日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

銀行のATMで小銭を取り扱っているのか

      2016/02/17

銀行のATMで小銭を取り扱っているのか

銀行のATMは好きな時に簡単にお金を出し入れできるのでとても便利です。しかし、財布の中に小銭が貯まっていたり、貯金箱のお金など入金したい場合などあるのではないでしょうか。そこで今回は銀行のATMでの小銭の取り扱いについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●ATMで小銭の引き出しは可能か?

●都市銀行(「みずほ銀行」「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」、・・・など、)の、支店などの、有人店舗の「硬貨対応のATM」で、平日8時45分から18時までの、範囲内ならば、「硬貨での、お預け入れ、および、お引き出し」が、可能です。(ただし、「他行カード」では、不可。)
「地方銀行」、や、「信用金庫」は、実施している金融機関と、実施していない金融機関とが、あります。
(大半は、実施しておりません。 ATMでの、「硬貨でのお取扱い」は、「お振り込み」の、時だけです。)
「郵便局」ですと、「硬貨対応」の、ATMが、設置されている「郵便局」の、ATMに限り、「郵便貯金カード(ジョイントカードなども、OK)」で、ATMでの、「硬貨での、お預け入れ・お引き出し」の、お取扱いが、可能です。
ただし、最も長い、取扱局でも、平日は、7時から21時まで、土曜・日曜・祝日などは、9時から17時まで、の、お取扱いですので、ご注意を。

引用元-OKWAVE

●銀行のATMは貯金箱の小銭を数えてくれる?

●銀行によって、また、ATMの、機種によって、「硬貨の預け入れ」は、できるところと、できないところと、あります。
「郵便局」(ただし、局舎内設置の、硬貨対応の、ATMに限る。)ですと、「硬貨の、お預け入れ・お引き出し」も、できます。
「銀行」(ただし、「硬貨による、お預け入れ」の、お取り扱い可能な、ATMに、限る。)ですと、平日の、8時45分から18時まで、「硬貨の、入出金」が、できます。
無人店舗ですと、「硬貨の、お取り扱い」「現金での、お振り込み」は、お取り扱いの、ないところが、ほとんどです。
土曜日・日曜日・祝日、などは、「硬貨の、お取り扱い」を、していないところが、大半です。
一方、「郵便局」ですと、ATMでの、「お預け入れ」「硬貨による、お取り扱い」「現金による、お払込み」などの、お取り扱い時間は、最も長い、お取扱時間の郵便局でも、平日は、7時から21時まで、土曜日・日曜日・祝日、など、では、9時から17時まで、の、お取り扱い時間ですので、ご注意を。
(上記は、「最長、お取り扱い時間」で、あり、実際の、お取り扱いの時間は、そこの、郵便局の、「ATMの、稼働時間の、範囲内」です。)

引用元-教えて!goo

●ATMは小銭の引き出しは出来きないが、出来る金融機関はあるか?

スーパーとかショッピングモールなどに設置されている、ATMは、紙幣専用の端末になっています。
でも、郵便局(ゆうちょ銀行)や金融機関の店舗に設置されているATMには、小銭にも対応した端末はあります。
少なくとも、郵便局内に設置されているゆうちょ銀行のATMで、小銭対応しているATMでは、小銭の引出は可能です。
これらの違いは、局舎内や店舗内の場合に、その企業に勤務している人が直接対応するので小銭対応しますが、ショッピングモールなどでは、外部の警備会社に委託しているので、紙幣のみの対応になっているのです。
設置されている場所のATMによって、扱いが違うので、あなたの質問に書かれている前提が間違いです。
なお、郵便局内のゆうちょ銀行のATMでも、小銭については、取扱時間が制限されているので、時間外は紙幣のみの扱いです。

引用元-Yahoo!知恵袋

●小銭をATMで預金する枚数って制限あるのか?

自動預払機(ATM)においての硬貨の取り扱いとは
主に、現金振込み時の端数の受け入れおよび、つり銭での利用がメインです。
つまり、大量入金を想定した構造になっておりません。
逆に、大量入金を行う事により、装置の故障をも招く場合があります。
例としましては、変形硬貨・外貨(外国貨幣)、ペンダント等異物があげられます。
特に外貨やペンダントなど規定の大きさ(日本国内6金種)以外のものが入ると、とまる可能性が高いです(昔の東京5輪記念500円も入りませんw)

そういった中で、財布の小銭をどうにかしたいというような状況に対し、硬貨での入金をサービスで提供しているのが現状です。

大量の硬貨は普通に窓口に持っていけば、必ず受け入れしてくれます。
ATMには無い、自動選別(金種で振り分けて計数する)・棒金(50づつビニールで巻く機械)など、ATMのような狭い(紙幣計数を除く幅20センチ高さ・奥行き1メートル程度)スペースに無理やり、詰め込んだような構造の機械と違い、ある程度余裕を持った構造で多少のごみ異物の振り分けの機構や、計数速度の速さも全然違います。

唯、難点としましては、行員に計数をお願いしますので繁忙期では少し大変かと思います。(操作そのものはいつもしている業務内容なので、苦にならない)
そこで、銀行等に、事前に電話などで大量の硬貨があるので窓口入金したい旨伝え、
空いている時間帯、日取りでお願いしてはどうでしょうか?

引用元-教えて!goo

●銀行や郵便局で小銭を入金する前に注意したいこと

小銭をきれいにする

銀行や郵便局で小銭を入金するときは、ATMを使うにしろ、窓口で小銭の計測器を使うにしろ、機械で枚数を計測します。
小銭がほこりっぽかったり、クリップなどのゴミ、がらくたが混ざっていたりすると機械の故障・トラブルの元となりかねませんし、そうなったら時間が遅れて、こちらも困ることにもなります。
双方が困る事態を避けるためにも、小銭が汚れている場合は、一旦、バケツに水をはって、その中で洗う・・・などしておきましょう。

小銭はしっかり乾かす

もちろん、ぬれた小銭も機械の故障の元です。しっかり乾かして、ほこりなどの入らないケースに入れて持っていきましょう。

小銭と一緒に異物を入れない

異物も事前に取り除いておいた方が良いです。
自分はお金しか持っていきませんでしたが、ネットでは小銭の枚数計測後、銀行員から外国の小銭や異物を一緒に渡された人もいました。
極力、避けておきたいところです。
銀行のATMの注意書きに「クリップ、輪ゴム、ホッチキスの針などを入れないで下さい」といった記述があったので、これらのものが多いのかと思います。

さて、小銭を入金する前に小銭をきれいにしておいた、じゃあATMで小銭を入金しよう!と思っても小銭の投入口は意外と狭かったりします。
箱に入った小銭をドサーっと流すわけにはいきません。

引用元-銀行・郵便局で小銭の入金・両替をする情報をまとめたブログ

まとめ
小銭の入金ができる場所、できない場所があります。事前によく確認しておくと良いでしょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ