日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

蛍光灯と白熱電球の電気代とそのメリット、デメリット

      2016/02/24

蛍光灯と白熱電球の電気代とそのメリット、デメリット

最近では、電球型蛍光灯やLED電球といったものをお店でよく見かけます。電球をを変える時など、白熱電球と蛍光灯どちらにしようか迷ったことはないでしょうか。蛍光灯と白熱電球では、電気代はどのように変わってくるのでしょうか。それと、それぞれのメリット、デメリットはどうなのでしょうか、調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

地震と火山の噴火は関係ある?地震と噴火の予知について

今現在地震は正確な予知ができないといわれていますが、火山の噴...

肩が重いのは霊のせい!?原因と対策

日常生活で肩が凝ったり重いなと感じることは多いですね。いつま...

アマゾンのギフトのカードをコンビニで購入して便利に決済

ネットで買い物は時間の短縮、商品量が多い、配達してくれるなど...

成田空港のターミナルの違いとは?

もともと成田空港にターミナルは一つしかありませんでした。19...

スポンサーリンク

●白熱型電球・蛍光灯の電気節約の豆知識

電球や蛍光灯は他の家電よりもワット数が明確にしるされているものが多いです。算出方法は後述しますが、とても簡単な計算になるので覚えておいて、商品を購入するときにその場であんざんできると便利です。節電方法は当然使わない時に切る。使ってない場所でつけておくのをやめるといった程度でしょうか。数が多くなければそれほど大きな電気代はかからないでしょう。
電気代の計算の仕方は掛け算とちょっとした知識でできます。
製品のワット数 × 時間 × 0.027 = 電気代

引用元-白熱型電球・蛍光灯の電気代計算

●本当に白熱は高いのでしょうか?

蛍光灯と白熱灯では

<蛍光灯>
長時間連続で使用するなら蛍光灯のが、電気代も安くって長持ちもします。

<白熱灯>
何度も頻繁に消したり付けたりを繰り返す場所では、白熱灯の方が電気代も安くなります。
電気料金(光熱費)的には、言うほど大きな差が有りませんが、電気部品(蛍光灯や白熱灯)の交換が、多くなり経済的では無くなります。

引用元-教えて!goo

●白熱電球と蛍光灯の電気代比較

まず、白熱電球や蛍光灯の「消費電力」というものを考えます。消費電力というのはその電球や蛍光灯を点滅させるために必要な電力のことを指し、通常は白熱電球や蛍光灯の型番に記載されています。

例えば、一般的なクリア電球である「L100V40W」の消費電力は「40W」となります。これを1時間使用した際の消費電力の合計は「40Wh(ワットアワー)」となります。(このワットとワットアワーなどの関係については「消費電力とは(外部サイト)」などのサイトで詳しく説明されているようなのでそちらをご参照下さい)

その上で電気代を計算する手段として以下の簡易的な計算式を用いて計算します。電気代というのは、通常1kWh(1000Wh)あたり23円程度で計算されます

電気代=W数/1000×点灯時間(時間)×23円

ご家庭で利用する40W形の「白熱電球」が10個・1日の点灯時間8時間という計算の下で、これらを全て「電球形蛍光灯」に交換したと仮定して電気代を計算していきます。

40W形白熱電球8時間当たりの電気代(年間)(10個分)
40/1000×8時間×365日×23円×10個=26,864円

同様の明るさを持つ電球形蛍光灯は10Wの消費電力で点灯が可能となっています。よって、
40W形電球形蛍光灯8時間当たりの電気代(年間)(10個分)
10/1000×8時間×365日×23円×10個=6,716円

以上のように、1年間で2万円以上も電球形蛍光灯を利用した方がお得になるという計算が成立します。

しかし、一般に「電球形蛍光灯は値段が高い」という印象をお持ちの方も多いようです。次は白熱電球と電球形蛍光灯の本体価格という点から比較していきます。

引用元-コストプラン

●白熱電球と電球形蛍光灯の電気代比較

「コストプランショッピング-電球販売-」では、40W形の白熱電球と同様の明るさを持つ電球形蛍光灯が以下の価格で販売されています。実売価格ですので比較しやすいかと思います。

・白熱電球(L100V40W):84円/個(税込)
・電球形蛍光灯(EFA10EL/8-R):945円/個(税込)

これだけを見ると、白熱電球の方が1個あたり10分の1以下の価格で販売されており、電球価格比較をすると圧倒的に白熱電球の方がお得ということになります。

しかし、電球には寿命(定格寿命)というものがあります。
上記の白熱電球の寿命はおよそ「1000時間」、対して電球形蛍光灯の寿命はおよそ「6000時間」となっており、およそ6倍電球形蛍光灯の方が長寿命ということになります。

この寿命分を補正すると、電球形蛍光灯が1回切れる間に白熱電球は6回買換えが必要と言う事になります。つまり、寿命を考慮した場合、白熱電球の商品代金を6倍した価格が寿命考慮を行った場合の価格ということになります。

上記の補正を行うと

・白熱電球(L100V40W):504円/6個(税込)
・電球形蛍光灯(EFA10EL/8-R):945円/1個(税込)

というように、差は1/2以下に収まってきました。

引用元-コストプラン

●白熱電球、蛍光灯のメリットとデメリット

白熱電球

今まで普通に使われていた電球。しかし、電球型蛍光灯、LEDなどの登場により各メーカーが撤退するなど立場を追われています。
※下記の「蛍光灯」は「電球型蛍光灯」と解釈してください

メリット

・電源投入後すぐに明るくなる
 →白熱電球はスイッチを入れるとほぼ同時に最大の明るさになりますが電球型蛍光灯は徐々に明るくなっていきます。
・低気温時でも安定した明かり
→蛍光灯は低温だと、チラツキ、明るさが出ないといった状況になることが多いです
・高い演出性
→例えば、料理などをきれいに演出することができます
・調光ができる
→対応している蛍光灯でも電球のように自由自在に明るさを調節できません
・点滅寿命が長い
→ある試算では蛍光灯は1回の点滅につき30分ほど寿命が縮むそうです
・様々な形状が販売されている
・非常に安価(単価)

デメリット

・消費電力がとても多い
・発熱する
・寿命が短い
・各メーカーが生産終了の動きにあるので将来手に入らなくなる可能性がある
・電気代を考慮するとコストがかかる

トイレ、時々しか入らない物置など、演出性を求める、寒冷地または冬場などの場合は白熱電球が良いです

電球型蛍光灯

1980年に誕生した電球型の蛍光灯です電球型蛍光灯

メリット

・白熱電球と比べて寿命が長い
・消費電力が少ない
・コストが白熱電球よりもかからない
・開発が進み、白熱電球からの置き換えが容易になっている

デメリット

・点滅寿命が短い(克服もしくは改善した製品もあり)
・単価が白熱電球の約8倍~と高い(後で取り返す)
・電源投入後すぐに明るくならない
・スイッチを入れて点灯に1~3秒ほど時間を要する(改善している商品もあり)
・低温時では明るさが低下する
・密閉機器、断熱機器に対応していないことが多い(対応しているものもある)
・白熱電球には含まれていない水銀が含まれている
・雇用、生産の問題
→パナソニック社の場合、白熱電球は日本製だが蛍光灯はインドネシア・中国製

リビング、その他つけっぱなしにする場所によいです。逆にトイレ、廊下などのすぐ消灯する場所には向いていません。

引用元-Yahoo!知恵袋

まとめ
れぞれの特徴といったものがあります。使う場合には、一度自分で計算してみるのもよいでしょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ