日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

LEDイルミネーションでツリーを作りたい

      2016/01/29

LEDイルミネーションでツリーを作りたい

最近はLEDの色も多彩になってきて、イルミネーションで家を飾る方が増えて来ました。我が家も遅ればせながらやってみようかなと思います。庭は無理なので、手始めに家の中から…。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

天橋立の観光を子供と楽しむためにお勧めのところ

天橋立は魅力の宝庫です。子供と一緒に観光したり、遊んだり、体...

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

スポンサーリンク

●庭にある5m程の木をイルミネーシツリーにしたい?

公共の場所でしたら5mくらいの高さのイルミネーションは見かけますが、
自宅ですと専門家を(便利屋とか)を頼まないと無理でしょうね~
一般家庭にある脚立では間に合いません。
私も自宅の庭に(垣根にはわす)飾り付けしたことがあります。
器材を適当に置き、部屋のコンセントから延長コードを利用します。
豪華に見せるためにかなりの投資をしました。
5mですと高さ、面積がありますから豪華に見せるためにそれなりの球の個数が必要ですね。
サイト紹介にならずに申し訳ございませんでした。

引用元-今年から自宅の庭でクリスマスのイルミネーションを始めよう… – Yahoo!知恵袋

●LEDのイルミネーションライトは消耗品

クリスマスライトを買ってきて、苦労して飾り付けをした後、「さあ、点灯だ!」とスイッチを入れると半分しか点灯しない、あるいはところどころに点灯していない球がある、または点滅しない、といったことは珍しいことではありません。残念ながら、日本で市販されているクリスマスライトはそれほど「不安定」な商品なのです。
現在、クリスマスライトは基本的に家電のような「保証書」というものがありません。不良品が出てもその年のクリスマス前までにお店に申し出れば、交換してもらえるものの、次の年になると交換してもらえるお店はほとんどありません。また、不良品に気づくのが遅れて、12月に入ってから交換しに行くと、すでに売り切れで同じものがなかったり、翌年のクリスマスには新しいバージョンに変わっていて、前のバージョンのものは廃止になっているケースもあります。また、屋外でご使用の方の多くは、クリスマスが終わっても取り外すことはしないので、クリスマス以外では点灯していなくても、夏場の熱や雨風で、さらに寿命が短くなると考えられます。このことから、クリスマスライトは「家電」と考えるより、「消耗品」と割り切るほうがよいのかもしれません。

引用元-失敗しないクリスマスライトの選び方

●LEDイルミネーションのチェック

1.ライトを買う前に必ずチェック!

予備球(替え球)があるかどうか必ず確認しましょう。通常は2~3個の予備球があります。
(ただし、LEDライトは予備球がないものがほとんどです。)
販売店でライトの「球切れ」がないかどうか、確認してもらいましょう。
雑音防止器付きのライトにしましょう。(箱に明記してあります。)
(LEDライトは対象外です)
コードの色がツリーと似た色かどうか、確認しましょう。
(間違ってもホワイトツリーにグリーンコードのライトを買わない。)
「MADE IN USA」の商品は品質の良い商品が多い反面、日本の規格と違うため、思わぬ事故が発生しないともかぎりません。日本向けの規格に合わせて輸出されたものを購入しましょう。(箱に英語しか記載されていないものは要注意!)

2.ライトを買った後、必ずチェック!

絶対に箱から出さないで、そのままコンセントだけ箱からだして点灯チェックしましょう。理由は箱から出してしまうと、どこが球切れなのか分かりづらくなるのと、出した後、不良が見つかってもお店で交換してもらえない場合があるからです。球切れや不点滅を発見したらすぐにお店で交換してもらいましょう。(遅くなると商品が売り切れて、同じ物がなくなる恐れがあります。)
※商品によっては、電球が温まるまで点滅しないものがありますので、5分は待ちましょう。5分たっても点滅しない場合は明らかに不良品です。
点灯チェックが終わり、箱から出すときは、丁寧に取り出しましょう。たまにコードを引っ張って無理やり、むしりとる方がおられるようですので、絶対にやめてください。
※チェック事項とは違いますが、ツリーを飾る場合、必ずライトから飾りましょう。オーナメントを飾ってからライトを巻くと悲惨なことになります。

引用元-失敗しないクリスマスライトの選び方

●自宅の木をイルミネーションツリーにしてみる

樹木にイルミネーションする際は、樹木の形が、そのままイルミネーションのラインとして活かされることが、美しく見せるポイントです。コツは、電球の下端の高さを揃えること。そして、枝の先端にきちんと電球がつくように留めることです。例えば、何本かの樹木にイルミネーションするときは、それぞれの樹木の電球の下の端の高さを揃えます。また、枝の先端に電飾を伝わせて、そのまま、隣の枝へ連続させると、枝の先と先が直線で結ばれるようになり、樹木の本来の形が活かせなくなってしまいます。

このようなことを頭に入れながら、早速、電飾を取り付けていきましょう。
今回電飾するのは、この木。ヤマボウシの株立で、高さは3m弱です。

使用する電球は、白色のLEDで、1本につき140球ついているものを4本使用しました。1本の木につき、電飾が2本以上必要になりそうな場合は、途中でつなげるよう、「連結可能」と書いてある商品を選ぶようにします。その際、「○本まで連結可能」と連結できる本数が制限されていますので、その部分もよく確認しておきます。

引用元-樹木を美しくイルミネーションする方法 [家庭菜園] All About

●LEDイルミネーションツリーはレンタルもしている

クリスマスツリーを買いたいけれど買えない理由とは

クリスマスツリーを買いたいけれど買えない理由は、やはり置き場所にとっても困ってしまうからです。
我が家の収納は、大収納と言えるほどの収納スペースがなく、ひな祭りの人形を買ったにも関わらず、置き場所がなくて実家に置いてあるぐらいです。
まだ余裕はあるのですが、子供がどんどん大きくなるにしたがって、イヤでもものが増えていきますので、できれば買わないで済むものは極力買いたくありません。
「買わないでクリスマスを楽しむ方法って、やっぱりレンタルだよね。」
そうです、いまクリスマスツリーって、レンタルが可能なのをご存知でしょうか?
クリスマスツリーのレンタルショップが数多くある中で、我が家が選んだレンタルショップはここに決めました。

我が家がクリスマスツリーのレンタルショップに選んだのはここ!

我が家が今回、クリスマスツリーのレンタルに選んだショップは、「DMM いろいろレンタルです。
ここでは、 ブランドバッグ・デジカメ・アウトドア用品など 、「買うのはちょっと高いし・・。」と言ったものを、買う前に試すことができるのです。
買う前にレンタルして試して、気に入ったら買うということが可能です。
「いろいろレンタル」では、なんとクリスマスツリーのレンタルも行っているのです。
クリスマスツリーなんて、買うだけかと思っていただけに、私はレンタルを見つけたときは衝撃が走りました。
なんだか楽しくなってきましたね。

引用元-クリスマスツリーはネットでレンタルがおすすめ!LEDイルミネーションは季節限定で収納場所を節約 | ももねいろ

まとめ
調べていくとなんか楽しそうですね。是非、皆さんもチャレンジしてみて下さい。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ