日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

お風呂場のカビ予防に水を掛けるのは有効か

      2015/11/04

お風呂場のカビ予防に水を掛けるのは有効か

掃除しても直ぐにカビてしまう風呂場に心折れそうになっていた時、風呂上がりに水を掛けると良いと言う話を聞きました。はたして、本当なのでしょうか?チョット調べて見ました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

●風呂場に水を掛ける目的

壁に水を掛けるというのは、浴室の温度を一刻も早く下げて、水蒸気がこもりにくくする(温度が下がれば、気体ではなく液体になる)効果があるから。汚れを落とすには、冷たい水より熱いお湯の方が効果的ですが、お湯を使えば当然蒸気が浴室内に充満します。カビは温度の高い、湿気のある場所で繁殖スピードが増しますから、浴室の温度を下げて、カビの三大繁殖条件の一つである「温度」を奪おうという理屈です。

引用元-お風呂場のカビ防止の為に最後に水のシャワーをかけたらいい… – Yahoo!知恵袋

●カビ予防に水を掛けるのは間違い

風呂上がりに風呂場に水をかけると室内の温度が下がり、カビ予防になるといわれているが、それは間違いだという。
「カビが好むのは温度よりも湿度です。水ではなく、45℃以上の熱湯をかけて一気に水分を蒸発させて早く乾かしてあげた方が効果的です。排水口にも熱湯をかけると雑菌の繁殖を防げます。排水パイプ用洗剤をかけるのもいいでしょう。また、バスマットの裏側も要注意。カビができやすいので、裏もきちんと乾かしてください」

引用元-「風呂場に水かけるとカビ予防になる」は間違いと専門家指摘│NEWSポストセブン

●カビは45℃以上のお湯が嫌い

入浴後に壁をシャワーで洗い流す方法が一般ですが、冷水か温水かどちらの意見が
正しいかですがNHKの番組で実験していましたが冷水だとカビの胞子が飛び散って
しまうため、胞子が不活性化する45度以上のお湯を掛けた後で浴室内を乾燥させるのが
良いそうです。

引用元-浴室のカビ防止におすすめな方法 – その他(住まい) | 教えて!goo

●水を掛けると逆効果

1. とにかく温水をかけるのがポイント

シャワーでよく問題になるのが冷水か温水かですよね。これはNHKが実験した結果、45℃以上のお湯をかけるのが一番効果的だったみたいです。45℃以上ならありとあらゆるカビが死滅し、石けんカスも洗剤いらずで落とせますよ。

2. これを週に一度やるだけでオッケー

こうやって週に一度、浴室内にまんべんなくお湯をかけるだけでカビを予防できて、しかもすでにあるカビも退治することができるみたい。カビの掃除ってと~ってもめんどくさいし、これはもうやるっきゃないですよね!

3. ちなみに冷水をかけると逆に増えるみたい

冷水で流すとカビの胞子が飛び散っちゃうので逆効果。実際に冷水で流した浴室の空気を培養してみたら、胞子の数がなんと500倍に膨れ上がるという結果になったんだとか。なので冷水シャワーで壁を洗うのはやめときましょう。

引用元-“週に一度”でカビが激減!お風呂のカビをばっちり防止する方法 – M3Q – 女性のためのキュレーションメディア

●お風呂場のカビ予防に大事な2点

換気してカビを予防する

定期的なお掃除も大切ですが、まずはカビを予防することが肝心です。
まずは入浴後はすぐに換気を心がけてください。
できることならお風呂場の窓とドアをすべて開放し、お風呂場を速やかに乾燥させることが望ましいです。
住居の関係で開けてるのはちょっと難しいという方は、窓とドアを完全に閉め切ってお風呂の換気扇を少し長めの時間に設定してつけておくと良いでしょう。
これだけでもお風呂のカビ予防になります。

シャワーでカビを予防する

よく、お風呂から上がる時に、お風呂場の壁に冷水をかけてから出ると良いと言われてますが、ここでは45度くらいのお湯を壁にかける方法をおすすめします。
カビは45度以上の環境では活動できなくなり、死滅します。
また、この方法はカビだけでなくお風呂場の石鹸カスや湯アカの除去にも効果があるので、ぜひ試してみてください。

引用元-お風呂のカビのとり方、教えて! – くらしのマーケット

まとめ
カビには水ではなく、45℃以上のお湯が効果的だと解りました。また、換気をする事でさらなる効果が期待出来そうです。綺麗なお風呂場を保つ為、頑張りましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ