日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

蛍光灯と白熱電球の電気代とそのメリット、デメリット

      2016/02/24

蛍光灯と白熱電球の電気代とそのメリット、デメリット

最近では、電球型蛍光灯やLED電球といったものをお店でよく見かけます。電球をを変える時など、白熱電球と蛍光灯どちらにしようか迷ったことはないでしょうか。蛍光灯と白熱電球では、電気代はどのように変わってくるのでしょうか。それと、それぞれのメリット、デメリットはどうなのでしょうか、調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

床のフローリングの種類は?シートタイプのメリット・デメリット

フローリングの床の種類にいくつかあります。最近よく使われてい...

小6女子の平均身長は?成長期はいつまで?

身長はいつまで伸びるのでしょうか?女子は大体小6頃に成長のピ...

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

スポンサーリンク

●白熱型電球・蛍光灯の電気節約の豆知識

電球や蛍光灯は他の家電よりもワット数が明確にしるされているものが多いです。算出方法は後述しますが、とても簡単な計算になるので覚えておいて、商品を購入するときにその場であんざんできると便利です。節電方法は当然使わない時に切る。使ってない場所でつけておくのをやめるといった程度でしょうか。数が多くなければそれほど大きな電気代はかからないでしょう。
電気代の計算の仕方は掛け算とちょっとした知識でできます。
製品のワット数 × 時間 × 0.027 = 電気代

引用元-白熱型電球・蛍光灯の電気代計算

●本当に白熱は高いのでしょうか?

蛍光灯と白熱灯では

<蛍光灯>
長時間連続で使用するなら蛍光灯のが、電気代も安くって長持ちもします。

<白熱灯>
何度も頻繁に消したり付けたりを繰り返す場所では、白熱灯の方が電気代も安くなります。
電気料金(光熱費)的には、言うほど大きな差が有りませんが、電気部品(蛍光灯や白熱灯)の交換が、多くなり経済的では無くなります。

引用元-教えて!goo

●白熱電球と蛍光灯の電気代比較

まず、白熱電球や蛍光灯の「消費電力」というものを考えます。消費電力というのはその電球や蛍光灯を点滅させるために必要な電力のことを指し、通常は白熱電球や蛍光灯の型番に記載されています。

例えば、一般的なクリア電球である「L100V40W」の消費電力は「40W」となります。これを1時間使用した際の消費電力の合計は「40Wh(ワットアワー)」となります。(このワットとワットアワーなどの関係については「消費電力とは(外部サイト)」などのサイトで詳しく説明されているようなのでそちらをご参照下さい)

その上で電気代を計算する手段として以下の簡易的な計算式を用いて計算します。電気代というのは、通常1kWh(1000Wh)あたり23円程度で計算されます

電気代=W数/1000×点灯時間(時間)×23円

ご家庭で利用する40W形の「白熱電球」が10個・1日の点灯時間8時間という計算の下で、これらを全て「電球形蛍光灯」に交換したと仮定して電気代を計算していきます。

40W形白熱電球8時間当たりの電気代(年間)(10個分)
40/1000×8時間×365日×23円×10個=26,864円

同様の明るさを持つ電球形蛍光灯は10Wの消費電力で点灯が可能となっています。よって、
40W形電球形蛍光灯8時間当たりの電気代(年間)(10個分)
10/1000×8時間×365日×23円×10個=6,716円

以上のように、1年間で2万円以上も電球形蛍光灯を利用した方がお得になるという計算が成立します。

しかし、一般に「電球形蛍光灯は値段が高い」という印象をお持ちの方も多いようです。次は白熱電球と電球形蛍光灯の本体価格という点から比較していきます。

引用元-コストプラン

●白熱電球と電球形蛍光灯の電気代比較

「コストプランショッピング-電球販売-」では、40W形の白熱電球と同様の明るさを持つ電球形蛍光灯が以下の価格で販売されています。実売価格ですので比較しやすいかと思います。

・白熱電球(L100V40W):84円/個(税込)
・電球形蛍光灯(EFA10EL/8-R):945円/個(税込)

これだけを見ると、白熱電球の方が1個あたり10分の1以下の価格で販売されており、電球価格比較をすると圧倒的に白熱電球の方がお得ということになります。

しかし、電球には寿命(定格寿命)というものがあります。
上記の白熱電球の寿命はおよそ「1000時間」、対して電球形蛍光灯の寿命はおよそ「6000時間」となっており、およそ6倍電球形蛍光灯の方が長寿命ということになります。

この寿命分を補正すると、電球形蛍光灯が1回切れる間に白熱電球は6回買換えが必要と言う事になります。つまり、寿命を考慮した場合、白熱電球の商品代金を6倍した価格が寿命考慮を行った場合の価格ということになります。

上記の補正を行うと

・白熱電球(L100V40W):504円/6個(税込)
・電球形蛍光灯(EFA10EL/8-R):945円/1個(税込)

というように、差は1/2以下に収まってきました。

引用元-コストプラン

●白熱電球、蛍光灯のメリットとデメリット

白熱電球

今まで普通に使われていた電球。しかし、電球型蛍光灯、LEDなどの登場により各メーカーが撤退するなど立場を追われています。
※下記の「蛍光灯」は「電球型蛍光灯」と解釈してください

メリット

・電源投入後すぐに明るくなる
 →白熱電球はスイッチを入れるとほぼ同時に最大の明るさになりますが電球型蛍光灯は徐々に明るくなっていきます。
・低気温時でも安定した明かり
→蛍光灯は低温だと、チラツキ、明るさが出ないといった状況になることが多いです
・高い演出性
→例えば、料理などをきれいに演出することができます
・調光ができる
→対応している蛍光灯でも電球のように自由自在に明るさを調節できません
・点滅寿命が長い
→ある試算では蛍光灯は1回の点滅につき30分ほど寿命が縮むそうです
・様々な形状が販売されている
・非常に安価(単価)

デメリット

・消費電力がとても多い
・発熱する
・寿命が短い
・各メーカーが生産終了の動きにあるので将来手に入らなくなる可能性がある
・電気代を考慮するとコストがかかる

トイレ、時々しか入らない物置など、演出性を求める、寒冷地または冬場などの場合は白熱電球が良いです

電球型蛍光灯

1980年に誕生した電球型の蛍光灯です電球型蛍光灯

メリット

・白熱電球と比べて寿命が長い
・消費電力が少ない
・コストが白熱電球よりもかからない
・開発が進み、白熱電球からの置き換えが容易になっている

デメリット

・点滅寿命が短い(克服もしくは改善した製品もあり)
・単価が白熱電球の約8倍~と高い(後で取り返す)
・電源投入後すぐに明るくならない
・スイッチを入れて点灯に1~3秒ほど時間を要する(改善している商品もあり)
・低温時では明るさが低下する
・密閉機器、断熱機器に対応していないことが多い(対応しているものもある)
・白熱電球には含まれていない水銀が含まれている
・雇用、生産の問題
→パナソニック社の場合、白熱電球は日本製だが蛍光灯はインドネシア・中国製

リビング、その他つけっぱなしにする場所によいです。逆にトイレ、廊下などのすぐ消灯する場所には向いていません。

引用元-Yahoo!知恵袋

まとめ
れぞれの特徴といったものがあります。使う場合には、一度自分で計算してみるのもよいでしょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ