日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

スターウォーズは映画のストーリー・製作 観る順番

      2016/01/31

スターウォーズは映画のストーリー・製作 観る順番

子どもの頃に初めて見た映画スターウォーズには、とても感動したのを覚えています。それから私は大フアンになりました。ところで、皆さんはスターウォーズを観るときの順番って決まってますか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

●映画スターウォーズとは

遠い昔の、はるか彼方の銀河系を舞台とした、スペースオペラをサーガの形式で描く[1]映画シリーズ。
欧米の文学、および比較神話学者のジョゼフ・キャンベルによる神話的雛形と汎神論的考えを元にした、神話学・人類学的作風となっている[2]。
辺境の惑星で奴隷の身分であった一人の少年アナキン・スカイウォーカーとその子供達の成長、銀河系[※ 1]の自由と正義の守護者、ジェダイと銀河系の悪と恐怖の信奉者シスの攻防、そして銀河規模の共同国家体である銀河共和国から銀河帝国への移行、その後銀河帝国の圧政に対する反乱により再び復活した「新共和国」への変遷を描いた物語である。

引用元-スター・ウォーズ・シリーズ – Wikipedia

●映画「スターウォーズ」はどの順番で見れば面白い?

話は1→6の順番で進みます。
劇場公開は4、5、6、1、2、3の順番ですので、普通はこの通りに見ていけばOKです。
しかし、4~6のDVDには2種類あり、「リミテッド・エディション」という盤に収録されている劇場公開版でないと、1~3を見ていることが前提に編集されていますので、意味のわからない部分が出てきますが、細かいところなので気にしなくてもOKです。
ちなみに、一般的に評価が高いのは4~6ですので、やはりこちらを先に見ることをオススメします。
個人的に1・2はあまり面白くないので、ここから入るのはオススメできません。

引用元-映画『スターウォーズ』はどんな順番で見ればいいんですか? – スタ… – Yahoo!知恵袋

●スターウォーズを観たことが無い人の見る順番

■スター・ウォーズを観たことがない人は「エピソード4→5→6→1→2→3」の順

「スター・ウォーズが、なぜこれほど受けたかというと、見た目のシンプルさと、それに反する世界観の奥深さが理由です。特に子供にとっては、ライトセーバーの迫力や、R2-D2とC-3POという2台のロボットによるかけあいの面白さ。BGMと共に現れるダース・ベイダーの恐ろしい外見など、非常にわかりやすいシーンが目白押しです。これらは、全9部作の1作目であるエピソード4が10億円程度の低予算で作られたため、その制限の中で監督ジョージ・ルーカスが工夫をこらした結果です。ダース・ベイダーにはできるだけ長身の役者を使い、ライトセーバーは、当時のつたない特撮技術でも見栄えがするよう『刀身を光らせる』というアイディアを採用。グリップ部分は撮影所に転がっていたフラッシュライトを改造したものです。こうした工夫と情熱が奇跡的なコラボとなり、最高の形で具現化したのがエピソード4です。まずは、当時の観客の驚きと興奮を味わってほしいです」(前田さん)

筆者も、エピソード4を最初に見た時の衝撃は、大人になった今でも忘れられない。あの壮大な世界観が、低予算という制限の中から生まれたというから驚きだ。ではなぜ、あえて旧3部作(エピソード4~6)を見た後で、新3部作(エピソード1~3)を見るべきなのか。

■エピソード1~3を味わうための伏線がエピソード4~6

「エピソード1~3はCGが多用されていて、映像の迫力が段違いなので、その後エピソード4~6という順番だとさすがに古さを感じてしまいます。また、エピソード4~6の謎解きがエピソード1~3で行われるのですが、とても可愛らしいアナキンが、最後は悪の化身になることを知っているからこそ、エピソード1~3は徐々に悲劇度が高まるスペースオペラとして成立します。もしアナキンの正体がダース・ベイダーだと知らないまま見たら、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(以後、エピソード3)のアナキン対オビ=ワンのライトセーバー戦からラストシーンまでの切なさは味わえません。さらに個人的なポイントとして、エピソード1のクワイ=ガン&オビ=ワン組対ダース・モール戦はシリーズ屈指の名場面です。ダース・モール役はスタントマン俳優なので動きの良さが段違い。そして何より両側からブレードが出る時のあの衝撃と絶望感。これは、エピソード4~6に1回も出てこないタイプの武器で、初めて見るからこその意外性です。この驚きを感じてほしいので、やはりエピソード1から見てはもったいないですね。最初にこれを見ちゃったら、『あのナギナタみたいな両刃タイプは次いつ出るの?』ということになりかねません」(前田さん)

引用元-スター・ウォーズを見る順番を評論家が解説 見たことない人は「4」から – ライブドアニュース

●映画スターウォーズは三部作で1セット

『スター・ウォーズ』は、2つの三部作でからなる全6作のサーガである。
先に公開されたエピソード4〜6を旧三部作。後に公開されたエピソード1〜3を新三部作と呼ぶ。「新・旧」の呼び方は公開順となっており、時系列が逆なので注意して欲しい。
それぞれの三部作を公開順に説明しよう。

★旧三部作 (ルーク編)Ep.4〜6

旧三部作は、ルークを主人公にした物語で、辺境の惑星で育った平凡な青年が、銀河を支配する帝国に対抗する反乱軍の戦いの中で、英雄へと成長するストーリーだ。銀河を恐怖で支配する皇帝と、直属の部下で謎の力フォースを操るダース・ベイダーとの戦いの中で仲間の友情や葛藤が描かれている。

1977年公開
・『スター・ウォーズ/エピソード4:新たなる希望』
(初公開時はサプタイトルなし)

1980年公開
・『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』

1983年公開
・『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの復讐』
(2004年『ジェダイの帰還』に改題)

★新三部作 (アナキン編)Ep.1〜3

続いて新三部作は、ルークが生まれる以前の過去を描いている。ジェダイが滅亡し、銀河帝国が台頭する激動の時代を生きた、伝説の英雄アナキンの成長を描いた作品だ。

1999年公開
・『スター・ウォーズ/エピソード1:ファントム・メナス』

2002年公開
・『スター・ウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』

2005年公開
・『スター・ウォーズ/エピソード3:シスの復讐』

2人のストーリーは、似ているようで真逆であり、韻を踏んだ、一組の陰と陽の対をなした特性を持っている。
SFのようでいて、小難しいSF特有の理論は出てこない。宇宙が真空だとか、重力がどうとか、そういう細かい事は気にしてはいけない。どちらかと言えば、宇宙を舞台にした剣と魔法のファンタジーだ。それでいて、家族や友情といった普遍的なテーマを持っており、老若男女が楽しめる作品となっている。

引用元-「旧・新全6作、どんな順番で観る?」スター・ウォーズ・イヤー記念連載『スター・ウォーズ』ノ・ミカタ : NewsACT

●映画スターウォーズを時系列順番に観る人

・1.「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」(1999年公開)
・2.「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」(2002年公開)
・3.「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(2005年公開)
・4.「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」(1977年公開)
・5.「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」(1980年公開)
・6.「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」(1983年公開)

「1、2、3、4、5、6」と、数字の順番になるので覚えやすいですね。

◎ こんな人におすすめ!

・ ストーリーは時系列で追っていきたい

時系列順なら、大河ドラマのように新3部作で主役のアナキンのエピソードをじっくり味わってから、旧3部作のルークの戦いを鑑賞することができます。スター・ウォーズは言わずもがな架空の話ですが、まるで本当にあったことかのように、細かい設定や歴史年表の作り込みがされています。そのため「あの○○が…!」と感慨深い思いに浸ったり、「それでこうなったのか!」と出来事の因果関係をすんなりと受け入れられるでしょう。12月に公開の新作は、エピソード6の約30年後の世界ということが発表されていますので、その点でも時系列で混乱することはないと言えそうです。

・ 好きなものは最初に食べる派

また、リアリティのある数々のカットをすぐに楽しめる点も、この見方のメリットのひとつ。中でもエピソード1にあるポッド・レースのシーンは、SFに興味がない人でも引き込まれること間違いなしです。好きなもの、食べたいものは食事の最初に食べる!という人におすすめ。CGを駆使したスリリングなシーンを、まず初めに味わいましょう。エピソード3を見終わって旧3部作に移ると、技術の差に少々、いや、かなりびっくりするかもしれません…。しかし、そのときにはすでに話の行方が気になって仕方がないはず。

引用元-「スター・ウォーズ」はどこから見るべき? 初心者にオススメの順番 – Peachy – ライブドアニュース

まとめ
諸説ありますが、自分の好みで観れば良いんじゃないでしょうか。

twitterの反応

 - 観光・趣味

ページ
上部へ