日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

税務署へはいつ行く?税金の申告に行く時間について

      2016/02/15

税務署へはいつ行く?税金の申告に行く時間について

確定申告の時期になると、税務署の込み具合が気になりますね。何時間も待つことも多々あります。そこで税務署へ申告に行くおススメの時間と、時間を気にせずに申告できる方法を調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現...

幼稚園の説明会へ!ベストな服装は?

子供が大きくなってくると幼稚園選びをしないといけませんね。幼...

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホ...

新幹線をキャンセル!乗車券の払い戻し

新幹線を予約していて、急に乗ることができなくなることあります...

気になる人を女性から誘う場合、どんな店を予約したらいい?!

気になる人ができたら、一緒に食事に行ったりしたいと思いますよ...

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足...

バレンタインの義理チョコへのお返しは?いらないと言われたらどうする?

バレンタインのお返しで悩むのは義理チョコへのお返しですね。最...

体育教師になるにはどの大学へいけばいい?

どうすれば体育教師になれるか知っていますか?どんな大学に行け...

スポンサーリンク

●税務署とは?

国税庁の組織の一部として設置されている国の行政機関です。
財務省設置法という法律の第二十四条の規定に基づき設置されています。

税務署の所管事務は下のように定められています。
酒税の保全並びに酒類業の発達、改善及び調整に関すること、 酒類に係る資源の有効な利用の確保に関すること、 内国税の賦課及び徴収に関すること 、印紙の模造の取締りを行うこと 税理士制度運営に関すること 、税務署の所掌事務に係る国際協力に関すること、 その他の法令に基づいて税務署に属させられた事務。。とされています。
税金のうち、国税(中央税)である(贈与税、法人税、、登録免許税、印紙税、酒税、所得税、消費税、相続税、航空機燃料税、電源開発促進税、揮発油税(ガソリン税)、地方道路税、自動車重量税、石油ガス税、石油石炭税、たばこ税などなど)の業務を行なっています。
税務署調査・確定申告の時にはたくさんの人でごった返しますね。

引用元-» 税務署とは 税務署の調査に関すること

●税務署に行う申告

所得税の申告と支払いについて

個人の所得税は、1月1日から12月31日までの1年間に得た所得とその税額を納税者自身が計算し、翌年の2月16日から3月15日までの期間に住所地を所轄する税務署に申告し、納付することになっています(この申告のことを「確定申告」といいます)。また、納付は原則として申告期限までに行いますが、毎年確定申告している人で前年の税額が一定額以上の人に対しては、前年の税額を基準として3分の1ずつを7月と11月に前払いする「予定納税」という仕組みもあります。

通常、確定申告は、会社員や公務員などの給与所得者の方にとっては、勤務先で「年末調整」という形で所得税の精算を済ませてしまうので、大抵の場合、その必要はありません。ただし、場合によっては、申告が必要なこともありますので注意しましょう。(確定申告の義務はないものの、転職などで年末調整を受けていない人、医療費控除・雑損控除・住宅取得控除などが適用できる人は、確定申告すれば税金が戻ってきますので、忘れずに行うようにしましょう)

なお、確定申告が必要な人を二つに分けると、その対象者は以下のようになります。

一般の人の場合

個人事業主やアパート経営者などで事業収入や家賃収入等のある人のほか、不動産を売った人など、原則として所得の合計額が、各所得控除の合計額を上回る人。

会社員や公務員などの給与所得者の場合

・給与の収入金額が2,000万円を超える人
・給与を1カ所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える人
・給与を2カ所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える人
・同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子、店舗・工場などの賃貸料、機械・器具の使用料などの支払を受けた人
・給与について、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた人
・在日の外国公館に勤務する方や家事使用人の方などで、給与の支払を受ける際に所得税を源泉徴収されないこととなっている人

住民税の申告と支払いについて

個人の住民税は、1月1日現在の住所地の各地方自治体が税額を通知する「賦課課税方式」です。原則として個人の場合も所得を申告することになっていますが、給与所得者の場合、勤務先の会社などが毎年1月に「給与支払報告書」(源泉徴収票と同じもの)を各自治体に提出し、税額を毎月の給与から天引きして納付するので申告の必要はありません(これを「特別徴収」といいます)。

また、自営業者などの場合には、所得税の確定申告をすれば住民税の申告も完了し、納付については年4回に分けて行うことになります(これを「普通徴収」といいます)。

相続税の申告と支払いについて

相続や遺贈により遺産を取得した人で、遺産の合計額が基礎控除の金額を超えて納付すべき税額がある場合には、その相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内に、被相続人(故人)の死亡時点における住所地を所轄する税務署に相続税の申告・納付をしなければなりません。

通常、申告義務者は相続人ですが、相続人が複数いる場合には、連署して(共同して一つの申告書で)行います。また、納付方法は、現金による一括納付が原則ですが、これが困難な場合には、定められた期間内で分割納付することが認められており、これを「延納制度」といいます。また、延納による金銭納付が困難な場合には、さらに「物納制度」も設けられています。

贈与税の申告と支払いについて

毎年1月1日から12月31日までの間に財産を贈与され、その金額が基礎控除の110万円を超える場合、贈与を受けた者は、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までの間に、贈与を受けた者の住所地を所轄する税務署に申告・納付をしなければなりません。なお、贈与税にも「延納制度」がありますが、「物納制度」はありません。

引用元-iFinance

●税務署の受付時間は?

税務署の受付時間は地域によって差があるようですので、自分の住んでいる住所地を管轄している税務署に問い合わせて、事前に確認しておきましょう。

通常は、土日祝を除く平日の午前8時半から午後5時までです。昼の12時から1時までは昼休みとなっています。基本的に土日祝は税務署の閉庁日のため、相談及び受付は行われていませんが、確定申告期間中の2月の日曜日に限り、例外として、確定申告の相談と申告書の受付を行っています。

また、地域によっては特設会場を設けて、確定申告の受付や税務署職員による無料相談などが実施される場合もあります。

税務署に行く時間がなかったり場所が遠くて税務署に行けない場合には、郵送での提出も可能です。郵送で提出する場合には、返信用封筒に切手を貼って同封しておけば、申告書の控えにも受付印を押印して返送してもらえます。なお、郵送の場合には郵便局の消印の日付が提出日となりますので、3月15日の消印があれば税務署に到着するのが15日を過ぎたとしても期限内に申告したことになります。

また、税務署には必ず文書収受箱という箱が設置されていますので、平日には行けなくても土日には行けるという人は、そこに投函する方法もあります。もし、3月15日が土曜日か日曜日になった場合には翌月曜日が申告期限となりますので、郵送の場合も翌月曜日の消印で大丈夫です。

引用元-初心者の為『株式投資入門』サイト

●いつがいい?申告に行くおススメの時間

2月1日~14日までは比較的すいてると思います。
申告できない訳ではないですが、還付や消費税の方を対象としている期間なので通常の確定申告のときより空いてます。

確定申告は2月15日~3月15日までで 始終混みますが、初日と最後一週間はめちゃくちゃ混みます。
比較的空いてる時間帯は3時~4時です。
雨が降ると更にすきます。
月曜日と月~金の午前中は常に混んでいるので午後の受付終了間際がオススメです。
源泉徴収票や健康保険、地震保険など忘れもののないように行ってきて下さいね!!
ちなみに私のところは税務署ではなく近くの公共施設ホールのようなところが確定申告会場となっています。
税務署に行っても申告が出来ない場合があるので、きちんと申告会場を調べてから行って下さい。

引用元-YAHOO!知恵袋

●混んでいる税務署を避ける方法は?

方法としては 2 つあります。

•1・2月中に行く
•税務署以外の確定申告会場に行く

確定申告の締め切りが迫る 3 月に比べると、2 月中は比較的空いています。そのため、できるだけ早め行うようにすると税務署で時間をかけずに済ませることができます。
また、2 の税務署が指定している税務署以外の確定申告会場は、みなさん意外と見落としがちなので空いています。私も、同じくらい時間がかかるのかと思っていましたが、意外と空いていたので比較的早く終わりました。
でも、地域によっては混むところもあるかもしれないので、事前に税務署に問い合わせて混雑しない時間帯などを確認しておくと良いかもしれません。
せっかくなら空いている時期と場所を選んで、ストレスなく時間をかけずに済ませてみましょう。

引用元-知らないと恥をかく一般常識の壁

●好きな時間に税金を申告できる!e-Taxとは?

インターネットを通じて自宅等から税金を申告できるシステムがあります。それがe-taxです。通常、国税に関する手続きは税務署に申告書を提出しなければならないのですが、これを用いると税務署に行かずとも、ネットで確定申告できるようになります。

但し、利用するためには国税庁が無償配布している「e-Taxソフト」に加え、個人認証のための電子証明書を備えた住民基本台帳カードや公的個人認証サービス対応のICカード、そしてそのカードを読み書きするためのカードリーダーが必要となります。

税務署に足を運ばなくても手続きができるのは便利です。ただ、ちょっとした初期投資が必要という難点があり、これが普及への大きな妨げになっていると思われます。

引用元-確定申告・税務署(国税庁)ガイド

●e-Taxで申告書を作成するメリット、デメリット

e-Taxはこのように決算書や申告書の作成に取りかかるまでの準備や導入が大変なのですが、パソコン操作が苦にならない人であれば「一度、設定してしまうとかえって楽」という人がいるのも事実です。

また、事前準備がたいへんなe-Taxですが、その分、優遇されている点もあります。自宅のパソコンで申告書が作成できるばかりか、確定申告期間中は、24時間、送信による申告手続きが可能です。また、申告段階では添付書類の提出が省略できたり、還付手続きが書面申告と比較するとスピーディになったりします。

また、e-Taxや確定申告作成コーナーの操作説明に限りますが、e-Tax 作成コーナーヘルプデスク(0570-01-5901)が常設されていますので、活用するのもいいでしょう。受付時間は祝日や平成27年12月29日~1月3日を除く午前9時~午後5時となっています。電話機によってつながらない場合、03-5638-5171という番号も公表されています。

決算書や申告書の作成作業は、e-Taxで申告する場合も、申告書をプリントアウトして税務署に提出する(郵送含む)場合も、大きく変わるものではありません。申告方法が違う程度なので、確定申告の提出頻度、パソコンなどの操作の習熟度、導入等に割ける時間などを基準に決めればいいでしょう。

引用元-AllAbout マネー

まとめ
確定申告は毎年するものなので、便利な方法はうまく活用していきたいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ