日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

コレステロールを下げる効果がお茶にある

      2016/02/03

コレステロールを下げる効果がお茶にある

最近、コレステロールが気になり出した方は多いのではないでしょうか。コレステロールを下げるために手っ取り早く、直ぐ始められるのがお茶だと聞きました。お茶にはどの様な効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置...

理想のテレビは何インチ?6畳部屋の場合

テレビのサイズはどのように選んでいますか?部屋の大きさによっ...

何が違う!?農協と銀行の違いとは

お金を預ける機関には銀行の他に農協などがあります。この銀行と...

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手...

水が沸騰すると泡ができるけれど、その正体は?

水が沸騰すると、鍋肌に泡ができますね。ぐらぐら沸騰した時に底...

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

スポンサーリンク

●コレステロールってなに?

コレステロールとは?

コレステロールとは、細胞膜を生成する必要な要素で、生きていく上で欠かせない「脂質」の一種です。
健康診断時の検査で引っかかったり、メディアのダイエット特集等で、「コレステロール=悪いもの」というイメージがありますが、コレステロールは体全体に存在します。
役割としては、細胞を包む細胞膜の原料になっていたり、ビタミンDの合成に使われ、心身の活力を高める副腎皮質ホルモンや、脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料にもなっています。
コレステロールは食物から摂ったり、肝臓で合成され、1日に必要とされる量は、 1,000~1,500mgといわれています。
人は、必要なコレステロールの2/3を体内でを生成し、残りの1/3を食物から摂取しています。

悪玉コレステロール(ldl)と善玉コレステロール(hdl)

善玉・悪玉というと聞こえが悪いのですが、コレステロールの役割(正確には、リポタンパク質の違い)と影響によって分けて考えられています。
悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールは、体の各所に必要なコレステロールを血流に乗って運ぶ役割をしています。
運びすぎると血管内壁にへばりついてしまい、そのまま放置すると動脈硬化の原因となり、動脈硬化は、心筋梗塞、狭心症や脳梗塞のリスクを高めますので、LDLコレステロールが「悪玉」と言われる所以です。
ただし、働き的には、生きていくのに欠かせない役割を担っています。
善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールは、逆に余ったコレステロールを運び出す役割をします。体に悪影響を与える量のコレステロールを細胞壁から運び出す、といことなので、「善玉」と言われています。
健康診断や血液検査などでは、コレステロールに関しては、総コレステロール値、LDL値、HDL値がチェックされます。

引用元-コレステロールとは? | コレステロールを下げるAtoZ

●お茶にはコレステロールを下げる効果がある

コレステロールを引き下げるお茶は意外と日常的に飲んでいるものが数多いです。
たとえば、緑茶や紅茶、烏龍茶、どくだみティーなどおのおの血中の悪玉コレステロールを減ずる自然作用があります。
飲んですぐ劇的に作用がある理合ではないものの中性脂肪など健康保持の措置としておすすめ度は高いと言えるでしょう。

トクホと言う言葉が定着したように中性脂肪の措置と健康保持と言うのは切っても切り離せません。
日本人は食生活には不自由していないので、日常暮らしでの酒を飲むことがつもりつもってメタボになってしまいます。

忙しない現代人は体を動かす時間もなかなか取れませんから、
意識的に措置をしないとどんどん体内に中性脂肪が累積されてしまうわけですね。

引用元-悪玉コレステロールを下げるには お茶【お茶の恐るべき効果とは!】

●コレステロールを下げる飲み物

お茶

お茶に含まれている「カテキン(タンニンの一種)」には、食事中のコレステロールの吸収を抑える効果があり、『食事とともに約200mgのカテキンを含む飲料を1日3回摂取すると血中コレステロールが減少した。』というデータもあります。

出来れば茶葉ごと飲むのがいいそうです。

一般的に市販されているペットボトルのお茶(500ml)に含まれているカテキン量はおよそ200mg前後、カフェイン量は50mg前後。

濃い味タイプはカテキン量がおよそ350mg前後、カフェイン量は100mg前後。

Point! お茶や紅茶に含まれる「タンニン」を摂りすぎると体内に鉄分が吸収されにくくなり、貧血になりやすくなる。という話しも聞くので、飲みすぎには注意しましょう。

コーヒー

コーヒーに含まれる「カフェイン」、「クロロゲン酸」には、脂肪分解を促進する効果が期待出来る。と言われています。

目安は4、5時間おきに、1日3、4杯を食間、食後に飲む。

有酸素運動や入浴の30分前に飲むのもオススメ。

ただし毎日飲み続けると、体の中にカフェインに対する耐性が出来るので、2週間ほどカフェインを含む飲料(コーヒーや緑茶)の摂取を控えてから、また飲み始めると効果が現れやすいそうです。

Point! カフェインの摂り過ぎは中毒や依存症を引き起こしてしまうので、カフェイン摂取量は1日400mg程度までに抑えましょう。

引用元-中性脂肪、コレステロールを下げる飲み物まとめ | 中性脂肪、コレステロールを下げる!

●コレステロールを下げるお茶のベスト3と飲み方

1.緑茶

コレステロールを下げるには、お茶の中でも深蒸し煎茶、抹茶や玉露茶を利用することが効果的です。
コレステロールの上昇を防ぐことができるペクチンは、茶葉自体に多いのです♪
「緑茶を多く飲む人ほど血中コレステロール値が低い」という調査結果もあります。
玉露・抹茶・煎茶・番茶・ほうじ茶の中でカテキンが一番豊富なのは、煎茶です。
 
深蒸し煎茶は、製茶の段階でしっかりと蒸されて茶葉がやわらかくなっています。
なので、お茶として淹れたときには茶葉が細かく崩れて濃い緑色になります。
この濃いお茶にペクチンがたっぷりと含まれているため、食事とともに飲めばコレステロールに◎
抹茶とゴマを混ぜてふりかけを作って、玄米飯にかけて食べるのもおすすめ♪
茶葉がやわらかい玉露茶は、水出しで淹れても栄養がしっかりと出てきます。
 

2.紅茶

緑茶カテキンもそうですが、紅茶ポリフェノールもコレステロールに◎!
テアフラビンという物質があり、大変強い抗酸化作用があると言われていて、未酸化のカテキンよりも強いという論文があります♪
紅茶の香りはストレス解消にもなるので、健康のために飲む方も多いです(*^^*)

3.ルイボスティー

ルイボスティーは栄養豊富なんです♪
南アフリカ原産なのですが、現地では「不老長寿のお茶」とされていて大人気です。
日常生活では摂取しにくいミネラルも多いので、美容にもおすすめです♪
カフェインが含まれていないので、とにかく体に優しいです。肝臓が悪い方にも◎
 

コレステロールを下げるための効果的な飲み方

カフェインの取りすぎはよくないので1日3杯程度を目安にして下さいね♪
 
コレステロールを下げるには、水溶性食物繊維は絶対に欠かせないものです。意外と多くの食材に含まれるものですが、野菜が苦手であれば不足しやすいものです。
お茶であれば、嫌いという人は少ないですよね(*^^*)
コレステロールを下げる他にも効果的!

食事中に飲めば、フッ素の働きによって虫歯を予防することもできます。
茶葉に含まれるカフェインには、ダイエットにも効果的なのでぜひ飲んでみて下さい♪

引用元-コレステロールを下げるには?《どのお茶で効果的になる?》

●緑茶を飲み続けるだけで嬉しい効果がある

緑茶には様々な健康成分があることが知られています。特に普段から砂糖が沢山入っている清涼飲料水を飲んでいる人は、無糖の緑茶に変えるだけでかなりのダイエットに成功するのではないでしょうか。

緑茶にはビタミンも豊富に含まれているので、ソーダー類よりもずっと栄養価の高い飲み物です。 緑茶の栄養素としては、カテキンがよく知られています。カテキンは、コレステロールの吸収を阻害するだけではなく、生活習慣病やアンチエイジングの効果も報告されており、健康を意識する世代には、かなり嬉しい成分が含まれる飲み物です。

嗜好品として楽しめるだけではなく、緑茶を飲む習慣を続けることによって、健康や美容にも貢献できるというのは嬉しいですね。

そしてメタボリックシンドロームの初期段階である、コレステロールを下げることにも多いに効果があるとなると毎日の生活に取り入れたいですね。

緑茶というと、以前は家庭で熱いものを急須で飲むというのが普通でしたが、いまでは便利なティーバッグや、ペットボトルで冷たい緑茶などもいつでもどこでも手に入れることができるようになりました。ですから緑茶好きの人だけではなく、いつでも緑茶を飲むことができる環境にあるのは、コレステロール値のコントロールに苦労している人にとっても喜ばしいことです。

引用元-緑茶はコレステロールを下げる – LDLコレステロール値が高い原因

まとめ
他にも効果のある飲み物はたくさんありますが、お茶なら直ぐにでも始められそうですね。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ