日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

アニメ「風の谷のナウシカ」と漫画原作との違い

      2016/02/12

アニメ「風の谷のナウシカ」と漫画原作との違い

漫画が映画化されると時間制約の都合等で、多少内容が変更されることは知っていましたが、大ヒットした「風の谷のナウシカ」も原作の漫画と内容が違うって知っていましたか?私は、ごく最近知りました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

●「風の谷のナウシカ」とは

『風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は、宮崎駿による日本の漫画作品。アニメーション監督・演出家でもある同氏が、徳間書店のアニメ情報誌『アニメージュ』誌上にて発表したSF・ファンタジー作品。科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた終末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を描く。1984年には宮崎自身の監督による劇場版アニメ『風の谷のナウシカ』が公開された。
『アニメージュ』1982年2月号にて連載を開始し、映画制作などのため4度の中断期間[1]を挟み、1994年3月号にて完結した。1994年に第23回日本漫画家協会賞大賞、1995年、第26回星雲賞コミック部門を受賞。単行本の発行部数は累計1,200万部[2]。海外でも8か国語で翻訳・出版されている。

引用元-風の谷のナウシカ – Wikipedia

●風の谷のナウシカ 原作の漫画とアニメ映画の違い

原作では映画に登場しない人物が多く出てきます。
また、映画で語られるものも原作ではちょっと違ってたりします。
映画ではババ様が「青き衣の言い伝え」を話しますが、これも原作は別の人物が!
ナウシカの敵となるドルクと呼ばれる民族。
その民族を構成する各部族の長には僧がなり、国の最高権力機関はドルク僧会。
そして僧会が恐れるものは「青き衣の者」となっています。
その為、この言い伝えはババ様ではなく、ドルクの族長が言ったセリフです。

また原作では「墓所の主」と呼ばれる重要な人物が登場します。
この墓所の主こそが全ての物語の中心人物でこの話の真実を握ります。
他にも映画のエンドロールで村の沢山の子供がメーヴェに乗っているシーンがあります。原作では、あれに乗るには風を読む特別な力が無いと出来ないと言っています。

風の谷の言い伝えでは、「メーヴェに乗ることの出来る人は、同じ時を生きる人の中に一人しかいない」そういわれています。
この意味から、最後はナウシカ以外の村の子供が乗れるようになって、ナウシカは死んだと思わせる終わり方をしています。
実際は、死んだシーンはありませんが。

また、トルメキア軍のクシャナには、三人の兄がいて、権力争いをしています。
クシャナは自分の軍の力を付けるために風の谷に進行してきました。
更に映画では巨神兵は崩壊しますが、原作ではもっと後に完全復活。
そしてナウシカを「母」と思いながらラストまで共に旅をします。
この巨神兵にはちゃんと名前がありました。
「オーマ」というそうです。

また、ナウシカのペットだったテトも原作では死んでしまいます。
これは結構悲しいですね。
このように、映画では省かれていた真実はが原作では盛りだくさんです!

引用元-ナウシカ原作のラストをネタバレ!あらすじや映画の内容の違いは? | JINの芸能シンプル御殿

●原作漫画のラストはこうだ!

原作のラストの真実は実は結構深い内容でこうでした!

腐海の存在は、実は火の七日間より前の旧世界の人間が産み出した、汚染された世界を再生させる為の「浄化装置」だったのです。
そしてナウシカ達のように火の七日間以降を生きている人類は新世界の人間と呼ばれ、彼らも旧世界の人間によって作られたものでした。
旧世界の人間達は汚れきった世界をリセットするためにあえて文明を燃やし、腐海によって地球の浄化を計画します。
その間、自分たちは眠りに付きます。

そして、世界が綺麗になった時、自分たちを起こすためのツールとしてナウシカたち新世界の人間を作ったのです。
この新世界の人間は逆に浄化された世界では生きていけません。
短時間で血を吐いて死んでしまうのです。
この浄化システムを操っているのが文明崩壊以前の技が眠る聖都シュワの「墓所の主」。墓所の主こそが全ての始まりだったんです。
墓所の主は世界が浄化されたら、憎しみや汚れのない人間が生きる平和な世界を作り出そうとしていました。

その為、浄化後の世界用に「人間の卵」を用意し、更に浄化後の世界に必要なのは
「音楽」だと考え、それ用の「音楽」と「詩」も準備していました。
全然、映画では描かれていないスケールのでかい内容があったんですね。
そうなると、映画のナウシカは本当に始まりに過ぎない内容です。

この原作は各章が存在せずに物語が全7巻一気に進みます。
ゆえに結構難しく、途中で話が分からなくなることもあります。
興味ある方はぜひ注意しながら、ゆっくり慎重に読み進めてみてください!

引用元-ナウシカ原作のラストをネタバレ!あらすじや映画の内容の違いは? | JINの芸能シンプル御殿

●原作の漫画での巨神兵

読者とナウシカたちは最初、巨神兵は火の七日間時代の大量破壊兵器で、人類同士の戦争によって世界が滅びたのだとなんとなく考えている。まぁそれ自体はあるある設定なわけだが、現実に巨神兵が蘇るとそれが誤りだったことが分かる。巨神兵は巨大殺人ロボットではなく、知性を持った調停者であり、裁定者であった。人類は”ありとあらゆる宗教 ありとあらゆる正義 ありとあらゆる利害 調停のために神まで造ってしまった”※6のだ。そして、その神は荒廃した世界を再編するためには全てを破壊する他は無いと判断した。火の七日間は、いわゆるノアの大洪水のようなものだったのだ。作中で墓所と巨神兵が徹底的に対立していることから、それらの製造者は異なると考えられる(なお巨神兵の歯は”東亜工廠(?)”※7なるメーカー製である)。
さて、火の七日間の後全ての巨神兵は化石化し機能を停止したが、これは巨神兵たちが自ら選択した結果であった可能性が高い。十分に旧文明の技術体系を破壊しつくしたと判断した巨神兵たちは、旧文明の最後の遺産である自分たちの命にも終止符を打ったのではないだろうか。シュワの墓所はその機能が巧妙に秘匿されていて、当時の巨神兵からは破壊する必要の無い遺物だと考えられていたのだろう。そんな中、未完成のまま放置され巨神兵たちも気づかなかった個体が一つだけあった。それが”オーマ”である。
先述のナウシカ流生命定義において、巨神兵はボーダー上の存在である。これが、最後までナウシカの中で矛盾を作り続けた。神として作られている時点で巨神兵は純粋な生命とは言いがたいのだが、オーマはナウシカの下で成長し、変化している。この時点でナウシカは少しずつオーマに情が移り始めているのだ。また、オーマが”無垢”であったこともナウシカの心を掴むのに一役買った。もしも生まれてから千年経ってガチガチの裁定者となったオーマと、生まれたばかりの無垢な墓所の主がいたら、ナウシカは間違いなく後者の味方になるだろう。オーマが墓所との戦いで命を落としたことでこの矛盾は無理やり解消されたが、もしもオーマが無傷で生き残ってしまったらナウシカは大層苦悩したに違いない(もしかすると、母の気持ちを読んだオーマが自ら命を絶つかもしれない。彼はとてもやさしい、立派な人なのだから)。

引用元-風の谷のナウシカ(漫画版)の考察いろいろ※ネタバレ注意:Azureの雑記帳 – ブロマガ

●「風の谷のナウシカ」登場人物のその後

登場人物たちのその後は最後に、様々な伝承や伝記のかたちで曖昧に語られている。ナウシカに至っては諸説あり、何が真の結末なのかは分からない。これを投げっぱなしの打ち切りエンドと見る向きもあるが、実はこの描き方には重要な意味がある。登場人物たちの体験した大事件が伝説化し、最も重要な人物であるナウシカのその後が曖昧になってしまうほどに、彼らの物語は語り継がれ続けたのだ。つまり、その後人類は相当長期間にわたって存続したのである。クシャナがトルメキア中興の祖と称えられていることも、その後トルメキアが再び繁栄したことを意味している。これらの描写の結果、滅びのふちにあった人類は墓所の崩壊後すぐに滅亡したのではなく、ナウシカの望み通り生き残ることができたのだということがわかる。

引用元-風の谷のナウシカ(漫画版)の考察いろいろ※ネタバレ注意:Azureの雑記帳 – ブロマガ

まとめ
原作とアニメ映画両方を違う作品として楽しむと、楽しみ方も広がって良いかも。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ