日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

子連れでも大丈夫!JALとANAのファミリー向けサービス

      2016/02/13

子連れでも大丈夫!JALとANAのファミリー向けサービス

長距離の旅行での移動手段として飛行機はかかせないですね。しかし小さな子どもを連れての利用は不安があるかと思います。そこでJALとANAが行っているファミリー向けサービスについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●JAL、ANAで受けられるお子様向けサービスとは

JALやANAでは、インターネット上では並びの席がなくても、サポートセンターに電話すると優先的に家族で並びの席を確保してくれたりします。ただし、「一番前の席」「一番後ろの席」といった座席希望のある場合、ネット上で埋まっていたら融通してもらうことは難しいでしょう。子連れに限らず、何か要望・質問があれば、念のためチェックイン手続き前にカウンターで確認してみましょう。

充実!航空会社のサポートサービス

客室乗務員はママの強い味方

上記の座席指定サービスに加えて、JALやANAの赤ちゃん連れに向けたサポートサービスには以下のようなものがあります。

*国際線・国内線共通
・空港移動用のベビーカーの貸し出し
・優先搭乗
・おもちゃの配布
・荷物と一緒にあずけたベビーカーを優先的に出してくれる
・チャイルドシートの貸し出し・設置(JAL)
・羽田空港第2旅客ターミナルの電動カートサービス(ANA)

引用元-いこーよ 子供とおでかけ情報

●JALの「ベビーおでかけサポート」

JALでは、化粧室内におむつ交換台が設置されているほか、機内には紙おむつやオリジナルおもちゃ、多数の絵本の準備があるそうだ。チャイルドシートの貸し出しもしており、こちらは搭乗3日前までに事前予約をしておけばOK。また、条件を満たせばチャイルドシートの持ち込みも可能だという。

まぁここまでは想像の範囲内だが、本当におススメしたいのはJALの「ベビーおでかけサポート」。これは生後8日以上、3歳未満の子ども連れが利用できるサービスだ。

サービス内容はというと、例えば「クラスJ」を利用する親子は「クラスJ」後方の赤ちゃん同伴者優先座席を指定できたり、赤ちゃん専用毛布を借りることができる。機内には赤ちゃん用100%果汁のアップルジュースの用意があり、機内でミルク作りの手伝いまでしてくれると言う。さらに国際線では「ベビーバシネット(赤ちゃん用ベッド)」(体重10.5kgまでの2才未満の赤ちゃんが対象)の用意もある。これらのサービスを受ける場合は、JALスマイルサポートデスクに「ベビーおでかけサポート」を利用する旨を、予め電話で連絡しておいた方がいいとのこと。

引用元-Aol news.ファーストクラス並み? JAL・ANAの赤ちゃんサポートが豪華過ぎる

●ANAの「ファミリーらくのりサービス」

これは、妊娠中や、一人で子連れの場合に事前予約をして無料で利用できるサービスで、チェックインから搭乗まで、及び現地到着後にスタッフが付き添ってサポートをしてくれる子連れトラベラー向けのサービスです。(利用には条件があるので、詳細はこちらをご参照ください)

ANAファミリーらくのりサービスを体験!
チェックインから現地到着までエスコート

事前にサービスを予約しておくと、チェックイン時からエスコートがつきます。羽田は残念ながら専用チェックインカウンターがないのですが、成田はお手伝いが必要な人向けの専用カウンターがあり、こちらでチェックインすることができます。

チェックインからセキュリティチェック、出国審査もクルー専用のところが使える上に、荷物も持ってもらえたので、身重だった私にはとてもありがたかったです。出国後にラウンジを利用する場合は、ラウンジまでエスコートしてもらい、再度、搭乗時にエスコートの方にお迎えに来てもらいました。搭乗時も座席まで荷物を持ってもらえるので、とても助かります。

引用元-ベビトリップ!  赤ちゃん連れ海外旅行情報サイト

●一人でも安心!ANAの「キッズらくのりサービス」

ANAキッズらくのりサービスは、国内線に限ってですが、保安上の理由でお一人限定で付き添いの保護者の方も搭乗口までお見送りすることができるので安心ですよね。またフライト中に、ANAオリジナルグッズをプレゼント、到着空港到着ロビーまで係員の方が案内してくれるという人気のサービスです。
ANAキッズらくのりサービスは、出発する空港の「らくのりカウンター」で搭乗手続きをします。その際に、キッズらくのり専用ホルダーが渡されます。子どもに人気のキャラクターがあしらわれたホルダーは、かわいいだけでなく到着の空港でお出迎えの方と会うまで身につけてもらえるためのものです。
ANAキッズらくのりサービスは、6歳から7歳までの子どもの一人旅をサポートしてくれますが、希望があれば11歳まで対応しています。

引用元-子育ての喜びをもっと大きく!cozre

●JALの「キッズおでかけサポート」

JALキッズおでかけサポートも子どもの一人旅をサポートするサービスが提供されています。
JALキッズおでかけサポートは、出発する空港のJALスマイルサポートカウンターで搭乗手続きをします。国内線に限ってですが、保安上の理由でお一人限定で付き添いの保護者の方も搭乗口までお見送りすることができるので安心ですよね。
JALキッズおでかけサポートにはスマイルメッセージという子どもの健康状態を客室乗務員の方にお知らせるものが用意されています。同乗できない保護者の方にとっては安心ですよね。またフライト中にJALオリジナルグッズのプレゼントや到着空港の到着ロビーまで係員の方が案内してくれる人気のサービスです。
JALキッズおでかけサポートも、6歳から7歳までの子どもの一人旅をサポートしてくれますが、希望があれば11歳まで対応しています。

引用元-子育ての喜びをもっと大きく!cozre

まとめ
いろいろ調べてみると、航空会社もいろいろとサポートしてくれているのがわかります。もちろん周りへの気遣いも必要ではありますが、いろいろなサービスを利用してみて、長距離移動に飛行機を利用してみてはいかがでしょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ