日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

弁護士へ無料相談!その時の注意点

      2016/02/26

弁護士へ無料相談!その時の注意点

何かトラブルに巻き込まれたときサポートしてくれるのが弁護士ですが、相談に行くのは腰が重いですね。そんな時には無料相談を利用するといいようです。今回は無料相談の注意点などについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

●弁護士とは?

弁護士は、相談者のケースに合わせた個別具体的な回答を出せる法律相談をすることができますし、相談者の代わりに相手と交渉してもらうこともできます。
特に何らの制限もなく、相談者の利益のために相談者をフルサポートすることができる人、それが弁護士です。

それなら、相談先に悩むことなく弁護士に相談に行けばいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そうもいかない理由のひとつして弁護士を利用する際の費用の問題があります。
弁護士が強力な味方になると分かっていても、一般的に人が弁護士を頼むことに及び腰になるのには、ひとつには弁護士は利用するのに費用が高いからということが挙げられます。

単発の相談だけでしたら、30分/5,000円くらいが通常の相場のようですが、正式に仕事を依頼するとなると、着手金で20万円~50万円くらい、報酬金で30万~60万くらいかかるのが一般的なようです。

調停などにおいては、複雑なケースや相手が弁護士を依頼している場合、後に訴訟が予想されるような場合を除いては、必ずしも弁護士を依頼せずに、弁護士への単発の相談や他のサポート機関からのサポートを得たりして自分で乗り切ることもできますので、必ずしも「離婚の相談=弁護士への依頼」と考えることなく、単発の相談や他のサポート機関の利用なども考えて、上手に利用できるといいのではないでしょうか。

ただ、裁判で争うような場合には、費用が高くともやはりを依頼せずに進めていくのは難しいようです。

経済的理由から弁護士費用が支払えないという場合には、法テラス(日本司法支援センター)から民事法律援助として弁護士費用の立て替え払いをしてもらうこともできますので(法テラスでは条件を満たせば無料の法律相談も受けられます)、自分には費用が払えないから弁護士を頼むのは無理だとあきらめる前に相談してみましょう。

引用元-離婚・夫婦問題 Felice(フェリーチェ)相談室

●無料相談をする際の注意点

弁護士との対面式の無料法律相談の場合、でも20分から30分程度の短時間での相談となる場合が多いです。所定の時間を超える場合は有料になる場合や、時間が来た段階で終了になる場合もあります。その辺りは、事前に確認して納得してから出かけましょう。

電話の無料相談の場合、まず最初に職員の方が状況の聞いてくれて、その後、そのデータを元に弁護士の先生とお話する場合が多いです。電話相談の場合も、長時間は話せることは稀ですので、回答をもらいたいポイントは事前に整理しておきましょう。

メール相談の場合、最初の一回目は無料で、その後のやり取りでは有料になる場合もあるようです。納得がいく相談ができるように、料金体系の確認はしておきましょう。

いづれの場合も要領よく状況を伝えるために相談内容をメモなどにまとめておくのがおすすめです。仕事ができる弁護士ほど多くの案件を抱えて忙しいものです。

また、あくまでも「相談」であって、弁護士が動いて解決してくれるわけではありません。この点を間違っていると、「相談」に物足りなさを感じてしまって、いい関係が築けませんので注意したいものです。

引用元-無料法律相談の注意点

●無料相談で弁護士選びをスムーズに

特定の業界に携わってきた経験や知識が深いほど、同じ土俵で戦った場合に、得意としない分野での弁護士に比べて発揮される力が全く違います。例えば交通事故の場合、後遺障害診断書というものを保険会社に提出して、被害者が負った後遺症に応じた等級を受けることになりますが、もし、この後遺障害診書の書き方が不十分で、後遺障害等級の認定が取れなかった場合、被害者は後遺症を負ったことによる損害賠償請求を加害者に対して行いことが全くできなくなってしまいます。

これが、交通事故を得意とする弁護士の場合、長年の知識と経験から、「後遺障害等級」を取りやすくする診断書の書き方を熟知していますので、アドバイスを受けながら作成するようにすれば、適正な表記のもと、公正な等級を獲得することができます。

ですので、専門分野をもった弁護士を探すことがもっとも重要になり、その人が本当に専門的な知識を持っているか、無料相談を利用して確認することが必要になります。つまり、専門家である弁護士を、無料相談を利用して適切なアドバイスを受けることが、早期解決と望んだ結果の獲得へ繋がる一番の近道となるわけです。

引用元-交通事故弁護士ナビ

●無料でも最低限のマナーを守って

このサイトは「無料での法律相談」に焦点を当てている為、一部の心無い人達、礼儀の無い人達がサイト内容を見た場合、 「大して困ってないけど、とりあえず無料だから適当に相談してみよう!」といった非常識な行動を取る事が予想されます。

これは絶対にNG!本来、無料であれ有料であれ、相談をする際には最初に身元、名前を明らかにし、相談に乗ってもらうものですが、 最近では、個人情報何たらかんたらと聞こえの良い屁理屈を並べて、相談内容しか記載していないメールを送ったり、いきなり電話を かけて勝手に相談内容を話したりと、(この前聞いたところによると、氏名住所を尋ねた途端、電話をガチャ切りされたそうです! 悲しいですね・・)

モラルの無い相談が多いのです。(無料相談の場合は特にね!)

そういう人達に限ってちょっと気に入らない事があると、「あの弁護士はダメだ」とか、「あそこの事務所は丁寧に仕事をしてくれない」 などと言ったりします。
そういったモラルの無い相談が、法律家と相談者の間に溝ができる原因となり、本当に法律家の助けを必要としている相談者に対する、 満足のいく法律サービスの提供の妨げになっている事を自覚して下さい。できないならば、あなたの為にも相談はしない方が良いと思いますよ。
これは、人として最低限守らなければいけない事なんですね。あなたが逆の立場で見ず知らずの人の相談を受けなければいけないと 考えてみれば簡単に分かる事だと思います。
どんな時でも最低限の礼儀、モラル、マナーを。それがたとえ無料法律相談だったとしても。

引用元-無料法律相談ネット

●まずは相談してみよう

相談したら、その弁護士に決めるべきなの?

いいえ。

相談したからといって、必ずその弁護士に頼まなければならないということはありません。
私が弁護士に会って相談したときは、どの弁護士さんも相談が終わった後に

「 こんな感じになります。もし他にも相談されたければ いろいろな弁護士の意見を聞いて、私でよければまた来てもらって構いません。 」

といったことを言ってくれました。数日考える時間ももらえたので、

「 少し考えます。 」

と言って帰り、焦らずに じっくりと考えてから決めるようにしました。
ちなみに、選ぶ際は以下のような点を重視して考慮されるといいかもしれません。

・依頼する案件の分野に詳しいか?
・弁護士としての経験が豊富か?
・自分の話をよく聞いてくれるか?
・人柄は良さそうか?
・自分との相性はどうか?
・親身になって対応してくれそうか?

あなたが抱えているトラブルの解決を依頼するわけですから、信頼関係 は とても大切です。なぜなら、弁護士は あなたの 利益 と 権利 を守るための大切な代理人 だからです。
多くの場合、相談する内容は大事なことですから、信頼できない人にお願いしてしまうと後になって不安が募ることにもなりかねません。
そのため、実際に話をして信頼できそうにないと感じたときは止めておいた方が無難だと思います。妥協して決めてしまうと、後々 精神的にも辛くなってきます。

また、人柄 も重要です。
お願いした後でも、さまざまなトラブルは出てくるものです。そんなときに気軽に安心して相談できる雰囲気の弁護士であれば精神面で楽だと思います。

あなたの抱えている悩みについての 「 知識と経験が豊富であるか 」 という点と、「 話をしていて信頼できる 」 という点、そして 「 安心して気軽に相談できる 」 といった点をポイントに見極めるようにしてみると良いかもしれません。

引用元-知らないと恥をかく一般常識の壁

●弁護士に依頼する際の注意点

最近ではHPを運営している弁護士、法律事務所が増えているので、このHPをしっかりと確認することが、満足いく結果につながるでしょう。ここでは弁護士に依頼する際のポイントとして、HPのどこをチェックすればよいかを紹介したいと思います。

① 料金が明確であるかどうか
HP等を活用し、料金についてしっかり確認しましょう。細かくしっかりと料金規定が明示されているところは大丈夫です。しかし、“低料金”や“格安の弁護士報酬”などと書かれているだけで、具体的に料金が明示されていない事務所は避けたほうがいいといえるでしょう。

② 弁護士の紹介がされているか
弁護士紹介や事務所紹介などで、自己紹介やプロフィール、経歴、そして写真などが公開されているかもポイントです。HPから弁護士のプロフィール、経歴、そして写真を確認し“安心できる弁護士かどうか”を判断しましょう。

③ 相談から解決までの流れが明確になっているか
“無料相談”を実施されている弁護士も増えてきましたが、ここでは相談から解決までの流れがしっかり示されているかどうかがポイントです。予定していなかった相談料金が発生しトラブルに発展することがないよう、まずは相談から解決までの流れをしっかりと紹介している弁護士を探されることをお勧めします。

以上、弁護士に自己破産手続きを依頼する際の注意点について紹介させていただきましたが、一番はご自身で満足いく弁護士を選択されることです。最も安心でき、信頼できる弁護士に依頼することが何よりも大切なのです。

引用元-福岡の弁護士による経営者・個人事業主・市民のための破産・借金救済無料相談

まとめ
いまは無料相談があるのでまずはそれを利用するのがよさそうですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ