日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ドバイの空港より街中で両替した方が得

      2016/01/30

ドバイの空港より街中で両替した方が得

海外旅行に出かける時、何処で両替したら良いのか悩みます。現地に行ってから両替出来ないなんて最悪ですから。でも、出来るだけ良いレートで両替するには日本の空港よりドバイの空港、ドバイの空港より街中の両替所らしいのです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●ドバイの通貨Dh(ディルハム)

ドバイで使える通貨はDh(ディルハム)です。1Dhは日本円で約27.58円(2014年6月30日現在)。補助単位はFils(フィルス)で、100Fils=Dh1です。貨幣は25Fils・50Fils・Dh1の3種類。
 
紙幣はDh5 ・Dh10・Dh20・Dh50・Dh100・Dh200・Dh500・Dh1000の8種類があります。また、USドルと連動する固定相場制(1USドル=Dh.3.653)があります。Dh(ディルハム)でお買い物するのはもちろん、USドルでもお買いものができます。

引用元-ドバイの通貨とスマートな両替方法とは? | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

●両替なら日本の空港より現地ドバイが良い

ディルハムへの両替ができる場所は大きく分けて6つ。町の両替屋、ショッピングモールの両替屋、ドバイ国際空港の両替コーナー、大手銀行、ホテルのフロント、もしくは日本の空港の両替所など。

なるべく簡単に、なおかつ安心でお得な方法というと、まず一番レートがよいのが街の両替屋です。MONEY EXCHANGEの看板が掲げられているので、すぐに見つけることができます。ガイドがよく利用するのは、シェイクザイード通りの「トーマスクック」(Al Rostamani Exchange)。お店と担当者と運にもよりますが、両替額が多いと、ちょっぴり良いレートをくれることがあります。余裕があれば事前に電話でレートを交渉するという裏技も。その際は、担当者の名前を聞いておきましょう。

大型ショッピングモールにある両替屋も、ホテルのフロントに比べると手数料など悪くはありません。往復のタクシー代や時間を捻出して、路面両替ショップに行くことを考えれば、限られた時間を有効活用できるショッピングモールは大変便利で、実は路面店に行くより結果的にはお得かもしれませんね。

信頼できる旅行会社の現地ガイドさんなどと話をする機会があれば、近くにあるおすすめの両替所を聞いてみるのも一つの手です。スケジュールと相談しながら、自分に合った両替法をご選択ください。

引用元-ドバイの通貨・両替 [ドバイ] All About

●両替はドバイ国内のATMでもできる

シティーバンクのキャッシュカードなどの国際キャッシュカードで、提携されている(PLUSやCirrus)のもので、ATMに同じマークがついているところでは、自分の銀行から直接現地の通貨(ドバイではディルハム)を引き出すことができます。
 
こちらのキャッシュカードを持っていると急に現金が必要になったとき、すぐ近くで引き出すことができるので大変便利ですよね。だた、ATMを利用して現金を引き出す場合は回りに怪しい人がいないか、など油断しないようにしましょう。

引用元-ドバイの通貨とスマートな両替方法とは? | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

●円への両替は難しいので空港で全部使おう

ディルハムから円への両替は、できるところの少なさやレートも考慮し、考えないようにすることが良いかもしれません。ディルハム建て預金ができる銀行もありますが、現金振り込みのみの取扱いとなることも。窓口で入金ができないことなども難点。

クレジットカードが使える場所では、クレジットカードを利用し、できるだけ最小額をディルハムに両替。最終日には、思い出にとっておきたいコインなどは別として、空港免税店などで、手持ちのディルハムを全部使うか、空港や航空会社が行っている基金に寄付、というのが現実的にいいかもしれません。

引用元-ドバイの通貨・両替 [ドバイ] All About

●ドバイ国際空港での両替所は何時まで?

皆様の回答にもあるように空港内は24時間フル稼働です。
なるべく損をしたくないとのことですが。どこも大差ないと思います。
海外で両替する場合、両替所と銀行を思いだすと思いますが、ドバイの場合銀行は口座を持っているカスタマー向けのサービスがほとんどです。一見さんの外貨両替は業務範囲外の場合が多いです。(全部ではないでしょうが、詳細までは分かりません。すみません)
で、両替所は大きなショッピングセンターには大抵あります。
私は、マジェスティックホテルというホテルに宿泊しましたが、近くに両替所があり、ガイドの話だとレートも良いということだったので、毎日のように通いその日に必要な分を両替いしていました。
Ramada Hotel Dubaiのすぐ目の前です。
もし、ゆかさんがご利用になるホテルがラマダホテルの近所であれば。この両替所をお勧めします。(2007年11月の情報です)
では、ドバイ旅行楽しんできてください。

引用元-『空港の両替所』 – Q&A詳細 – フォートラベル

●ドバイではクレジットカードが便利

ドバイは、クレジットカードの普及率がかなり高い状況です。
ホテルやショッピングモールはもちろん、カルフールなどの主流スーパーマーケットではカード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)を利用できます。
スパイス スークやテキスタイル スークでは、店舗によっては利用ができない場合もあるので注意が必要です。キオスクのような小さい規模の雑貨店ではカード不可がほとんどです。
タクシーはカード決済が可能ですが、料金が非常に安いので現金払いをする人が多いようです。バスやメトロは、交通系電子マネーを利用すると便利です。また、世界一高いインテリジェントビルのブルジュ ハリーファにある展望台や一部のアミューズメント施設の入場券は、クレジットカードを使用してネットで事前購入することができます。

支払いのときのワンポイント

カードの支払い時に円払いか現地通貨払いかを尋ねられることがあります。
その時は迷わず現地通貨を選びましょう。円払いの場合、お店で両替手数料を上乗せした金額を請求されることが多いようです。また、自動的に支払い通貨が店側で設定されている場合もあるので、サインや暗証番号(PIN)を入力する前には支払い通貨と、金額は必ず確認するようにしましょう。
ちなみに、クレジットカードは利用額を一時的に引き上げることができます。事前に旅行代金などを支払っている場合など、現地で足りなくなりそうな場合は、早めにカード発行会社に相談してみましょう。

現金が必要なときのワンポイント

現金が必要な時は現地のATMを利用するのが便利です。
ATMではVisaなどの大手国際ブランドのカードが利用でき、現地通貨を引き出すことができます。ATMはドバイ国際空港やショッピングモールなど、市内のいたるところに設置されています。両替所を探す手間もかからず、長い行列に並ぶ必要もありません。ATMの操作は難しくないので、一度覚えてしまえば簡単です。(英語操作)
引き出しには暗証番号が必要なので、覚えていない場合はカード発行会社に事前に必ず確認しておきましょう(確認には2週間ほどかかることがあります)。
なお、クレジットカードの場合、申し込み時にキャッシングの利用が不可となっている場合もあるので、海外でのキャッシング利用の可否と利用限度額もあわせて確認しておきましょう。

トラブルのときのワンポイント

カードを紛失した際は、カード会社の24時間日本語対応の緊急窓口にすぐに連絡をすれば大丈夫です。カードの緊急停止のほか、緊急カード再発行や緊急キャッシュサービスを行っている会社もありますので、まずは相談してみましょう。
万一、第三者に不正利用された場合でも、発行会社が課す条件を満たせば、被害金額は補償されます。
緊急窓口の電話番号は、各カード会社、またはカードブランドのウェブサイトなどで出発前に確認して、カードや財布とは別にしておきましょう。

引用元-ドバイ 通貨・両替・クレジットカード (アラブ首長国連邦)【フォートラベル】

まとめ
現地で両替するのが一番良いみたい。最小限の現金と、クレジットカードを上手く使ってドバイ旅行を楽しんで下さい。

twitterの反応

 - 海外・国際

ページ
上部へ