日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

銀行の登録印鑑の変更手続き

      2016/02/27

銀行の登録印鑑の変更手続き

最近の銀行通帳には届出している印鑑の記載がなく、自動振込みの手続きのときに印鑑がわからなく戸惑うことはありませんか?印鑑がわかるといいのですが、結局見つからないと届出印の変更となってしまいます。そんなときの変更方法を調べてみます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

●銀行の印鑑、キャッシュカード・通帳の紛失したら

紛失に気づいたら即座に取引銀行へ連絡してください。盗難時も同様です。
各銀行の「喪失受付センター」などへ連絡し、届出を行うことで通帳でのお取引ができないよう設定します。その上で、後日でもよいので、銀行の窓口に行って今後使用する印鑑の届出を行います。

引用元-全国銀行協会

●印鑑、変更手続きに必要なもの

お近くの支店窓口でお手続きください。
ご来店時にお持ちいただくもの

・新旧お届け印
 (口座ごとに異なるご印鑑をお届けの場合は、全てのご印鑑をお持ちください。)
・通帳・証書
・ご本人さまであることを確認できる資料
以下のいずれかの書類原本
・運転免許証(有効期限内のもの)
・各種健康保険証(有効期限内のもの)
・住民票(発行日より6ヵ月以内のもの)
・パスポート(有効期限内のもの)
・印鑑証明書(発行日より6ヵ月以内のもの)
・外国人登録原票記載事項証明書(発行日より6ヵ月以内のもの)

引用元-三井住友銀行

●印鑑の変更手続きが面倒!なぜ印鑑が必要なの?

銀行印は金融機関で口座を開設する時に必要になりますが、果たしてそれ以外の場面で必要になることはあるのでしょうか?
そして銀行印を必要とされる場面があったとして、なぜその行為は銀行印がないとできないのでしょうか?
銀行印が必要となってくる場面で一番多いのは、金融機関で行われる振り込みなどでしょう。その際は、必ず銀行印が必要になってきます。では、なぜ銀行印が必要なのかと言うと、口座を開設した時の銀行印によって、その口座を利用できる人、もしくは契約した本人であることを確かめるためです。

この過程がないと、自分の口座から勝手に誰かの口座に振り込みをされてしまったり、はたまた変な使い道をされてしまう可能性が高くなってしまうのです。
金銭に関係することですから、やはり本人確認というのはとても重要になってきます。銀行印は、そういった他人の悪用を防止する役割があるのです。
最近では犯罪のレベルも上がってきていますから、昔と違って銀行印を使用する本人たちも、十二分に注意しなければいけなくなってきています。

そのため、銀行印を複雑な形のものに変えたり、あまり見かけないような書体や大きさの印鑑に変える人も増えてきています。
よく銀行印を認印などと一緒にしている人もいますが、安全面を考えるのなら、銀行印は銀行印のみの用途として、しっかりと自分で管理をし、まわりに少しでも悪用の可能性を減らしていくのが賢明と言えるでしょう。
悪用されてからでは遅いのですから、充分に取り扱いには注意して自分の身は自分で守っていきましょう。

引用元-印鑑の使用には注意を

●印鑑を必要としない銀行はあるの?

長期間に渡りモノの整理をしていますが、先日印鑑の処分をしました。
なぜか増えてしまっていて4つの印鑑が手元にある状態でした。
いざ捨てようと思った時に気をつけるのが、銀行や証券会社などの口座に登録印として使っていないか、です。

通帳も最近は印影を付けていないので、どの印鑑が登録されているかはわかりません。
口座も整理したので、その機会に登録の印鑑も調べてもらい登録しなおすなどして集約させました。
すべての口座に対して行ったので、地味に手間がかかる作業でした。

ただ、実際には印鑑をなくしてしまう人もいるわけで、その場合は「印鑑証明+その印鑑」で対応してくれるのかと。

いざとなったらそれで対応できるので、いちいちチェックをしてられないという人は思い切って処分してしまってもいいのかもしれません。

引用元-Marketing × Internet

●銀行口座の開設に印鑑が要らない銀行はある?

 一般銀行であれば店舗の窓口で複数の書類にサインして印鑑の届け出をし、本人確認の身分証明などを提示した上で口座開設手続きを行うというのが主流です。
 しかしネット銀行の店舗は最小限数のみとなりますので、口座開設の手続きなども窓口ではなく、オンラインと必要書類の送付で行われます。個人口座であれば多くの場合、本人確認の書類と名義人のサインで開設することができ、銀行印の届けは必要ありません。
 身分証明には免許証・パスポート・保険証などのコピー、あるいは住民票の写しや印鑑証明の原本といった一般的なものが指定されます。
 詳細な種類や補助資料など詳細については、各銀行にて確認してください。

引用元-OCS Ranking

まとめ
銀行印は紛失などしてしまうと手間がかかってしまいますので、印鑑は大切に保管したいですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ