日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

寿司ネタの食べる順番と作法

      2016/01/28

寿司ネタの食べる順番と作法

昔、寿司と言えば、カウンター越しに職人さんへ食べたい物を注文するのが普通でした。今では、回転寿司で気軽に食べることが出来る様になりました。気軽ゆえに、食べるネタの順番とかマナーが忘れらている気がします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

喪中の相手に年賀状を出してしまった!どうしたらいい?

喪中の場合は年末になると事前にはがきを出して、喪中であること...

スポンサーリンク

●お寿司ネタの美味しい食べ方

■お寿司の食べ方:醤油編

お醤油の付け方も人それぞれですが、普通の握りの場合はネタ側に付けたほうがシャリが 崩れなくて良いのではないでしょうか?人によってネタとシャリの両方に付ける人もいますし、 シャリだけに付ける人もいますので、お好みでどうぞ。

ネタによっては醤油を付けなくても良い物があります。アナゴは初めからツメと呼ばれるタレ がついていますから醤油を付けなくても十分味が付いています。 ちなみにツメとは「アナゴの煮汁をさらに煮“詰め”て作る」のが語源になっています。

アナゴ以外でも煮切りと呼ばれるタレや醤油が初めから塗ってあるネタは醤油を付けなくても 良いでしょう。玉子は人によって好みがありますが味は付いてあるので付けなくても美味しいですし、 付けても良いですね。

■軍艦巻きのイクラやウニなどはどうするんでしょう?

きゅうりが付いている場合はそれを外して醤油に付けて戻して食べるとか、がりにしょうゆを 浸してネタにつけたり、はしですくって上からかけるように...とか言われていますが、 豪快に直接付けても良いですよね。ただし、その場合はネタを下にするとこぼれてしまう場合があるので、 横につけるか(醤油が落ちやすいので注意)、下のシャリの部分につけた方が良いでしょう。

引用元-お寿司の食べ方

●お寿司ネタには食べる順番があるの?

参考として一例を挙げると、一般的には「淡白な食材→脂身の濃い食材→巻き寿司」という順番で食べるのが「通」だと言われています。
淡白な食材から食べ始めるのは、舌を慣れさせるためです。人間の舌はとても敏感な感覚器官であり、いきなり味の濃い食材を食べると脂身が口の中に残留して味覚が鈍ってしまいます。これではせっかく鮮度の良いネタを注文しても、その素晴らしさを余すことなく堪能することが出来ません。だからこそ、まずはヒラメやアジ、タイなどの「白身」から注文を始めるのが基本なのです。例えるなら、運動前の準備体操といった所でしょうか。

次は、お寿司の王様とも言うべき「マグロ」を注文してみましょう。たっぷりと脂の乗った赤身を食べれば、至福の時を味わえて食欲も一層高まります。 
味の濃いネタを食べた後は、軽く「あがり」(お茶)を飲むと味覚をリセットできます。

続いて、コハダやサンマなどの「光物」を注文して、ネタのレパートリーを楽しんでみましょう。特に「卵焼き」はシンプルな分、そのお店の職人の腕が如実に表れる重要なネタです。じっくりと腰を据えてネタを味わってみるのも乙なものです。
ある程度お腹が膨れてきたら、最後はかっぱ巻きなどの「巻き寿司」でさっぱりと締めます。

引用元-寿司屋ではどんな順番で注文するべき?寿司の理想的な食べる順番とは・・・!? – みんなのごはん

●寿司ネタの順番よりも楽しんで食べよう

美味しく正しくお寿司を食べるには?

その順番は、まずは白身魚からスタートします。
タイやヒラメなどの白身魚は味が淡白なため、脂の乗ったトロやブリ、味の濃い穴子の後に 食べてしまうと、ぼやけた印象になってしまうので、一番最初にオーダーします。

少し横道にそれますが、寿司屋に入ったらまずは玉子焼きを、という通な人もいます。
これは、玉子焼きを食べたらその店のレベルを知る事ができると言われているからです。
しかしながら、せっかく楽しみにしていたカウンターのお寿司屋さんなのですから、 新鮮な魚をたくさん食べたいと感じます。 なのでこの話は一旦置いといて、今回は魚を楽しむことにします。

白身魚が済んだら、次は少し味の濃い赤身の魚を食べます。 具体的には、マグロやトロと言った魚です。

ここまで食べたら一度ガリやお茶で口をさっぱりさせてから、酢でしめてある魚や、アジやコハダなど 光り物の魚を食べます。
その後またイカやタコのような淡白な具材に戻り、貝類、海老と食べて、終盤にウニや穴子を食べます。
そして一番最後に、カッパ巻きのようなさっぱりした巻き寿司でしめるというのが、基本の順番です。

一番重要なのは、楽しんでお寿司を食べる事!

しかしながら、白身魚が苦手な人もいると思うし、光り物が苦手な人もいると思います。 
一番大切なのは、美味しく味わって食べることです。
苦手な魚を無理に食べる必要も無いし、順番にこだわり過ぎて楽しめないのも、もったいないと思います。

引用元-ちょっと高級な店で試してみたい、お寿司を食べる順番について – みんなのごはん

●寿司ネタの味を楽しむときに強い匂いはNG

寿司のネタの中には、その儚い味と香りを楽しむものがあります。俗に、『旬のアナゴは木の芽の香りがする』と言われています。このように、ネタの味わいの中には香りも含まれているのです。しかし、匂いの強い香水を振りまいてきたり、周りに構わず喫煙を始めたりするお客も中には居るわけです。マナーと言うものは、『自分さえよければそれでいい』という考え方の対義語です。周りのお客さんに迷惑を掛けてしまうのではないかと思ったら、即座にやめる勇気も必要なのです。

引用元-【お寿司屋さんの歩き方】 寿司屋のマナー

●回転寿司で一度取った皿は戻さない

回転寿司屋さんに行くと、食べられないほどに皿を取って手元にキープしていた寿司を「もう食べられないから」レーンに戻すお客をたまに見かけることがあります。いくら安いからと言っても、自分の食べられる量を把握せず食べるだけ食べて、皿を戻すのはマナー違反です。回転寿司屋以外で同じことをやったなら出入り禁止にされてもおかしくありません。回転寿司屋では自分の食べたいものを選び、一つ一つ味わって食べるようにしましょう。

引用元-【お寿司屋さんの歩き方】 寿司屋のマナー

まとめ
順番は大した問題では無いみたいです。マナーを守って美味しくいただきましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ