日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

Amazonでコンビニ決済!その支払い方法

      2016/02/28

Amazonでコンビニ決済!その支払い方法

Amazonといえば有名な通販業者で、一度は利用したことがある人も多いでしょう。決済の方法もいろいろありますが、クレジットカードを登録するのに抵抗があるという人はコンビニで決済をしてはいかがでしょうか。今回はその支払い方法について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

●Amazonとは

通称「尼」「密林」等と呼ばれ、段ボールの存在感が大きい事に定評のある通販業者である。送料無料と幅広い品揃えが特徴である。また、予約をしても発送準備にかかるまではキャンセル可能。

初心者はAmazon.co.jp ヘルプ: 初めてのご注文に目を通してみよう。

クレジットカードを利用したくない人&利用できない人は、手数料無料のコンビニ先払いやプリペイドカード「Amazonギフト券」「Amazonショッピングカード」の利用が便利である。また確実に商品を受け取ってから代金を払いたい!という方は代金引換払いを使うこともできる。(ただし某通販Jみたいに代引き手数料無料ではないので注意が必要¥315かかります。)

宅配便で自宅のポストに届く商品の盗難や受け取り時間の制約等が気になる人には、ローソンやファミリーマートでの受け取りが出来る「コンビニ受け取り」サービスがある。「Amazon.co.jp以外の出品者」(マーケットプレイス)の発送品では利用不可。詳細はAmazon.co.jp ヘルプ: コンビ二受取を参照の事。

以前は1,500円以上の商品が送料無料であったが、2010年11月1日以降全商品送料無料化された。なお「Amazon.co.jp以外の出品者」(マーケットプレイス)は、多くの場合送料無料ではない。ただし、中古本等の場合、総合的に安くなる場合が多いので、そこは自身の財布と相談して決めて欲しい。

日本、アメリカの他、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、中国にWebサイトがある。本家Amazon.comに日本からアクセスすると「日本でお買い物しましょう!」と言う日章旗付きAmazon.co.jpへの誘導バナーが上部に表示される。日本語版以外は外国語表記なので、利用にはそれなりの語学力・読解力があることが望ましく、国外からでは購買不可能な商品が存在する。

また、amazonポイントというポイント制度もあるが、こちらは限りなく対象商品が少ないため、あまり期待しないほうが良い。

引用元-ニコニコ大百科

●Amazonの支払い方法

アマゾンの支払い方法は、「クレジットカード」「代金引換」「コンビニ支払等」「Amazonポイント」などがあります。

まずは「代金引換」です。

メリット

・商品が届いてから代金を払うので信頼性が高いです。
しかし、オークションなどとは違い詐欺にあうようなこともないと思うので、元々信頼性は高いので、あまりメリットとはなりません。(´・ω・`)
・ネットショッピングが初心者の方は、代金引換が一番簡単に買い物することができるという点でしょうか。

デメリット

・手数料がかかることです。アマゾンの手数料は安いほうですが、アマゾンでよく買い物をする方はとても損をしてしまいます。
・出品者が代金引換に対応していない場合があります。

次は「コンビニ支払等」です。

メリット

・手数料がかからないことです。(一部対象外の金融機関あり)
・代金引換と違い先に料金を払ってしまうので、ゲームやその他小さい物などを注文したときに、自宅に人がいない場合は、ポストなどに入れておいてくれるときがあります。
私はお届け先を祖母の家にしたとき留守の場合、大きな物でもおいていってくれるときがあります。
よく注文して配達の方に覚えてもらえれば、融通が利くようになると思います。

デメリット

・コンビニ支払も出品者が対応していない場合があります。
・詳細メール等が届いてからでないと、コンビニで支払うことができないので、確認等が面倒くさいです。
詳細メールはすぐにはこないので、商品が届くのが遅くなる場合があります。

「Amazonポイント」での支払は一番おすすめしたいです。

メリット

・出品者が代金引換、コンビニ支払に対応していない場合でも買い物ができます。
・手数料はかかりません。
・先払いなのでコンビニ支払と同じく、留守時にはポストの中などに置いていってくれる場合がある。
・商品を予約するときに、在庫が少なかったりすると、代金引換やコンビニ支払などの場合、在庫の確認等でなかなか注文を確定させることができないが、Amazonポイントでの支払いの場合は、確認をとる前にポイントで支払いをしてしまうので、簡単に注文を確定させることができる。(在庫がない場合はおそらくポイントが戻ってくると思う)

デメリット

・Amazonポイントには有効期限があることです。たしか2年だと思います。

最後は、「クレジットカード」です。

これのメリットは、Amazonポイントの支払いとあまり変わらないと思います。
クレジットカードを使用する方は、この支払方法が一番メリットがあるかもしれないです。

クレジットカードを作るのが面倒、買い物するときにクレジットカードの情報を記入しなければいけない。(記入は最初だけでいいのかな)
というのが、デメリットになるでしょうか。
あまり、デメリットでもありませんね。^^;

引用元-興味津々勉強不足

●コンビニで支払いができる出品者か確認しよう

コンビニ支払いを行うには、新品商品を買う際はアマゾンから購入することでコンビニ支払いを選択することが出来ます。
しかし、アマゾン以外の出品者、つまりマーケットプレイス出品者から購入する場合にはコンビニ支払いに対応している出品者とそうでない出品者がいます。
コンビニ支払いが行える出品者を判断するには、どうすればよいのか?説明していきます。
商品一覧のページを開いた時に出品者ごとに商品説明をしている項目があると思います。そこで、注目してもらいたいのが一番左の項目。
ここに、出品者ごとに支払い対応の範囲が書かれているのです。

引用元-せどりで給料以外に毎月10万円稼ぐ平社員

●コンビニでの支払い方法

●手順1:コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを選択

Amazonで支払い方法をコンビニ払いにするためには、レジに進むボタンの先にある「注文内容を確認・変更する」ページで、支払い方法に「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択します。
そのまま注文を確定すると、Amazonから注文確認メールが送信されます。

●手順2:お支払い番号お知らせメールがAmazonから届く

コンビニ払いを選択し注文を確定させると、注文確認メールとは別にAmazonからお支払い番号お知らせメールが届きます。
注文確認メールはAmazonでの注文が確定したことを意味し、お支払い番号お知らせメールは在庫が確保され支払いが終わればいつでも商品が発送出来る状態を意味しています。

●手順3:支払いをするコンビニを選択する

お支払い番号お知らせメール内にある「お支払い方法について」のページのURLをクリックするか、Amazonのアカウントサービス内にある注文履歴より支払いをするコンビニを選択します。
メール内にあるURLでも注文履歴からでも同じ「お支払い方法について」のページとなります。
※「お支払い方法について」のページは定期メンテナンスにより、1月や3月など奇数月の第3木曜日午前3時から午前5時はアクセスすることが出来ません。

●手順4:選択したコンビニで支払いをする

支払いをするコンビニを選択すると、どのコンビニでもお支払い番号が発行されるので、その番号を使って料金を支払います。
支払い期限は支払い番号を発行してから6日で、その期限を過ぎてしまうと自動的にキャンセル扱いとなります。
(支払い期限を少し過ぎても間に合う場合もある)

●手順5:支払い完了メールがAmazonから届く

支払いが終わるとすぐにAmazonから支払い完了メールが届きます。
支払い完了後に出品者都合でその注文がキャンセルされた場合や商品に不備があり返品した場合はAmazonギフト券または銀行振り込みで返金されます。

●手順6:発送確認メールがAmazonから届く

ここまで来るとあとは商品が無事に届くのを待つだけです。

引用元-torisedo.com

●コンビニ決済の手数料は?

Amazonはコンビ二決済の手数料は全くかかりません!
私は殆どAmazonでしか物を買わないので、コンビ二決済に手数料がかかることすら知りませんでした(笑)
楽天ですと色々なお店が出店されているので、そのお店によって手数料の有無が違います。
ヤフーも同様に購入したお店によって手数料も違います。

引用元-shittoku .xyz

まとめ
コンビニ決済は先払いなんですね。手数料もかからないので一度利用してみてはどうでしょうか。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ