日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

糖尿病治療は炭水化物を減らして糖質制限

      2016/02/04

糖尿病治療は炭水化物を減らして糖質制限

糖尿病治療には必ず食事療法が施されます。辛い食事制限は続ける事が難しいと思いますが、今はそんなに辛い思いをする事無く炭水化物の摂取量を減らす、糖質制限食が有ると聞きました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

スポンサーリンク

●糖尿病は大きく分けて2つある

糖尿病になると、体内のインスリンの作り方や使い方に問題が起き、摂取した食物エネルギーを正常に代謝できなくなります。
インスリンはすい臓で作りだされて血糖を正常範囲に保つ役割をしますが、インスリンの作用不足により、血糖が高くなってしまうのです。
糖尿病には大きく分けて次の2つのタイプがあります。

2型糖尿病 (インスリン分泌不全とインスリン抵抗性による糖尿病です)

すい臓はインスリンを作り出しますが、量が十分ではない(インスリン分泌不全)か、作られたインスリンが十分作用しません(インスリン抵抗性)。以前は「インスリン非依存型糖尿病」と呼ばれていました。
2型糖尿病は適切な食事指導と運動、薬の内服・注射やインスリンで治療します。2型糖尿病は最も一般的な糖尿病で、10人に9人以上はこのタイプです。若い人でも発症する場合もありますが、40歳を過ぎてから発症する場合がほとんどです。
糖尿病になるかどうかには一部遺伝が関係しており、肥満が原因とは必ずしもいえません。
砂糖など甘いものの取り過ぎばかりが原因ともいえませんので、糖尿病にかかったのは、決して本人のせいだけではないのです。

引用元-糖尿病ってどんな病気? | Diabetes.co.jp

1型糖尿病(インスリン欠乏による糖尿病です)

すい臓がインスリンをほとんど、またはまったく作ることができません。
よって、インスリンを注射しなければなりません。このため、以前は「インスリン依存型糖尿病」とも呼ばれていました。
糖尿病の患者さんのうち、1型糖尿病は10人に1人もいません。
若いうちに発症する事が多いのが特徴ですが、年齢に関係なく発症が見られます。

引用元-糖尿病ってどんな病気? | Diabetes.co.jp

●糖質と炭水化物の関係は?

糖類とは糖質のうち、単糖類または二糖類で糖アルコール以外の物、具体的には砂糖やブドウ糖、果糖などを指します。”糖類ではない糖質”にはデンプンがありますが、飴にデンプンが入っているとは思えません。

...というわけで、その炭水化物(糖質)は糖アルコール、例えばキシリトールやエリスリトールなのではないかと思います。

炭水化物とは食物繊維と糖質の総称なので、厳密にいうなら炭水化物=糖質ではありません。

食後血糖値をすぐに上げるものは炭水化物のうちの糖質ですから、糖質ゼロなら血糖値はあがりません。

多くの食品において、食品中の炭水化物のほとんどが糖質になると思いますから、現実的には炭水化物=糖質と考えて差し支えはないと思います。

(海草のような例外はありますが。また、エリスリトールという糖質は体外に排出されるので、血糖値には影響しないとされています。)

ご飯100g 炭水化物37.1g、食物繊維0.3g、糖質36.8g
バナナ100g 炭水化物22.5g、食物繊維1.1g、糖質21.4g
カットワカメ100g 炭水化物41.8g、食物繊維35.6g、糖質6.2g
五訂増補日本食品標準成分表(本表)より

ジャガイモは炭水化物を多く含む食べ物であって、炭水化物そのものではありません。(生100gあたり、炭水化物17.6g、食物繊維1.3g、糖質16.3g)

>「糖質0」「炭水化物15g」といった表記
炭水化物15g・糖質0gではなくて、炭水化物15g・糖類0gではありませんか?キシリトールのようなものは、炭水化物(糖質)ですが、糖類ではありません。炭水化物から糖質を抜いたら、残りは食物繊維です。

引用元-糖質ゼロと炭水化物の関係、血糖値への影響について。 – 知人が… – Yahoo!知恵袋

●炭水化物を抑えた糖質制限食の原理

血液中のブドウ糖の濃度を血糖値と言います。
糖質・炭水化物は最終的には酵素で分解され、ブドウ糖となって小腸から吸収されます。このため、糖質・炭水化物を摂取すると血糖値が上がります。一方、脂質やタンパク質は血糖値をほとんど上げません。これが、糖質制限(低炭水化物)食で食後の血糖が良好にコントロールされる原理です。
さらに、糖質・炭水化物を摂取して血糖値が上昇すると、それに反応して血液中のインスリンの濃度も上昇します。インスリンは血糖値を下げると同時に余分な糖分を脂肪にかえて体の中に蓄積させるように働きます。糖質制限(低炭水化物)食ではこうしたインスリンの反応が抑えられるので、脂肪が蓄積しにくくなるわけです。

引用元-糖質制限食による糖尿病治療なら名古屋市の小早川医院

●糖尿病治療の糖質制限食は何処まで炭水化物を制限するか

最近、健康雑誌や書籍などで、非常に厳しい糖質制限(3食とも炭水化物を抜く)を推奨し、「そのかわりにステーキを腹いっぱい食べても大丈夫」などと述べている記事を見かけます。これを盲信することは大きな危険をはらんでいます。なぜなら、欧米の大規模研究で糖質制限を厳しくすればするほど総死亡、ガンによる死亡、心血管病(脳卒中や心筋梗塞)による死亡が増加するというデータが次々と報告されているからです。

一方、ハーバード大学の大規模研究によれば、「動物性脂肪・タンパク質を中心としたローカーボ食では総死亡、脳卒中や心臓病による死亡、およびガンによる死亡が増加したが、植物性脂肪・タンパク質を中心としたローカーボ食では総死亡、脳卒中や心臓病による死亡は減少し、ガンによる死亡については差がなかった」という結果が得られています。

これらの研究成果は、糖質制限(低炭水化物)食のやり方を誤ると血糖は下がるがかえって寿命が縮まってしまうという結果になりかねないことを示しています。同時に、植物性脂肪・タンパク質を中心とした緩やかなローカーボ食は安全であることも示唆しています。私は、3食の内1食のみ炭水化物を除去する程度の緩やかなローカーボ食が最も安全であると考えています。3食とも炭水化物を除去するという厳しい制限は、HbA1cが11%を超えているような重症の糖尿病の場合に、数か月以内の短期間に限って行うべきです。

引用元-糖質制限食による糖尿病治療なら名古屋市の小早川医院

●糖質制限は医師の指導の下で行おう

糖尿病の食事療法において、糖質の制限は、血糖や体重のコントロールという視点からメリットはありますが、極端な糖質制限は、たんぱく質や脂質摂取の増加を招きやすく、かえって糖尿病そのものの進行や、合併症の発症や進行に影響を及ぼすなどのデメリットが懸念されます。

糖質制限には、糖尿病や合併症などの進行具合に合わせた細かな対応が不可欠です。
自己の判断で行うのではなく、医師への相談の上で行い、状況の変化に合わせた食事療法を継続的に実行することが重要です。

引用元-糖尿病における糖質制限の効果~無理なく安全に続けるために~ | 糖尿病症状セルフチェック.com

まとめ
無理なく出来るって良い事です。医師に相談してから始めましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ