まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

世界での日本人に対する評判

      2016/01/30

 - 海外

海外旅行に行くと気になるのが、日本人としてどの様に見られているかです。最近、世界の人々が見る日本人に対する評判は高いと聞きますが本当でしょうか。実際のところ、どうなのか調べることにしました。

スポンサーリンク

  関連記事

夫婦別姓の選択について海外での現状

結婚すると日本ではどちらかの姓を名のることになります。昨今、夫婦別姓の話が何かとマスコミに取り上げられています。実際、海外ではこの夫婦別姓についてどの様になっているのでしょうか?

ディズニーのハワイ・リゾートホテル・アウラニ

ハワイの自然と伝統がある場所にディズニーのハワイ・リゾートホテル・アウラニが誕生ました。アトラクションはありません。アロハを着たキャラクターがお出迎えします。ホテル宿泊者専用の6つのプールがあなたを夢の世界へいざないます。バケーションにいかがでしょうか?

アメリカ経済が崩壊!?日本に与える影響とは

アメリカは世界一の経済大国であり、アメリカ経済の崩壊は世界の経済の崩壊につながります。そんな中、アメリカが利上げをするという動きがあります。利上げが行われると経済にはどのような影響があるのでしょうか。

ハワイで日本の充電器は使える?ハワイと日本の電圧の違い

海外に旅行に行くときはスマホなどの充電器はそのままでは使えないことが多いです。日本と海外とでは電圧やコンセントの形が違うためなのですが、ハワイの場合はどうなのでしょうか。

台湾が親日の国である理由は

日本の周りにも多くの国が存在します。しかし、新日や反日とそれぞれの国の意見や対応も様々です。その中でもなぜ台湾は新日国なのでしょうか。詳しく調べてみました。

TPPへの日本の参加理由は何か

TPPが取りざたされていますが、最近大筋で合意したとのニュースがありました。関税が無くなる事くらいしか良く知りませんが、日本の参加理由って何なのでしょうか?

ジャガイモがドイツで普及した歴史

ジャガイモは最もポピュラーな食材です。中でもドイツでは数多くのジャガイモ料理があり、永い時間を掛けて進化してきた歴史がありそうです。ジャガイモの歴史を作ってきたドイツにスポットを当てて調べました。

中国で物価が安い地域

多くの企業が進出している中国。日本よりも多くの人口と土地を持っているが、その中でもどのような地域の物価が安くなっているのかを知りたい方も多いのではないだろうか。そこで今回は中国で物価の安い地域について詳しく調べてみた。

韓国は今後どうなる?中国経済の失速

韓国と中国は近年その経済関係を強化してきました。しかしここ最近中国のGDPの成長率や伸び率は低下してきています。今後中国と韓国の関係はどうなっていくのでしょうか。今回は中国と韓国の経済について調べてみました。

朝鮮戦争がもたらした日本への影響について

朝鮮戦争の停戦から、すでに60年が経過しました。当時GHQの支配下だった日本にも、多大な影響を及ぼした戦争です。その日本への影響について、詳しく見ていきましょう。

海外旅行に一人で初めて行く

海外旅行の一人旅には憧れますよね。言葉は通じない、知らない土地への旅は不安もありますが、それ以上に憧れも大きいです。そこで、安全に素敵な旅をする為の情報を集めてみました。

米国の大統領の任期は?日本との違い

米国の大統領選挙が始まるとアメリカ国内にとどまらず日本でも関心が高まっていきますね。ところで米国の大統領と日本の首相では任期に違いはあるのでしょうか?今回は米国の大統領選挙について調べました。

世界の子供の将来の夢は何?

日本では毎年、子供たちが将来なりたい職業ランキングが発表されています。それは時代によって変わってきています。また世界の子供たちの将来の夢は何ののでしょうか?日本と世界では将来の夢に違いはあるのでしょうか?

ドバイの空港より街中で両替した方が得

海外旅行に出かける時、何処で両替したら良いのか悩みます。現地に行ってから両替出来ないなんて最悪ですから。でも、出来るだけ良いレートで両替するには日本の空港よりドバイの空港、ドバイの空港より街中の両替所らしいのです。

アメリカ旅行 テロは大丈夫なのか

海外で旅行される方は、最近の世界のニュースなどを気にされるかと思います。最近では、世界各地でテロが起こっています。アメリカの場合、テロなどの危険性はどうなのでしょうか。調べてみました。

イギリスの旅行はEU離脱でポンド安でお得?

イギリスはEUを離脱しました。主な原因は難民問題でしょうか?イギリス国民の税金が大量に使われています。国民投票で過半数を上回りました。そしてポンドが急落しました。外国人にとってはイギリス旅行に行くチャンスですね。イギリス旅行のネット検索が増えています。

海外で金を購入することについて

金を購入されている方も多いことでしょう。日本でも多くの金を購入することが可能ですが、海外旅行の際など、日本以外で購入される場合もあると思います。日本と比べて海外では金の値段が安くなったりするのでしょうか。詳しく調べてみました。

●拾った財布を届ける日本人

スレッドは「日本人の誠実さ」というニューヨーク・タイムズの記事から。
(ちなみに記者は、過去にネットで話題になったこともあるノリミツ・オオニシ氏)

記事では、大都市で携帯電話や現金を一度失くしてしまえば、二度と所有者の元に返ることはない、という文面に始まり、しかし東京では、ということで、遺失物がデータベースで管理される点、毎年警視庁に届けられる現金2300万ドルの内、72%が所有者の元に返されるという点が紹介されています。

また、半年間所有者が現れない場合、拾得者はそのお金を受け取る事が出来るが、ほとんどの拾得者は請求することがない、という側面や、「日本では、子供の頃から落し物を見つけたら警察に届けるように教えられている」という日本の家庭での道徳教育にも言及されていました。

最後に、「人様のお金を持っていると、落ち着かなくなるんです。多くの日本人が僕と同じなんじゃないでしょうか。昔から日本人には備わっている、連帯意識みたいなものがまだ残ってるんだと思います」という、馬券売り場で発見した財布を警察に届けた、フォトグラファーの男性の言葉で記事は締められています。

引用元-【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「日本は完全に特殊な国」 外国人が語る日本人のモラルの高さ

スポンサーリンク

  人気記事

●世界では日本人の評判は高い

海外の諸都市では、その国の人がアパートや一軒家を貸すとき、相手が日本人だと安心して契約に応じる、と言います。その理由は簡単で、日本人は約束通り家賃を払ってくれるからだということです。約束を守る、というルールを意外と守らない人種が多い中、日本人は世界的にも約束を守る信用できる国の人間だと思われています。

 日本人の信用度の高さ
 (1)約束を守る。
 (2)真面目である。
 (3)支払いがきちんとしている。
 (4)争い事を好まない。

 私がケロウナに移住した当初のことです。私たちが借りた家の庭は、玄関と正面道路の間に車が縦に2台並ぶほどの面積で広がり、そのまま家の真横までつながり、さらに裏側まで緑の芝生が敷き詰められていました。たとえ借りた家であっても、庭廻りの手入れは怠らない、ということをケロウナに住む友人にアドバイスされていた私は、芝刈り器、ホースやシャベル、花壇に植える苗木を購入し、毎日のように妻と二人で庭いじりをしていました。

 やがて毎日のように近所に住んでいる人たちが、声を掛けてくるようになりました。最初は、よくある挨拶なのだろうな、と思っていましたが、やがて彼らの意図が何であるか、私は敏感に察知しました。彼らは決まって「どこから来たのか?」と訪ねてきます。私が「日本から移住してきました。」と答えた瞬間、彼らの笑顔が安堵の表情に変わりました。日本人であることが、彼らに安心感を与えたことは確かなようです。

 私たち日本人がそれぞれの国に抱くイメージがあるように、カナダ人もそうしたイメージを持っています。日本人に対しては、「約束を守る」、「まじめである」、「清掃観念を持っている」、「支払いがきちんとしている」、というイメージが強いのです。

引用元-海外生活同窓会「知らなきゃいけないこと・日本人の影響力」

●世界で高い評価の日本人

数あるランキングの中でも、非常に興味深い調査結果が発表されたので、まずはそれからご紹介したい。

その調査とは、観光客の国別の評判に関するアンケート調査で、アメリカ最大手オンライン旅行会社のエクスぺディア(Expedia)が4月に実施した「エクスペディア・ベストツーリスト 2007」というもの。調査は同社が経営するヨーロッパ12カ国(ドイツ、オーストリア、イギリス、アイルランド、ノルウェー、スイス、デンマーク、フィンランド、イタリア、フランス、スペイン、オランダ)の15,000以上のホテルマネージャーを対象に実施。「礼儀」「気前のよさ」などカテゴリーを10項目用意して、それぞれ最良、最低の国の観光客を選ぶという、非常に面白い調査だ。

ランク  ベストツーリスト 備考
1位  日本人     「行儀が良い」「礼儀正しい」「ホテルで大騒ぎをしない」「クレーム・不平が少ない」全て圧倒的なポイント差で1位。「地元の料理に興味が高い」「旅行中の金遣いの良さ」共に3位。「部屋をきれいに使う」2位。「積極的に体験しようとする姿勢」などの項目でも高評価。一方、「チップの気前の良さ」や「地元の言葉を覚えて積極的に使用する態度」は、やや低い評価となった。

2位  アメリカ人     「行儀が良い」「礼儀正しい」共に3位、「クレーム・不平が多い」1位、「騒々しい」2位。「地元の言葉を積極的に話そうとする」「地元の料理に興味が高い」「旅行中の金遣いの良さ」共に1位で、チップの額は圧倒的に1位評価。「旅行先に溶け込もうとする態度」も高ポイント。「部屋を汚す」3位、ファッションセンスは最悪と評価。

3位  スイス人     「ホテルで大騒ぎをしない」「部屋をきれいに使う」共に3位。「行儀が良い」4位。

引用元-世界で高い評価を得た日本

●日本人留学生の評判は高い

彼はオーストラリアの某学校のマーケッターで、「やっぱり日本人留学生に戻ってきてもらいたいね。」というのが同校の方針として採用され、来年は中国よりもベトナムよりも「日本」にターゲットを定めているというのだ。

正直、これはかなり意外である。

なにしろ日本は少子化で、これから若者の数は減る一方だ。確かに日本はいま、国をあげて「グローバル人材育成」に取り組み始めたところで、2011年を境に海外留学数はぐんぐん伸びている。しかし、中国の人口母数にかなうわけがないし、他アジアの伸びっぷりにくらべたらまだまだのんびりしている。

「そんなことは百も承知だよ。」と彼は言います。

「確かに、人数で言えば中国は無視できない。奨学金や支援金でどんどん留学に来るアジア諸国は魅力的だ。でも日本人留学生の魅力はそこではない。その質なんだよ。」

どうやら、日本人留学生をほしい理由とはその「バランス能力」の高さなのだそうだ。

日本以外の多くの国の留学生は、一芸に秀でる傾向にあるらしい。著しく優秀な分野があるかと思えば一方で全く歯が立たない分野があるという人が多く、日本人のようにまんべんなく総合点が高い人が少ないらしい。

引用元-日本人留学生が、世界で歓迎され始めた理由 (若松千枝加 留学ジャーナリスト) | シェアーズカフェ・オンライン

●イスラム世界の人々が日本人を尊敬する訳

トルコを含めイスラム世界の人々が日本に親愛の情を抱くのはなぜか? 『イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか』の著者で現代イスラム政治研究の第一人者、宮田律氏はこう分析する。

「イスラムの人々が日本人を評価するのは、彼らが理想とするような心意気や感情を日本人が備えていると見ているからである。」

 日本人は嘘を言わない、約束を守る、マナーが良いと評価されているという。

 そしてオリンピック招致のプレゼンで一躍脚光を浴びた、見返りをもとめないホスピタリティーの精神「お・も・て・な・し」。この精神もトルコをはじめとするイスラム諸国と共通する姿勢だという。

引用元-なぜ日本人は中東で愛されるのか 銅像を建て称えられる日本人 | デイリー新潮

まとめ
全般的に、高評価でした。日本ももっと国際化して、世界の人々に沢山知ってもらいたいです。そのために、英語教育を何とかして欲しい。6年間も学んで全くしゃべれないなんて…。

twitterの反応

 - 海外