはどう挨拶したらいいのでしょうか。今回は新年の会社関係者への挨拶について調べました。

貧困問題が深刻化する日本、その原因と対策

発展途上国での貧困問題はテレビでも取り上げられ知る機会が多いと思います。しかし、日本の貧困問題といわれると、はっきりとしたことが分からない方も多いと思います。今でも日本は貧困について悩まされています。そこで今回は日本の貧困の原因、対策について調べてみました。

●45歳女性で転職できますか?

私も34歳になります。
去年、事務職を片っ端から受けまくりましたが、私の場合は経験が少なかったのと年齢で落ちたと思われます。
でも、質問者さまの場合、期間はわかりませんが、長く働いた経験などが武器になると思います。
「急募」の求人はとくに即戦力を求めているので、よほど、経験がある質問者よりも若い方が受けない限りは、質問者さまの方が有利かと。
しかし、私も言われましたが、年齢が年齢なので、幅広く仕事を探した方がよいと、ハローワークの方に言われたことがあります。他の方はまだ若いからと人によって言うことは違いますが。話がずれましたね。すみません。
経験がきっと武器になってくれます。だから、とりあえず、数ヶ月間受けてみて、ダメなら他の求人にも目を向けてみてはいかがですか?

引用元-45歳女性の転職 ハローワークの職員さんから言われたこと – 現在、派遣… – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク

  人気記事

●女性の45歳からの転職は厳しいですか?

相応の経験を持った女性の事務職は、若手との力の差をアピールできれば中小企業などにそれなりの需要があるので、タイミングが合えば仕事は見つかると思います。

ただし、身分や収入で、前の会社並みの水準を維持したいのであればそれ相当の技術や専門能力が認められないと難しいです。

通常の事務員であれば、正社員にこだわらずに、契約社員や嘱託の身分での入社し、運がよければ正社員に登用ぐらいのところまで範囲を拡げて探さないと厳しいと思います。

収入は、場合によっては高卒の初任給+数万円程度もあると覚悟しておいた方が良いと思います。

引用元-45歳からの転職は厳しいですか?友人(女性独身)が早期退職というかた… – Yahoo!知恵袋

●45歳で転職希望なら求人情報をこまめにチェック!

2年前に、45歳で正社員に転職しました(前職も正社員/会社都合により離職)。
私は技術職なので、質問者さんとは若干状況が異なるのですけど。

友人で事務希望の人が何人かいましたが、35歳過ぎるとぱったり面接に呼ばれなくなるといっていたことがあります(事務でも特別な能力のある人は別でしたが)。

技術職も、一般的によくいわれているのは「マネジメント能力がないと35歳以上の転職は厳しい」ですが、私は特にマネジメント能力があるわけではないのですが、出来ることを職務経歴書等でアピールして、いつも正社員へとつなげてきました。

また外見が年相応には見えないというのも、若干助けにはなっていたかも知れません。

以前に人材派遣で就業していたころ、たまに「よかったらこのまま正社員へ」と声をかけられることがありましたが、最近でも、そういったことはあるのではないでしょうか。

ハローワークの求人や新聞の折込求人広告など、年齢に関係なく募集してそうなものを、こまめにチェック—をおすすめします。

それから求人内容の年齢に関係なく、興味を持ったものには熱意を持って応募してみる—というのも良いのではないでしょうか。

ご健闘をお祈りします。

引用元-45歳前後で正社員になった方いますか?- 転職 | 教えて!goo

●45歳での転職は就職先あっせん会社の利用も考えよう

 転職適齢期が40代迄引き上げられている現状とはいえ、もともと求人案件はたくさんあるわけではなく仕事探しは楽ではありません。だからこそ少しでも早く、楽に就職できる方法を知ることです。それにはまず就職先あっせん会社の支援を活用することです。
 企業が求める人材と求職者が求める仕事像をマッチングさせてこそ利益を上げることができるだけに、企業からの信頼を柱に人材を紹介してくれます。適材適所をスキルや適性検査等で診断し、その上で適切な会社を紹介し、面接等での効果的な応対術を伝授してくれます。
 自分がアピールしなければならないことも水面下でアピールしてくれたりもします。また採用企業もしっかりした確かな人材を寄せてくれる紹介会社に求人を出しますから、活用しない手はありません。

引用元-45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

●女性に限らず45歳で転職を成功させる流れ

転職準備

 そうはいっても45歳という年齢は、転職市場を概観したときにどうしても求人案件が少なくなりがちです。企業には課長や部長という肩書の付いた管理職より平社員の方が圧倒的に数が多いですから。

 45歳といえば、一般にそうした管理職者になるわけです。そこで、これぞという求人が見つかったら、如何に効果的な転職活動をするかが重要になってきます。

 職安含め手当たり次第に登録するのも一つですが、数撃ちゃ当たる式活動は疲れるだけで得るものは少ないものです。疲労が先に立ち、精力的な転職活動ができませんから。

 そこでまずは職安、人材銀行、人材紹介会社、転職支援サイト、情報誌等、それぞれの特徴を掴み、自分にとってどれが適切か対策を練ることから始めましょう。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

求人情報を探す

 求人情報の確かさ、より詳細な情報、合否の確率等、転職者にとってはどれも知りたい内容です。特に合否の確率等は覿面です。

 実はこうした願いを最大限叶えてくれる求人情報提供元があるのです。それはリクルートエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェント等の人材紹介会社と言われるところです。

 それぞれに非公開の独自の求人情報を抱えており、それだけに採用企業から信頼されているということになります。従ってこうした人材紹介会社を通して紹介される人材は採用される確率が高くなるわけです。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

履歴書と職務経歴書の作成

 履歴書や職務経歴書の書き方ですが、特に職務経歴書の内容等は、非常にバラエティに富んでいます。応募者ひとりひとり違っていますから、他者より如何に抜きんでるかがキーポイントになってきます。

 職務経歴書の場合、書き方によってはそれが可能になるのです。ましてや45歳の転職希望者を募るとき、採用担当者は職務経歴書の内容に注目します。

 その為高度なスキル、専門性、豊富な実績等、簡潔明瞭に記載することが必要です。人材紹介会社などの専任コンサルタントのアドバイスを受けるのも一考です。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

面接対策

 45歳ともなると面接の場でも落ち着き、早口でなくゆっくりと丁寧に話すことができるか等について面接時の加点ポイントとして加味されることが多くなります。それらは話の内容以前の部分です。

 加えて当然ですが、その内容についてテストされます。面接は採否にとってもっとも重要な試験となることから、緊張する人も少なくありませんが、45歳ともなればそれを許してもらえないと考えてください。

 ですから家族や友人、人材紹介会社などの専任コンサルタント等の他人の前で、面接シミュレーションを繰り返し、緊張の呪縛を軽減しておきましょう。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

退職と入社の準備

 退職時のマナーは、これまで多くの退職者を見送ってきたでしょうから言うまでもないと思います。会社のルールもあるとは思いますが、熟知しているものと思います。

 しかし課長や部長等の管理職の退職となると、即時に後任者が決まらないことも多くあります。そのため引き継ぎ書を残しておくことも考慮に入れておきましょう。

 また入社に際しては、疑問点等があれば予め問い合わせをして不明・不安材料を無くしておきます。特に出勤初日の遅刻はご法度ですから、不安であれば事前に通勤シミュレーションを行っておくといいでしょう。

 もちろん通勤時間帯にです。

引用元-45歳が転職成功するまでの流れ | 45歳の転職を成功させる秘訣とは?「転職応援サイト」

まとめ
今まで培ってきた経験とスキルで新しい勤務先でも活躍して下さい。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済