日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

銀行のATMで小銭を取り扱っているのか

      2016/02/17

銀行のATMで小銭を取り扱っているのか

銀行のATMは好きな時に簡単にお金を出し入れできるのでとても便利です。しかし、財布の中に小銭が貯まっていたり、貯金箱のお金など入金したい場合などあるのではないでしょうか。そこで今回は銀行のATMでの小銭の取り扱いについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

天橋立の観光を子供と楽しむためにお勧めのところ

天橋立は魅力の宝庫です。子供と一緒に観光したり、遊んだり、体...

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

スポンサーリンク

●ATMで小銭の引き出しは可能か?

●都市銀行(「みずほ銀行」「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」、・・・など、)の、支店などの、有人店舗の「硬貨対応のATM」で、平日8時45分から18時までの、範囲内ならば、「硬貨での、お預け入れ、および、お引き出し」が、可能です。(ただし、「他行カード」では、不可。)
「地方銀行」、や、「信用金庫」は、実施している金融機関と、実施していない金融機関とが、あります。
(大半は、実施しておりません。 ATMでの、「硬貨でのお取扱い」は、「お振り込み」の、時だけです。)
「郵便局」ですと、「硬貨対応」の、ATMが、設置されている「郵便局」の、ATMに限り、「郵便貯金カード(ジョイントカードなども、OK)」で、ATMでの、「硬貨での、お預け入れ・お引き出し」の、お取扱いが、可能です。
ただし、最も長い、取扱局でも、平日は、7時から21時まで、土曜・日曜・祝日などは、9時から17時まで、の、お取扱いですので、ご注意を。

引用元-OKWAVE

●銀行のATMは貯金箱の小銭を数えてくれる?

●銀行によって、また、ATMの、機種によって、「硬貨の預け入れ」は、できるところと、できないところと、あります。
「郵便局」(ただし、局舎内設置の、硬貨対応の、ATMに限る。)ですと、「硬貨の、お預け入れ・お引き出し」も、できます。
「銀行」(ただし、「硬貨による、お預け入れ」の、お取り扱い可能な、ATMに、限る。)ですと、平日の、8時45分から18時まで、「硬貨の、入出金」が、できます。
無人店舗ですと、「硬貨の、お取り扱い」「現金での、お振り込み」は、お取り扱いの、ないところが、ほとんどです。
土曜日・日曜日・祝日、などは、「硬貨の、お取り扱い」を、していないところが、大半です。
一方、「郵便局」ですと、ATMでの、「お預け入れ」「硬貨による、お取り扱い」「現金による、お払込み」などの、お取り扱い時間は、最も長い、お取扱時間の郵便局でも、平日は、7時から21時まで、土曜日・日曜日・祝日、など、では、9時から17時まで、の、お取り扱い時間ですので、ご注意を。
(上記は、「最長、お取り扱い時間」で、あり、実際の、お取り扱いの時間は、そこの、郵便局の、「ATMの、稼働時間の、範囲内」です。)

引用元-教えて!goo

●ATMは小銭の引き出しは出来きないが、出来る金融機関はあるか?

スーパーとかショッピングモールなどに設置されている、ATMは、紙幣専用の端末になっています。
でも、郵便局(ゆうちょ銀行)や金融機関の店舗に設置されているATMには、小銭にも対応した端末はあります。
少なくとも、郵便局内に設置されているゆうちょ銀行のATMで、小銭対応しているATMでは、小銭の引出は可能です。
これらの違いは、局舎内や店舗内の場合に、その企業に勤務している人が直接対応するので小銭対応しますが、ショッピングモールなどでは、外部の警備会社に委託しているので、紙幣のみの対応になっているのです。
設置されている場所のATMによって、扱いが違うので、あなたの質問に書かれている前提が間違いです。
なお、郵便局内のゆうちょ銀行のATMでも、小銭については、取扱時間が制限されているので、時間外は紙幣のみの扱いです。

引用元-Yahoo!知恵袋

●小銭をATMで預金する枚数って制限あるのか?

自動預払機(ATM)においての硬貨の取り扱いとは
主に、現金振込み時の端数の受け入れおよび、つり銭での利用がメインです。
つまり、大量入金を想定した構造になっておりません。
逆に、大量入金を行う事により、装置の故障をも招く場合があります。
例としましては、変形硬貨・外貨(外国貨幣)、ペンダント等異物があげられます。
特に外貨やペンダントなど規定の大きさ(日本国内6金種)以外のものが入ると、とまる可能性が高いです(昔の東京5輪記念500円も入りませんw)

そういった中で、財布の小銭をどうにかしたいというような状況に対し、硬貨での入金をサービスで提供しているのが現状です。

大量の硬貨は普通に窓口に持っていけば、必ず受け入れしてくれます。
ATMには無い、自動選別(金種で振り分けて計数する)・棒金(50づつビニールで巻く機械)など、ATMのような狭い(紙幣計数を除く幅20センチ高さ・奥行き1メートル程度)スペースに無理やり、詰め込んだような構造の機械と違い、ある程度余裕を持った構造で多少のごみ異物の振り分けの機構や、計数速度の速さも全然違います。

唯、難点としましては、行員に計数をお願いしますので繁忙期では少し大変かと思います。(操作そのものはいつもしている業務内容なので、苦にならない)
そこで、銀行等に、事前に電話などで大量の硬貨があるので窓口入金したい旨伝え、
空いている時間帯、日取りでお願いしてはどうでしょうか?

引用元-教えて!goo

●銀行や郵便局で小銭を入金する前に注意したいこと

小銭をきれいにする

銀行や郵便局で小銭を入金するときは、ATMを使うにしろ、窓口で小銭の計測器を使うにしろ、機械で枚数を計測します。
小銭がほこりっぽかったり、クリップなどのゴミ、がらくたが混ざっていたりすると機械の故障・トラブルの元となりかねませんし、そうなったら時間が遅れて、こちらも困ることにもなります。
双方が困る事態を避けるためにも、小銭が汚れている場合は、一旦、バケツに水をはって、その中で洗う・・・などしておきましょう。

小銭はしっかり乾かす

もちろん、ぬれた小銭も機械の故障の元です。しっかり乾かして、ほこりなどの入らないケースに入れて持っていきましょう。

小銭と一緒に異物を入れない

異物も事前に取り除いておいた方が良いです。
自分はお金しか持っていきませんでしたが、ネットでは小銭の枚数計測後、銀行員から外国の小銭や異物を一緒に渡された人もいました。
極力、避けておきたいところです。
銀行のATMの注意書きに「クリップ、輪ゴム、ホッチキスの針などを入れないで下さい」といった記述があったので、これらのものが多いのかと思います。

さて、小銭を入金する前に小銭をきれいにしておいた、じゃあATMで小銭を入金しよう!と思っても小銭の投入口は意外と狭かったりします。
箱に入った小銭をドサーっと流すわけにはいきません。

引用元-銀行・郵便局で小銭の入金・両替をする情報をまとめたブログ

まとめ
小銭の入金ができる場所、できない場所があります。事前によく確認しておくと良いでしょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ