日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

貧困問題が深刻化する日本、その原因と対策

      2016/02/19

貧困問題が深刻化する日本、その原因と対策

発展途上国での貧困問題はテレビでも取り上げられ知る機会が多いと思います。しかし、日本の貧困問題といわれると、はっきりとしたことが分からない方も多いと思います。今でも日本は貧困について悩まされています。そこで今回は日本の貧困の原因、対策について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

スポンサーリンク

●日本の貧困問題を考える上で重要な分野は?

まず
貧困には2つ考えがあります
1つは相対的貧困 こちらは既に回答がありますね
もう1つは絶対的貧困
これは「衣食や医療を経済的な理由で躊躇う」事を指します
感覚的にはこちらの方が近いかも知れません

さて回答
私見ながら 貧困は難しいです
例えば核家族より大家族の方が世帯事の貧困率は低くなる傾向があります
所得の少ない若者を高齢者がカバーする体制になるからです
日本が公的扶助が少ない理由の1つは こうした地縁血縁のカバー体制があった点は指摘できます

また生活保護制度の捕捉率とかの問題もあります
問題が多岐にわたり「○○すればいい」とは一概に言えないのはあります

取りあえずは統計を扱う本川裕氏の本で気になるジャンルをピックアップされたらいいと思います
サイトが充実しているのでそちらでいいと思います

引用元-Yahoo!知恵袋

●社会問題としての貧困、原因

私たちも時々は金欠に陥るものです。それは個人による経験です。それは貧困の社会問題とは別のものです。金銭は富の尺度であり、金欠は貧しさの尺度である一方、それは貧困の社会問題ではありません。法則を参照。

社会問題としての貧困は深い傷のようであり、文化や社会の全ての側面を蝕みます。それは共同体の市民の長期に及ぶ低い収入といったことです。またそれは教育・市場・医療などのサービスの提供の欠乏、意思決定の能力の欠乏、公共設備(水、衛生、道路、交通、通信)の欠乏といったことも含みます。さらにそれは共同体の市民たちの間に絶望、無関心、臆病を生み出します。貧困、特にその要因は、社会的な問題であり、その解決法も社会的です。

このウェブサイト上の教材で学べることは、貧困はその症状を軽くするのではなく、その要因を退治することでしか対抗されないのです。この資料では社会問題である貧困に寄与する「5大要因」を挙げて解説します。

単なる金銭の寄付は、たとえそれが貧困の被害者に対してでも、貧困を減らしたり撲滅させません。それは短期的に貧困の症状を軽くするだけです。それは長期的な解決にはなりません。社会問題である貧困は社会的な解決方法を必要とします。その解決方法とは5大要因の明らかで意識的な除去のことです。

引用元-cec

●日本人の6人に1人が「貧困層」の原因

貧困率は、低所得者の割合を示す指標。厚生労働省が2014年7月にまとめた「国民生活基礎調査」によると、等価可処分所得の中央値の半分の額に当たる「貧困線」(2012年は122万円)に満たない世帯の割合を示す「相対的貧困率」は16.1%だった。これらの世帯で暮らす18歳未満の子どもを対象にした「子どもの貧困率」も16.3%となり、ともに過去最悪を更新した。

これは、日本人の約6人に1人が相対的な貧困層に分類されることを意味する。この調査で生活意識が「苦しい」とした世帯は59.9%だった。貧困率が過去最悪を更新したのは、長引くデフレ経済下で子育て世帯の所得が減少したことや、母子世帯が増加する中で働く母親の多くが給与水準の低い非正規雇用であることも影響した、と分析されている。

引用元-悪化する日本の「貧困率」

●子どもの貧困対策法

日本の子どもの貧困率の高さが国際的に指摘される中、2013年6月19日に「子どもの貧困対策法」が成立しました。施行は「公布の日から起算して1年以内」とされていますが、早ければ、2013年内に施行されると見られています。

「子どもの貧困対策法」には、子どもの貧困対策を総合的に推進するため「大綱」を政府が作成し、子どもの貧困率の改善を図る対策を打ち出すことのほか、国と地方自治体が貧困家庭の就学や学資の援助、学習支援といった教育支援に取り組む、各都道府県は子どもの貧困対策についての計画を策定する、「子どもの貧困対策会議」を設置する、などが打ち出されています。

今後、子どもの貧困が改善され、さらには貧困の連鎖を防ぐための実効性ある対策が取られることを祈っています。

引用元-All About

●深刻化する子供の貧困問題、政府の対策は効果があるのか?

 政府は「子供の貧困対策大綱」を閣議決定しました。近年、日本では子供の貧困が大きな社会問題となっていますが、政府の対策は効果があるのでしょうか。

 日本の子供の貧困率(平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子供の割合)は16.3%で過去最高を記録しました。日本は先進国の中でも米国並みに貧困率が高いことで知られていますが、全体の貧困率の上昇に伴って子供の貧困率も増加している状況です。

 子供の貧困率が上昇してきた最大の原因は、シングルマザーの増加にあると考えられます。日本では女性の就労機会が限定されており、女性は正社員として働きにくい環境にあります。また、正社員と非正規社員には圧倒的な給与格差が存在しており、非正規社員の給料だけでは十分な生活ができないのが現実です。離婚をきっかけに就労した女性は非正規社員として働かざるを得ないことが多く、その結果、十分な収入が確保できない状態になっている可能性があります。

 高い才能を持った人は別ですが、ほとんどの人にとって、一定水準以上の生活を送ろうと思った場合、ある程度の教育を受けることが必須となります。子供の学力と家庭環境には密接な関係があるといわれていますから、親の生活環境によって子供が十分な学力を身につけられないというケースは少なくないでしょう。

 閣議決定された大綱では、貧困の世代間連鎖を解消するため、教育費の負担軽減、学校教育の学力保証、保護者の就労支援、無利子奨学金制度の充実など、数多くの施策が掲げられています。

 しかし、同じ子供の貧困対策といっても、どのような価値観に基づいて支援を行うのかで、そのやり方や結果は大きく変わってきます。

 学校教育を主軸とし、学校にさえきちんと通えばある程度の学力をつけられるようにするという考え方もありますし、経済的に困窮している家庭を直接金銭的に支援するという考え方もあります。また、直接的な支援をせず、保護者が自力で就労できるよう支援するという間接的な方法もあるでしょう。ただ、子供は親を選ぶことができませんから、保護者の生活が向上しなかった場合、その子供をどうするのかという問題は常に考慮に入れておく必要があります。

 日本では高い教育を受けることは、全員に与えられた基本的な権利ではなく、経済的に余裕がある人、あるいは自力で生計を立てられる人のみが享受できるものという考え方が一部にあります。このあたりの価値観は人それぞれかもしれません。

 しかし、日本経済は急速に成熟化、脱工業化が進んでおり、より付加価値の高い国内産業の育成が急務となっています。成熟化で先を行く米国では、かつて体力があれば十分だった第一線の兵員ですら、兵器の高度化によって高いITスキルが求められる状況となっています。本人が望むのであれば、誰でも高い教育を受けられるようにするのが、時代の流れといってよいでしょう。

引用元-THE PAGE

まとめ
苦しんでいる人もたくさんいます。私たち一人一人が貧困について理解していくことが大切です。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ