まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

中国語の発音をテキストを使って独学で学ぶ

      2016/02/06

 - 雑学

いまや沢山の中国人が日本へ押し寄せて、爆買いしています。必然的に中国語を話せると言う事は、ビジネスや就職に有利と考えられます。漢字はある程度読めても、あの複雑な発音は難しいと思います。何か解りやすいテキストがあると助かるのですが。

スポンサーリンク

  関連記事

朝に勉強するといい教科

試験勉強や受験勉強は一日のいつ頃していますか?なんと朝と夜では脳の働きが違うらしいです。つまり時間によって勉強するのに向いている教科があるようなので、今回はそのことについて調べてみました。

自損事故で保険を使うときも事故証明は必要?

相手がいないとは言え自損事故は愛車が傷つき嫌な思いをします。擦り傷程度ならまだしも、ベッコリ凹ましたときには心まで凹みます。元通り直すため、保険を使うには相手のいない自損事故でも事故証明っているのでしょうか?

プラモデルの塗装、初心者にもわかりやすく

プラモデルを作られる方は塗装もしてみたいという方も多いと思います。しかし、何から始めていいのかわからないのではないでしょうか。そこで今回は、初心者のためのプラモデルの塗装について調べてみました。

ネットの情報を鵜呑みにするのは危険!正しい情報の見分け方

ネットには様々な情報があふれていて、何かを調べるのにはとても便利ですね。しかし正しい情報かどうかの判断が難しいので、そのまま鵜呑みにするのはとても危険です。今回はネットの情報の見分け方について調べました。

2016年の注目の新人女優は?今後の活躍に期待!

毎年のように注目の新人女優さんは出てきますが、2016年もたくさんの女優さんが出てきましたね!今回はネットなどで話題になっている今注目の新人女優さんを調べましたので紹介します。

ラインの「知り合いかも?」は友達かも?黄色の意味は?

ラインを利用していると「知り合いかも?」と表示されている人がいますね。「知り合いかも?」の中には友達かもしれない人も入っている場合があります。また、表示が黄色で表示されるのはなぜなのでしょうか?今回はラインの「知り合いかも?」の表示について調べました。

車のトラブルは24時間365日電話で対応してくれます

車のトラブルはいろいろあります。突発性のものですから、普段から対応を考えておく必要があります。特に道路上のトラブルでは巻き込み事故に注意をしてください。まずは車から離れて安全を確保してください。電話をするのはそのあとです。

車の鍵を紛失!なくさないための管理方法

車の鍵を紛失した!これは非常に困りますね。紛失しないためには日頃からきちんと管理しておかないといけません。それでもなくしてしまった場合はどうしたらいいのか調べてみました。

家庭教師の個人契約の給料は?個人で家庭教師をするには

大学生のアルバイトといえば家庭教師がありますね。家庭教師は業者を通じて仕事をする場合と個人契約でする場合があります。個人契約の場合の給料はどのくらいなのでしょうか。今回は家庭教師の個人契約について調べました。

足のサイズと身長の関係

身のまわりに足のサイズが大きい人や、身長が高い人などいるかと思います。身長が大きいと足のサイズも大きい感じはしないでしょうか。身長と足の大きさは比例の関係があるのでしょうか。詳しく調べてみました。

結婚式の招待状が来たが行けない…断る方法は?

結婚式の招待状が届くことはとってもおめでたいことですね!しかし、その日は用事があってどうしても参加ができない場合などもあります。失礼がないよう断るにはどうしたらいいのでしょうか?今回は結婚式の招待の断り方についてついて調べました。

ヤフオクを利用する時は注意!?値段の吊り上げとは?

ヤフオクとはYahoo!JAPANが提供しているインターネットオークションサービスのことです。身の回りの物を手軽に出品できるので人気のサービスですが、入札する場合は値段が吊り上げられていないか注意が必要です。

ゆうちょ銀行のクレジットカードを解約する方法は?

ゆうちょ銀行でクレジットカードを作れることを知っていますか?ゆうちょ銀行のクレジットカードは年会費などはいくらなのでしょうか?また解約するにはどうしたらいいのでしょうか?今回はゆうちょ銀行のクレジットカードについて調べました。

女神が出てくる日本神話

日本人は極当たり前に思っているのでしょうが、話の中に始めから多くの女神が出てくる日本神話は、世界中の神話でも珍しいらしいです。そんな日本神話に出てくるけれど、あまり知られていない女神について調べてみました。

ラーメンの出前のラップが剥がしにくくありませんか?

ラーメンの出前はラップがかかって、さらに輪ゴムがしてありますね。ラップを外すのが、結構難しいのです。中のスープが飛び跳ねたり、ラップを置いたテーブルがぐしゃぐしゃになったりします。外食店も今は多彩ですね。そんな中、出前ばかりのラーメン屋さんもあるようです。店主の高齢化で、昔ながらのラーメンが食べられなくなるかもしれません。

病院への初めての受診の仕方とは?

病院に初めて受診する場合はどの病院に受診すればいいのでしょうか?大学病院などの大きな病院には初めてでも受診をすることは可能なのでしょうか?今回は初めての病院の選び方と受診の仕方について調べました。

看護師になるには?!専門学校でかかる費用

看護師になるには大学か専門学校に通う必要があります。ところで大学と専門学校では学費などはどのくらい違うのでしょうか?今回は看護師の専門学校にかかる費用について調べました。

郵便局の保険を解約する時に知っておきたいこと

今、郵便局の保険を解約しようかなと考えているあなた。◆知り合いに他の保険を勧められたから◆保険にかけるお金がもったいないと思ったからetc、なんとなくで解約しようとしていませんか?知らずに解約してしまうと、反対に損してしまう可能性もありますよ。

風呂上がりに牛乳はいい!?その効果とは

風呂上がりには冷たい牛乳を飲むのが習慣の人は多いのではないでしょうか?ところで風呂上がりに牛乳を飲むと何か効果があるのでしょうか?今回は風呂上がりの牛乳の効果について調べました。

電子書籍端末のメリットとデメリット

本を買えば買うほど溜まっていき、しまいには本棚から溢れている・・・なんてことは、本好きな人なら誰でも通る道であり、頭を悩ませるところでもあります。ところが電子書籍は、本が増える心配がなく、1つの端末で、膨大な量の書籍を持ち運ぶことが可能なのが、大きな利点ですね。あなたは、電子書籍、何で読んでますか?

●中国語の必要性について

日本人みんなに中国語を勉強した方がいいですよとは言いませんが、これから東京オリンピックまで増え続ける外国人観光客のために外国語を勉強したいと思うなら中国語がおすすめです。その理由が訪日外国人の数字です。
 
このサイトを見ている人たちはすでに中国語に興味があり、中国語を勉強している人たちです。いいところに目をつけていると思います。これから中華圏の中国語を話す地域の人たちがさらに多く日本へやってくる予想がたっています。

引用元-JNTOの訪日外国人の数字でみる中国語勉強の重要性

スポンサーリンク

  人気記事

●中国語の発音テキストとその理由

発音トレーニングでは、発音に特化した教材を使います。

◆『紹文周の中国語発音完全マスター』(アスク出版)

◆『アタマで知り、カラダで覚える中国語の発音』(アルク)

筆者おすすめの教材です。特に前者をおすすめしますが後者も解説が詳しいので、理論的な理解に役立ちます。もちろんこれ以外の教材でも良いのですが何を使ってもいいわけではありません。

①舌の位置や口の形の写真や図があり、論理的な解説がある
②CD付きのもの(DVD付きならさらによい)

この2つの条件をクリアしたものを選ぶようにしましょう。
ここで特に強調したいのが「論理的」という点です。
子供は耳に頼って外国語を習得することができ、2才くらいでその聞き分ける能力は固まり始めると言われています。ですから聞き分けることが難しい大人は、「聞くだけでぺらぺらしゃべれる」「環境にどっぷり浸かっていれば自然と話せるようになる」ということはあり得ないわけです。
よって論理的に学ぶということが必要になるのです。 ただし、この論理的理解力を使えば、大人も極めて短期間で中国語をマスターすることが可能になります。

引用元-中国語を半年でマスターした私が教える人生を変えた勉強法

●テキストは「中国語発音の基礎|NHK出版」がおすすめ

薄い!薄いから何度も読み返して確実に習得できる!

全70ページという驚異の薄さを実現しています。短編小説と見まがう薄さです。羅生門的な。しかし、これがポイントです。語学本は何度も何度も読み返すことで、初めてその内容を習得できます。
これが300ページを超すような厚い本であれば、最後のページに到達することが目標になり、語学習得という本来の目的が二の次になってしまいます。
さらに言えばこの本のコアは前半の40ページにあり、この厚さにして3ミリの部分をマスターする事で、中国語の世界が一気に開けるのです。

口の断面図で中国語・ピンインの正しい発音が習得できる!

思い出してください。「あいうえお」をはじめて勉強する時、教科書に口の形の写真がありましたよね?
日本語は唇の形がキモですが、中国語の発音は舌の形とポジショニング(つまり口腔の中)がキモです。
中国語発音の基礎には、これが口の断面図と共に「唇、歯、舌、息の抜け」を説明する丁寧なテキストによって解説され、正しい中国語の発音を最短距離で習得できます。

CDの発音・ピンインが分かりやすい!

中国語発音の基礎には2枚のCDがついています。1枚には日本語の「ひらがな」にあたる「ピンイン」が収録され、もう1枚には単語や数の数え方、簡単な挨拶といった応用中国語が収録されています。
特筆すべきは1枚目のピンインCDで、ひとつひとつの発音が丁寧に収録され、自己学習で中国語が習得できるよう最適化されています。
英語と異なり中国語学習者の多くは「仕事をしながら」が前提になると思います。このCDによって、語学学校に通うことなく自己学習でピンインが習得できる1冊になっています。

応用編のマスター無しに中国での生活はありえない!

中国語発音の基礎には捨てる部分がありません。
特に本誌後半の応用編「数字の数え方、日にち、曜日、時刻、買い物、挨拶」といった箇所は、中国への出張や駐在が決まったら100%マスターすべき箇所です。

引用元-「中国語発音の基礎 CDブック(NHK出版/上野恵司)」でピンインと中国語発音が習得できた。

●中国語の発音はピンインを覚えよう

①まず、ピンインを覚える

■ピンインをにらみつけながら、テープを何度も聞く。
各母音の音の違い、有気音と無気音の違い、そり舌音の有気音と無気音の違いなど、耳をこらして何度も聞いて、音の違いを覚えます。
聞きながら、発音法の説明を思い出し、口の形をつくり、舌の位置を決めます。実際に発音しなくてもよいのですが、聞きながら口を動かすのです。
何度も聞いていると、日本語にない音に耳が慣れてきます。有気音と無気音の違い、そり舌音とそうでない音の違いを聞き分けられるようになります。
いや、聞き分けられるようになるまで聞き続けなければなりません。
私は、10月の1ヶ月間は、通勤電車の中でも、テープを聞きながら口を動かす練習をしていました。さすがに恥ずかしいので実際には発音しませんでしたが。でも、これがかえってよかったようです。音と口の形が、自然に結びつくようになったからです。

②ピンインを見ながら、何度も発音する

■口の形と舌の位置を意識して練習する。
聞き覚えたと思ったら、今度は自分の口で発音してみます。
発音法の説明を思い出しながら、口の形、舌の位置を意識しながら、ゆっくりと発音します。まず口の形をつくり、舌の位置を決め、おもむろに発音する。これを何度もくり返すのです。
自分でもぎごちないな、と思いますが、とにかく、あせらず、しっかり口と舌を構えてから発音する。
自分の発音が正しいのか間違っているのか、始めのうちは自分では判断できません。でもテープを何度も聞きなおしながら、発音を繰り返すうちに、耳が鋭くなってきます。そして、微妙な音の違いがわかるようになってきます。テープの発音と自分の発音の違いに気付くようになります。
違いに気付くようになったらしめたものです。あなたの発音は、北京のアナウンサーにぐんと近づいたのです。
口の形、舌の位置、息の出し方などをいろいろ試して、テープと同じ音になるまで練習します。
この練習の時の注意事項がひとつあります。それは、ピンインにカタカナでふり仮名を絶対につけないこと。ふり仮名をつけたら、あなたの発音は日本語の発音になってしまいます。ふり仮名をつけないと読めないようでしたら、ピンインをにらみながらテープを聞きなおしてください。

引用元-中国語会話 グズでノロマな独習体験記(私の中国語学習法): 05)発音の学び方

●独学での中国語の発音をマスターするには限界がある

中国語をまったくのゼロからスタートする場合、やはり独学は避けたほうがいいです。
正確な発音のお手本を見せてくれて、かつ、あなたの発音が的確かどうかをジャッジしてくれる先生が必要だからです。 理想は中国人と日本人の両方から学ぶことです。
中国人からは、ネイティブの発音を学べます。ただ、中国人の講師は元々備わっている自分の中国語の音の出し方やニュアンスを、理論的に日本語で説明することができません。 日本人トレーナーは、苦労しやすい発音やクセを理解しています。
よって、例えば「日本語で案内という時の(ん)の舌の位置です」とか「横笛を吹くときの口の形で」など、イメージしやすい解説ができます。
ただ日本人トレーナーにだけ指導してもらうと日本語なまりの中国語になりかねません。 ですから両方から学べることが理想的なのです。
仮に独学でやる際には、教材についている音源でネイティブの音を確認しつつ、日本語によるしっかりとした解説を理解していくのがいいでしょう。

引用元-中国語を半年でマスターした私が教える人生を変えた勉強法

まとめ
中国語をマスターして中国人と日常会話出来ると楽しいだろうな。

twitterの反応

 - 雑学