日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

銀行の登録印鑑の変更手続き

      2016/02/27

銀行の登録印鑑の変更手続き

最近の銀行通帳には届出している印鑑の記載がなく、自動振込みの手続きのときに印鑑がわからなく戸惑うことはありませんか?印鑑がわかるといいのですが、結局見つからないと届出印の変更となってしまいます。そんなときの変更方法を調べてみます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

部屋の片づけ、模様替えのコツ!

部屋のレイアウトも飽きてきたし、そろそろ模様替えをしようかな...

地震でマンションが倒壊!?日本は大丈夫?

大きな地震が起きたときにマンションは倒壊の危険はないのでしょ...

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる...

CDの音質を向上させる方法

安価なCD。安価なCDプレーヤー。パソコンで。CDを聴く方法...

年末年始はお得?テレビの購入時期について

テレビの購入を考えている場合、どの時期に買えばいいか悩みます...

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題で...

コンビニひきたてコーヒーの頼み方を教えてください

今や人気沸騰のコンビニコーヒー。ひき立ての香りとお値段の安さ...

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思...

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れは...

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証...

全商の検定とは?正式名称はどう書く?

全商検定を知っていますか?全国商業高等学校主催の検定で現在は...

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作...

LINEのタイムラインは公開する人を限定できる!?マークの意味とは

LINEとはトークや通話などができる無料のアプリですがタイム...

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていて...

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでし...

家のローンに後悔!?返済に苦労しないために

家を購入した場合は住宅ローンを組む必要があります。長い年月ロ...

英語の家庭教師をしたい!教え方のコツとは

家庭教師で英語を教える場合の教え方のコツはあるのでしょうか?...

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜ...

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にと...

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チーム...

スポンサーリンク

●銀行の印鑑、キャッシュカード・通帳の紛失したら

紛失に気づいたら即座に取引銀行へ連絡してください。盗難時も同様です。
各銀行の「喪失受付センター」などへ連絡し、届出を行うことで通帳でのお取引ができないよう設定します。その上で、後日でもよいので、銀行の窓口に行って今後使用する印鑑の届出を行います。

引用元-全国銀行協会

●印鑑、変更手続きに必要なもの

お近くの支店窓口でお手続きください。
ご来店時にお持ちいただくもの

・新旧お届け印
 (口座ごとに異なるご印鑑をお届けの場合は、全てのご印鑑をお持ちください。)
・通帳・証書
・ご本人さまであることを確認できる資料
以下のいずれかの書類原本
・運転免許証(有効期限内のもの)
・各種健康保険証(有効期限内のもの)
・住民票(発行日より6ヵ月以内のもの)
・パスポート(有効期限内のもの)
・印鑑証明書(発行日より6ヵ月以内のもの)
・外国人登録原票記載事項証明書(発行日より6ヵ月以内のもの)

引用元-三井住友銀行

●印鑑の変更手続きが面倒!なぜ印鑑が必要なの?

銀行印は金融機関で口座を開設する時に必要になりますが、果たしてそれ以外の場面で必要になることはあるのでしょうか?
そして銀行印を必要とされる場面があったとして、なぜその行為は銀行印がないとできないのでしょうか?
銀行印が必要となってくる場面で一番多いのは、金融機関で行われる振り込みなどでしょう。その際は、必ず銀行印が必要になってきます。では、なぜ銀行印が必要なのかと言うと、口座を開設した時の銀行印によって、その口座を利用できる人、もしくは契約した本人であることを確かめるためです。

この過程がないと、自分の口座から勝手に誰かの口座に振り込みをされてしまったり、はたまた変な使い道をされてしまう可能性が高くなってしまうのです。
金銭に関係することですから、やはり本人確認というのはとても重要になってきます。銀行印は、そういった他人の悪用を防止する役割があるのです。
最近では犯罪のレベルも上がってきていますから、昔と違って銀行印を使用する本人たちも、十二分に注意しなければいけなくなってきています。

そのため、銀行印を複雑な形のものに変えたり、あまり見かけないような書体や大きさの印鑑に変える人も増えてきています。
よく銀行印を認印などと一緒にしている人もいますが、安全面を考えるのなら、銀行印は銀行印のみの用途として、しっかりと自分で管理をし、まわりに少しでも悪用の可能性を減らしていくのが賢明と言えるでしょう。
悪用されてからでは遅いのですから、充分に取り扱いには注意して自分の身は自分で守っていきましょう。

引用元-印鑑の使用には注意を

●印鑑を必要としない銀行はあるの?

長期間に渡りモノの整理をしていますが、先日印鑑の処分をしました。
なぜか増えてしまっていて4つの印鑑が手元にある状態でした。
いざ捨てようと思った時に気をつけるのが、銀行や証券会社などの口座に登録印として使っていないか、です。

通帳も最近は印影を付けていないので、どの印鑑が登録されているかはわかりません。
口座も整理したので、その機会に登録の印鑑も調べてもらい登録しなおすなどして集約させました。
すべての口座に対して行ったので、地味に手間がかかる作業でした。

ただ、実際には印鑑をなくしてしまう人もいるわけで、その場合は「印鑑証明+その印鑑」で対応してくれるのかと。

いざとなったらそれで対応できるので、いちいちチェックをしてられないという人は思い切って処分してしまってもいいのかもしれません。

引用元-Marketing × Internet

●銀行口座の開設に印鑑が要らない銀行はある?

 一般銀行であれば店舗の窓口で複数の書類にサインして印鑑の届け出をし、本人確認の身分証明などを提示した上で口座開設手続きを行うというのが主流です。
 しかしネット銀行の店舗は最小限数のみとなりますので、口座開設の手続きなども窓口ではなく、オンラインと必要書類の送付で行われます。個人口座であれば多くの場合、本人確認の書類と名義人のサインで開設することができ、銀行印の届けは必要ありません。
 身分証明には免許証・パスポート・保険証などのコピー、あるいは住民票の写しや印鑑証明の原本といった一般的なものが指定されます。
 詳細な種類や補助資料など詳細については、各銀行にて確認してください。

引用元-OCS Ranking

まとめ
銀行印は紛失などしてしまうと手間がかかってしまいますので、印鑑は大切に保管したいですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ