日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

前歯の虫歯を治療する際の麻酔について

      2015/11/06

前歯の虫歯を治療する際の麻酔について

虫歯を治療する際、欠かせないのが麻酔です。前歯を治療する際はどのような麻酔をかけるのでしょうか。そこで今回は、前歯の虫歯治療時の麻酔はどのようなものかについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●虫歯の治療について

歯は、虫歯菌が口の中に感染している人がなる病気で、感染症です。しかし、虫歯菌がいることだけでは虫歯になりません。食生活や歯の質、つば(唾液)の質などいろいろな要因が関与してなる病気です。
虫歯をとることも必要ですが、今後虫歯にならないためにいろいろ対策をとることが一番大切だと言えます。
さて、「虫歯をとること」とはどういうことでしょうか?それは、虫歯に感染した歯を削って除去すること。そう、虫歯を治すには、歯を削らないといけません。当たり前のことなのですが、今一度よく考えていただきたいのです。
削った歯はもとに戻りません。そして、虫歯を治したとしても、完全に治ったわけではなく、修理しただけなのです。虫歯をとって、欠けた歯を修理して元の歯の形に戻して使えるようにしているだけなので、虫歯になったことのない歯と比べてとても脆くなります。
脆い歯というのは、
また虫歯になりやすいということ
歯が薄いので歯が割れるリスクがあること
という歯のことを指します。
ですから、虫歯をとること以上に、今後虫歯にならないようにする対策をしっかりととることが一番大切なのです。

引用元-医療法人つゆくさ歯科医院

●虫歯の治療法

■ 虫歯(むし歯)の治療法を選ぶのは、あなた自身です!

虫歯(むし歯)の治療には様々な方法があります。
例えば虫歯を削った後にかぶせる人工の歯(クラウン)には、白いもの、金属のもの、5000円程度のもの、10万円以上するものなど様々なものがあります。
どの方法にもそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどの治療法が良いのかは言えませんが、大切なことはそれぞれの内容について知った上で、「自分の納得できる治療法を選ぶ」ということです。

■ 歯科医院では、十分な説明を受けることが困難です!

歯科医院では十分な説明を受けることができない場合も少なくありません。
なぜなら、次のような事情があるからです。
患者数が多い歯科医院は1人にかけられる時間が限られるため、説明する時間を取ることができない。(特に保険メインで行っている歯科医院で大きな問題となっています)
保険診療は患者単価が安いので、数をこなさないと医院経営が成り立たない。
患者側がある程度の知識を持っていないと、説明しても理解してもらえない。
全ての治療について、限られた時間で十分に理解してもらうのはほぼ不可能。
自院で行っていない治療法に関しては、ほとんどの歯科医院は説明しない。
実はもっとその人に合った治療法があったとしても、患者側はそれを知らないまま治療が開始されてしまうことがある。
これらの問題点の解決策としては、1日5~6人しか診ていないような保険外専門の歯科医院へ行く、カウンセリングだけ受けに歯科医院へ行く、自分で勉強するなどが考えられますが、上記の3つの問題点を全て解決できるのは、「自分で勉強する」 しかないと思います。

引用元-歯チャンネル88

●治療時に麻酔をするかしないかを選択する際の要素

患者側の希望

もっとも重要視されるのは、治療を受ける側の希望です。一般的には、治療時に痛みを伴いそうであれば、何も言わなくても麻酔が利用されます。念のため、希望するのであれば、治療時に「痛くなりそうなときは早めに麻酔をしてもらえますか?」と確認をすると良いでしょう。
逆に麻酔自体が苦手な場合、麻酔が苦手なことを伝えることも出来ます。ただし麻酔は絶対拒否と伝えると、イコール治療時の痛みは我慢、となる場合もあるため、絶対拒否ではなく、ちょっと苦手程度のニュアンスが良いかもしれません。

虫歯の深さ、大きさ

歯を削る際、大きさより深さが、痛みを生じるかどうかを左右します。明確な基準はありませんが、浅ければ麻酔をしなくても治療が可能なケースが多くなります。
深い場合は、歯の内部の神経に近づくため、麻酔が前提で、まれに麻酔をしなくても痛みをあまり感じないで治療できるといった感じになります。

痛みに対する許容度

治療の際誰もが痛みを感じるような大きな虫歯ではなく、麻酔が必要かどうか微妙なケースでは、人によって治療時の反応が大きく異なるため、その人の治療の際の反応や表情なども参考にすることもあります。

妊娠の有無

妊娠中は基本的に麻酔の使用を控える場合が多くなります。しかし強い痛みを生じている場合には、麻酔なしでは治療できない、そのまま放置も出来ない、そんなときに麻酔を使用し治療する方が、メリットがあると判断されれば麻酔での治療が行われることもあります。

引用元-AllAbout

●前歯の虫歯を削るときの麻酔治療について(Q&A)

麻酔はもちろん歯茎に注射するんですが今は笑気ガス(だっけかな、甘い匂いがする薬)を歯茎に塗って針の痛みですら和らげたりするから怖がらなくても大丈夫ですよ。

むしろ、口を開けっ放しであごが痛いってぐらいです。

おまじない、、、 
手をぐっと握り締めて眼をしっかり閉じて恐怖と戦う。。。まるで処女喪失みたい。
なんてくだらない事を考えていれば気が紛れるのでは?
あと、美人看護士さんに「僕の手を握っていてくれませんか」ってお願いするとか。
なんてくだらない事を考えていれば気が紛れるのでは?

引用元-@nifty教えて広場

●前歯の治療は麻酔しても痛いですか?

麻酔してから行えば大丈夫ですよ。
しかし、一度めは災難でしたね。
いまの歯科医院での奥歯の治療で、麻酔が効いてきちんと行えたのであれば、前歯も大丈夫ですよ。
前歯は麻酔の針を刺すところに神経が集中しているので、針を刺す痛みが奥歯に比べると感じやすいですが、効きにくいというわけではありません。かえって奥歯の方が、麻酔薬の量も多目になります。
前歯の麻酔は鼻にまで、しびれた感じがしますが、効きにくいことはないですよ。
今行かれている、歯科医師を信じて大丈夫だと思いますよ。それに、厄介な患者なんて言われないで、トラウマの件を歯科医師に話されても全然大丈夫ですよ。不安=痛みになる事もありますから。
リラックスも、大切ですよね。頑張って下さい。

引用元-Yahoo知恵袋

まとめ
治療はやはり怖いですよね。虫歯を悪化させないためにも、治療や歯磨きをしっかり行いましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ