日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

メダカの産卵と飼育方法

      2015/10/23

メダカの産卵と飼育方法

メダカを飼育してる方は多いのではないでしょうか。飼育している方の中にはメダカの産卵で困っていたりするのではないでしょうか。そこで今回はメダカの産卵時の飼育方法について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

犬の去勢手術後に気を付けることは?術後に痛みはある?

犬の去勢手術は、健康面やトラブルの防止の面でも重要な手術です...

郵便局で荷物を送るには?送り方を紹介!

郵便局を利用して荷物を送る方法にはいくつかあります。その荷物...

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

スポンサーリンク

●メダカについて

メダカとは、ダツ目メダカ科の淡水魚です。
メダカは日本で生息する淡水魚で一番小さく体長は約3センチ前後です。
目が大きく高い位置にあるように見えることからメダカ(目高)と言われてます。
メダカは全国各地の沼、池、湖、小川、田んぼの用水路等様々な環境に生息しています。
高温、塩分、汚濁にも強く飼育しやすい上、繁殖力も強い淡水魚です。汽水域で生息してる例もあるぐらいです。
しかし農薬や水質汚染には弱く、外来種や農地改良などの要因も複合的に加わって数が激減しています。
近年では、天然(野生)のメダカの数は減少し環境の変化によってメダカは絶滅危惧種にも指定されています。

引用元-メダカの飼い方

●メダカの産卵について

メダカが産卵するためには安定したきれいな水が必要です。水が汚れてメダカにストレスがかかっている状況では、メダカは卵を産みません。私の場合は夏にメダカを飼い始めましたが、卵を産んだのは10日めでした。その間に水質が原因でメダカがなくなったりしましたので、メダカにとっては産卵どころではなかったのでしょう。

メダカは日照時間が長くなって水温が高くなってこないと産卵しません。日照時間が14時間を超え、水温が20℃くらいになると産卵を始めると言われていますが、私は飼育の経験が浅く具体的な数字は確認できていません。メダカの密度についても適切な水準があるようですが、あまり過密だと産卵数が少なくなるといわれています。

産卵は早朝、日が昇ってしばらくすると行われます。産卵シーズンになるとオスがメスを追い掛け回す姿が見られるようになります。朝早く起き、水槽を眺めていると交尾シーンも観察できます。オスとメスが体を寄せ合う姿はとても愛くるしいものです。

産卵された卵はしばらくの間はメスのお腹にくっついていますが、やがて水草や藻にくっつけられます。藻はなるべく多く入れたほうが親メダカが卵をくっつけやすく、また食べられにくくなります。

時々白い卵がありますが、無性卵です。もし水カビがだったらすぐに分離しないと、ほかの健康な卵までカビにやらてしまうので注意が必要です。

引用元-だめだめ飼い主の「メダカの飼い方」

●産卵時の飼育方法

卵の孵化

せっかく取れた卵です。無事に孵化させて小さくかわいらしい稚魚を育てましょう。
卵の孵化は、約10日から2週間前後で始まります。もし成魚メダカと同じ水槽で孵化した場合、稚魚が食べられてしまう可能性がとても高いですのから、孵化用の容器に移しましょう。
以下は孵化するためのベストな条件についてです。
1.水質は塩素(カルキ)が向けた、キレイな水であることが重要です。

2.水温は25度に保ちましょう。ただしダルマメダカの場合のみ28度がベストとされています。

3.日照時間は一日13時間以上を確保します。屋内であれば蛍光灯を使って日照時間を確保しましょう。

卵の変化

受精から孵化するまでの卵の変化は以下のようになります。誕生の瞬間を、ぜひその目で観察してみてください。

1.受精半日後
卵のなかでは、細胞分裂が進んでいます。卵の中心には、ほとんど肉眼では見えませんが、栄養分を入れた丸い袋があります。

2.受精3日後
卵のなかで、メダカの頭と目になる部分がはっきりしてきます。背中になる部分には、黒い色素胞が見えます。

3.受精5日後
目となる部分が黒く色づき、はっきりしてきます。体もだいぶ長くなり、うっすらと血管も確認できます。

4.受精1週間後
体のほとんどができあがり、卵のなかで胸ビレを動かしたり、ぐるぐると回り始めます。泳ぐ練習をしているかのようです。

5.受精10日後
目の当たりが金色になり、だいぶくっきりとしています。卵の中はもうきゅうくつになりました。孵化まであと少しです。

6.孵化
稚魚は丈夫な卵の膜を酵素によって溶かし、しっぽから飛び出てきます。おなかには、栄養分の入った袋(ヨークサック)をつけています。
可能であれば拡大鏡などを使って日々の変化を観察すると良いでしょう。透明だった卵の中に生命が宿り育っていく姿はとても感動的です。

引用元-メダカの飼育法

●産卵場所の確保

鉢で飼育しているメダカの産卵は、水草の根などに産み付けられます。
また水槽などで飼育している場合は、水草の代わりになる物を用意して下さい。
一般的に、産卵用としてシュロの木の皮が使われています。
※注意
ポンプ付きの水槽で飼育している場合、水の吸い込み口にある網状のフィルターに数多くの卵が付着するので、フィルターを数個用意しておくと便利です。

引用元-希望の丘

●産卵期間中の飼育方法、水替えについて(Q&A)

●産卵時期の水換えが良くないというわけではありません。
ただ水換え時に卵や稚魚も一緒に吸いとられていることがあります。
吸いとられた稚魚は時間経てば水面に来るので確認して水槽内に戻すなり隔離するなりしてください。
また23度に加温しているのでカルキ抜きした新水の水温調節はしっかりしてください。
バケツに予備ヒーターいれて加温や新水入り百均プラケを水槽に浮かべ加温等です。

●水換えの頻度はろ過フィルター生体数餌回数にもよります。
60cm水槽上部フィルター餌は1日1回生体数も多くないとしたら足し水のみして2週間1回底砂掃除を含めた水換えで良いかとおもいます。

引用元-Yahoo知恵袋

まとめ
動物を飼育することはとても大変ですよね。これからもメダカの飼育を頑張ってみてください。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ