まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

ADHDの診断は年齢で変わるのか

      2016/02/04

 - 美容・健康

子どもが、集団生活の始まる年齢になると何かしら気になるものです。他の子たちとの協調が上手くいかないので、病院へ行くとADHDと診断されることが有ります。ADHDの症状は年齢で変わるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

身体測定前に実践☆身長を簡単に伸ばす方法まとめ

『あと1cmあれば170cmなのに…』身体測定を前に、あと少し身長を伸ばしたいあなたへ!簡単に身長を伸ばす方法があります!これを見てぜひ試してみてください♪少し気をつけるだけで結果が変わるので驚きですよ☆

風邪やインフルエンザは同時に感染するのか?

今年もインフルエンザが流行しました。かかってしまった方も多いのではないでしょうか。しかし、通常の風邪と一緒にインフルエンザに感染することがあるのでしょうか。また、インフルエンザのA型、B型なども同時にかかることはあるのでしょうか。

筋肉量の平均以上を男なら目指そう

体脂肪率も気になりますが、男なら筋肉量も気になります。筋肉量の平均値はいくらか、筋肉量にこだわらなければならない理由。マッチョな体ではなくても良いが、せめて平均に近づけたい。

DHCのサプリメントはどう飲む?おすすめの組み合わせ

サプリメントを食事の栄養補給のサポートとして飲んでいる人は多いでしょう。サプリメントといえばDHCが有名ですね。サプリメントは組み合わせを気を付けないとちゃんと吸収されないようです。今回はサプリメントについて調べました。

虫歯治療後、麻酔が切れる時間や痛みについて

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。しかし、麻酔は時間が経てば切れてしまいますし、切れた後、痛かったりしますよね。そこで今回は、虫歯治療後麻酔が切れる時間などについて調べてみました。

赤ちゃんの頭が大きい?考えられる病気とは?

赤ちゃんの頭は遺伝で大きい場合もあります。しかし不自然に大きな場合は病気である可能性があります。赤ちゃんの頭が大きい場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?

もしも都立高校受験日にインフルエンザにかかったらどうする?

2016年が明けてからインフルエンザの猛威はすごいものでしたね。この時期は都立高校などの受験があるので体調管理には本当に気を使います。もしも都立高校受験日にインフルエンザに罹ったらどうしたらいいのでしょうか。

足の爪をおしゃれに!自分でもできるジェルネイル

サンダルをはく季節になると足元が気になりますよね。足の爪にネイルをしていると見た目も気分も華やかになります。そこで今のネイルの主流であるジェルネイルについて調べてみました。

半月板損傷の手術と麻酔について

主にスポーツをしている時になりやすいとされる、半月板の損傷。プロの野球選手やサッカー選手でも、よく聞く病名ですね。もちろん一般の方でも、部活やサークル活動などでスポーツを楽しむ方がなる可能性はあります。半月板損傷ってよく聞くけど、一体どういう症状が出るのでしょうか。手術をするにしても、全身麻酔? それとも部分麻酔?入院期間や費用は? 日常生活に復帰できるまでどのくらいかかる?ということで、調べてみました。

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

頭を強打してたんこぶができてしまうことがありますね。たんこぶができた時はどうしたらいいのでしょうか。たんこぶができて、さらにほかの症状がある場合は注意が必要なようです。今回はたんこぶができた場合の対処法を調べました。

禁煙の方法で効果があるものは何でしょう?

本気で禁煙を考えている人は必ずやめられるのでしょうか?禁煙グッズはいろいろあります。端から試してみるものいいけれど本気さに欠けるように思います。なんでタバコを吸ったのでしょう?なんでタバコを売っているのでしょう?不思議な世の中ですね。

親知らず抜歯後の穴に白いものが…

歯医者はハッキリ言って嫌いですが、とうとう親知らずを抜歯する事になりました。痛い思いをして抜いた跡をおそるおそるのぞいてみると、白いものが見えます。えっ!骨?いや、チョット違う。

頭を強打した時は頭痛や様々な症状の変化を観察しましょう

頭を強打した場合、「たんこぶができれば大丈夫」とよく聞きませか?その言葉を鵜呑みにしてはいけません。今は医療の進歩によりきちんと検査ができます。症状をよく観察してください。頭痛やめまい、言語障害などの症状があったら、早めに受診しましょう。強打して意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

臍ヘルニアの手術とは?費用はどのくらい?入院はするの?

臍ヘルニアと聞くとなんだか重大な病気のように聞こえますが、つまりは出べそのこと。臍ヘルニアは自然に治る場合もありますが、手術となる場合もあります。手術することになった場合、入院期間や費用はどうなるのでしょうか?

筋トレを毎日やるのと隔日やるのとでどっちが有効

筋トレをしていると、効果がありそうで毎日続けていますが、隔日の方が効果は高いんだよと聞きました。毎日続けた方が良いに決まっているじゃん。いまいち納得が行かないので調べました。

血圧を測るとき右手と左手どっちで測る?

血圧は血圧測定器があれば自宅でも測ることができますが、右手と左手ではどちらで測るのがいいのでしょうか?また右と左で、血圧の数値に違いがある場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は血圧の測り方について調べました。

ステロイドの副作用!? 内服の場合はどんな副作用がある?

ステロイドは皮膚科などでもらう塗り薬などの外用薬の他に、内服薬もあります。ステロイドの内服薬によって、治療に大きな効果がみられる場合もありますが、副作用が起きることもあります。今回はステロイド内服薬の副作用について調べました。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

一重と二重の片方だけは気になる

片方だけが一重だったり、二重だったりすると気になりますよね。出来れば左右揃えたいのが人情と言うもの。二重にする方法や二重から一重に出来るの?と言った疑問。また、変える必要性などを集めてみました。

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

●ADHDとは

集中困難・過活動・不注意などの症状が通常12歳までに確認されるが、過活動が顕著でない不注意優勢型の場合、幼少期には周囲が気付かない場合も多い。
不注意(inattention)には、以下の症状などがある

・簡単に気をそらされる、細部をミスする、物事を忘れる、作業を頻繁に他の事に切り替わる
・ひとつの作業に集中し続けるのが難しい
・その作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる

年齢が上がるにつれて見かけ上の「多動(落ち着きがなくイライラしているように見える)」は減少するため、かつては子供だけの症状であり、成人になるにしたがって改善されると考えられていたが、近年は大人になっても残る可能性があると理解されている。その場合は多動ではなく、感情的な衝動性(言動に安定性がない、順序立てた考えよりも感情が先行しがち、論理が飛躍した短絡的な結論に至りやすい)や注意力(シャツをズボンから出し忘れる、シャツをズボンに入れ忘れる、ファスナーを締め忘れるといったミスが日常生活で頻発する、など)や集中力の欠如が多い。

遺伝的な要因もあるとされるため、症状は育て方や本人の努力で完治することはないとも言われている。近年では成人にADHDを認めるべきと考えられている。また、12歳以下でADHDと診断がされなかったのに、成人してADHDと診断される者も多く、診断の方法には議論がある。
うつ病やPTSD、アスペルガー症候群でも類似の症状を呈する上に合併してしまう事もあり、正確な判断はADHDに理解の深い医師の診断でなされる必要がある。またアスペルガー症候群や高機能自閉症との関連については合併症としてではなく、これらの症状全てを自閉症スペクトラムの中に内在する高機能広汎性発達障害(高機能PDD)の一種として区分せずに診断して取り扱うといった見解も出ている。

引用元-注意欠陥・多動性障害 – Wikipedia

スポンサーリンク

  人気記事

●ADHDには周囲の理解が必要

ADHDの主な症状である「不注意」「多動性」「衝動性」の頻度や程度をできるだけ減らし、本人や周囲の人が困っている点を改善して、その子らしく生きられるように手助けをするのがADHDの治療の目標です。本人の生きにくさを取り除き、他の子どもたちと同じように学んだり遊んだりすることができるように適切にサポートしていくのです。
まず大事なのは、保護者や幼稚園・学校関係者など周囲の人たちがADHDについて正しく理解すること。
その上で環境調整や心理療法などの教育・療育的な支援を行います。
集団の中でうまく適応するためのノウハウを本人が学ぶソーシャルスキルトレーニングと、保護者が子どもの問題行動にどのように対処したらいいかを学ぶペアレントトレーニングが代表的です。
しかし、それだけでは学校や家庭での不適応が改善しない場合には、薬物療法との組み合わせも選択肢となります。薬の服用は、ADHDの子どもが自らをコントロールすることや、周囲との協調性を学ぶための手助けとなります。

引用元-もっと知っておきたい発達障害(ADHD) たいせつなのは年齢に合った適切な支援|あんふぁん

●ADHDの診断される年齢は就学前が多い

ADHDの子を持つ保護者を対象した調査によると、現状ではADHDと診断された年齢は、平均6.7歳、薬物療法の開始は8.2歳となっていました。
しかし、わが子がADHDと診断を受けた保護者に振り返って、理想の薬物療法開始時期をうかがうと、41%の保護者が「就学前」と回答されています。
小学生になればきっとうまくいくのではないかと期待を持ってそのままにしていたけれど、うまくいかない、振り返ってみるともっと早く障害だと知りたかった、もっと早くから薬物療法をしていれば、学校や友人関係、周囲とうまくおりあえたと思うこともあるようです。
なお、薬物を使用できる目安は6歳からです。わが子の発達に問題があるのではないかと気になったら、できるだけ就学前に、まず地域の保健センターや発達障害者支援センター、児童相談所、かかりつけの小児科医などの専門機関に相談することを勧めます。
その後、必要ならば専門の医療施設に紹介してもらえるでしょう。
症状が激しく現れる人は見つかりやすいけれど、大人になるまでADHDとは分からないまま、本人がその能力を十分に発揮できなかった、長い間生きづらい経験をしてきたという人もたくさんいます。
できれば就学前には気付いてあげて、適切な対応・支援を受けることが、子どもにとって最も大事です。

引用元-もっと知っておきたい発達障害(ADHD) たいせつなのは年齢に合った適切な支援|あんふぁん

●ADHDの現れる年齢は?

私はADHDの疑いがある娘(5歳)がいます。
専門機関での診察は まだ受けていません。
疑いがあると診察をされたのは 半年前に別の症状がきっかけで小児科で診断を受けました。
なぜ専門機関で診察をしないのかといいますと、生活する上では そこまで支障をきたしていないからです。
おそらく 専門機関にかかった場合 判断がはっきりできない グレーゾーンといわれる部分にいると思われます。

選択肢は3つです。
1.専門病院で診察を受け はっきりさせる。
2.とりあえず 不安があることを小児科や自分の地域の保健士(保健センターなどに相談する)
3.現状維持で 特に何もしないです。

ADHDは病院によって 診断も違うのが現状です。
が、その傾向があるか無いかを見極めることは とても私たちにとってプラスになることです。
私の場合は 可能性があるといわれた段階で、専門病院で見てもらうのは これからの状況を見てと考えています。
何歳から現れるかという質問ですが、これはなんともいえません。
多動の症状が主でしたら 小さなころからエンジンがかかったように 激しく動く傾向がありますし、注意欠陥が主でしたら、もう少し大きくなってこないと 見えてこないこともあります。
私の娘の場合は すでに1歳のころから 動きが激しく感じていました。
5歳の今でも 過度に動きます。
そして 忘れ物や 一つのことを最後までやることが困難です。
私もそうだったのですが 娘は初めての子供だったこともあり 普通とは何かがわかりませんでした。
小児科で ADHDと診断される基準を見せていただいたのですが、多くのお子さんがいろんな項目に当てはまるものばかりです。
ADHDと判断されるのは 今の年齢からして 過度に○○であるかどうかということですね。
でも そのラインが『ここ!!からADHDです!』といえないもの現状です。
だから グレーゾーンが存在するわけです。
私も最初から専門病院に行くことには抵抗があって今のように 段階を踏んでいるところです。
専門病院の場合は児童精神科・児童心理外来・特殊外来・小児心療部など 名前はいろいろです。
自分の地域の保健センターなどでも 病院の資料などを提供してくれたりしますよ。
ちなみに 私の地域で紹介してくれている病院は どこも予約制の 早くて数ヶ月~1年待ちです。

引用元-ADHDについて質問です。ADHDの症状って何歳から現れるんでしょう?今年3… – Yahoo!知恵袋

●診断後は適切な治療をしなければ年齢とともに悪化させる

従来からの学級活動および学業活動では,無治療または適切な治療を受けていないADHD児の症状および徴候をしばしば悪化させる。社会的および情緒的未成熟は解消されないであろう。加齢および症状の顕在化とともに,友人の重要度低下および孤独感の増大が進行する。またADHDは,同定し治療を行わない場合,薬物乱用を招くこともある。

多動性の症状および徴候は年齢とともに減少していく傾向があるものの,青年期および成人期になっても困難が残ることがある。知能障害の併存,攻撃性,社会的および対人的問題,ならびに親の精神病理の併存は,青年期および成人期における予後不良の予測因子である。青年期および成人期の問題は,主に学業不振,自尊心の低下,適切な社会的行動の学習困難などとして現れる。衝動性優勢のADHDをもつ青少年または成人では,人格特性の障害および反社会的行動の頻度が高く,その多くが衝動性,不穏,社会的技能の不足を示し続ける。ADHDをもつ人々は,学校や家庭の場よりも職場において良好な適応を示すようである。

引用元-注意欠陥/多動性障害: 学習障害および発達障害: メルクマニュアル18版 日本語版

まとめ
おかしいなと思ったら出来るだけ早く専門医の診断を受けましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康