日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

Windows使用中にエラー?!その表示の落とし穴

      2016/02/15

Windows使用中にエラー?!その表示の落とし穴

いまやパソコンは私たちにとって欠かせないものとなりました。Microsoft社のWindowsを利用している方も多いことでしょう。そこで誰もが遭遇する可能性のあるエラー表示について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置...

理想のテレビは何インチ?6畳部屋の場合

テレビのサイズはどのように選んでいますか?部屋の大きさによっ...

何が違う!?農協と銀行の違いとは

お金を預ける機関には銀行の他に農協などがあります。この銀行と...

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手...

水が沸騰すると泡ができるけれど、その正体は?

水が沸騰すると、鍋肌に泡ができますね。ぐらぐら沸騰した時に底...

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

スポンサーリンク

●Windowsとは

Microsoft社のOSのシリーズ名。

バージョン1.0は1986年に発売され、1992年に発売されたWindows 3.1がPC/AT互換機用の標準OSとして爆発的に普及した。
3.1まではMS-DOSにGUI環境を構築するための拡張ソフトウェアだったが、Windows 3.1の後継として1995年に発売されたWindows 95からは独立したOSとして機能するようになった。
1998年にはWindows 95の後継であるWindows 98が発売され(その後さらにバージョンアップしたWindows Meが発売された)、パソコン用の標準OSとしての地位を確固たるものにした。

引用元-IT用語辞典 e-Words

●Windowsにエラーがないかチェックしてみよう!

ドライブのエラーをチェックすることで、コンピューターに発生するある種の問題を解決できます。たとえば、コンピューターのプライマリ ハード ディスクをチェックすることで、パフォーマンスの問題を解決したり、適切に動作していない外部ハード ディスクをチェックしたりできます。

1. [コンピューター] を開くには、[スタート] ボタン、[コンピューター] の順にクリックします。

2.チェックするドライブを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

3.[ツール] タブをクリックしてから、[エラー チェック][チェックする] をクリックします。 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

スキャンによって検出されたファイルおよびフォルダーの問題を自動的に修復するには、[ファイル システム エラーを自動的に修復する] をオンにします。選択しない場合、ディスクのチェックで検出された問題は報告されますが、修復は行われません。

完全なディスク チェックを行うには、[不良セクターをスキャンし、回復する] をオンにします。このスキャンでは、ドライブ自体に発生する物理エラーの検出と修復を試みます。そのため、完了までに長い時間がかかることがあります。

ファイル エラーと物理エラーの両方をチェックするには、[ファイル システム エラーを自動的に修復する][不良セクターをスキャンし、回復する] の両方をオンにします。

4.[開始] ボタンをクリックします。

ドライブのサイズによってはチェックに数分かかる場合があります。チェックが最適な状態で行われるよう、エラーのチェック中は、コンピューターを他の作業に使用しないでください。

引用元-Microsoft

●うかつに触ってはいけない!エラー表示

最近インターネットをしていると広告の欄に変な表示が出てきます。
Youtubeなどの大手サイトでも出てきます。
一体なぜこんな広告が表示されるのだろうか?
以下のような画像です。

「windowsのエラー直ちに削除するにはOKを押してください」
「お使いのパソコンの性能が低下しています windowsのエラーを直ちに修正してください」
「ディスクの空き容量低下 ディスクの空き容量が非常に低下してきています。空き容量を増やすにはWindowsエラーを修復する必要があります」
「PCのパフォーマンスが低下しています」

この手の広告は詐欺です。クリックしたり、ダウンロードしたりしてはいけません。
あなたのパソコンがまるで非常事態であるかのように即して不安感を煽っています。
そして悪意のあるソフトをインストールさせて個人情報を盗んだり、ウイルスやスパイウェアをパソコンに感染させるのです。
実際この広告は”単に表示されているだけ”でパソコンにはなんの問題も起きていませんし、調べられてもいません。
嘘の情報を表示しているのです。なので無視しましょう。
心配な方は一度、ウイルス対策ソフトでスキャンしましょう。

引用元-ゲキ袋ログなう

●邪魔なエラー表示を出さないようにするには

ソフトウェアが勝手にパソコンにインストールされてしまっています。
それが邪魔な表示を出している犯人です。
これらは「点検商法ソフト」と呼ばれています。
実際は何も点検していないのに、「エラーがある」と偽って最終的に課金しようとするものです。
ウイルスではなくソフトウェアなので、ウイルススキャンに引っかかりません。
悪質なものはネットを一切使えないようにすることもあります。

■対応

ソフトウェアなので、アンインストールすると消える場合がほとんどです。

1.画面一番下の一番右(タスクバー)の中に
  そのソフトウェアのアイコンがあったら右クリックして「終了」を選びます

2.[コントロールパネル]を開いて、[プログラム]→[プログラムのアンインストール]の順にクリックします

3.インストールされているソフト一覧が開くので見出し部分の[インストール日]をクリックしてインストールした日付順に並べます

4.『除去しましょう!』の日付が表示されはじめた頃にインストールしている自分では入れた覚えの無い怪しいソフトウェアが見つかると思います。「system protector」「regclean pro」「uniblue」「Yontoo」とかそんな名前のソフトです。そのソフト名の上で右クリックし、[アンインストール]を選択します。

5.アンインストールが始まったら「次へ」や「Next」といったボタンをクリックし、アンインストールを終わらせましょう

6.最後に、パソコンを再起動して、ブラウザを開いて同じような表示が出ないか確認してください。

引用元-うさみ日記

●詐欺にあわないためには

1.何かの表示が出ても、信頼できる表示かどうかわからない場合には、クリックしない

2.パソコンの危険な状態を回避するために、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の情報セキュリティ安心相談窓口のホームページで情報収集する

3.表示が出る以前から、パソコンに不具合があるのであれば、パソコンメーカーなどのサポート窓口に相談する

4.ソフトは、日本語でスムーズに問い合わせできる窓口の有無も1つの基準として、信頼できるメーカーのものを購入する

5.ソフトを購入する際は、事前に料金や有効期間(契約更新の有無)を確認する

6.身に覚えのないクレジットカードの請求があった場合には、クレジットカード会社に早急に申し出る

7.トラブルにあったら消費生活センターに相談する

引用元-国民生活センター

まとめ
パソコンは便利ですが、知らないうちに詐欺に引っかかってしまう可能性もあるようです。対策をしっかりして引っかからないようにしたいですね。

twitterの反応

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ